本文へスキップ

 

10月 近江八幡散策と水郷めぐりの巻


   10月12日 紅葉シーズンには少し早い京都の秋を確かめに家内の同窓会の旅行に便乗、京都新都ホテルに宿泊、翌日の13日単独行動で妹夫婦の住む近江八幡を訪問、久しぶりに近江八幡市街と以前写真を撮りそこなった八幡堀の景観を撮りに行くことにした。妹夫婦の案内で市街の観光場所の外、葦の茂る琵琶湖西の湖水郷巡りに招待され、手漕ぎ船の水郷遊覧を経験した一日でした。
  

 近江八幡市は所謂近江商人の街と知られているが、昔から商人の街では無く古代、中世、近世と他所の国と同じく人々が済んでいた歴史的な遺跡も有り、近江商人の街と言われるようになったのは戦国時代の織田信長が安土に築城、城下町を造り権勢を極めたのち廃滅、ついで豊臣秀次が八幡山に城と城下町を開いたとき、安土城下町の住民が一緒に移され、これがのちの八幡商人が輩出する基礎となったと言われている。
近江商人の歴史遺産が資料館に残されているのでその幾つかを拝観してきた、また琵琶湖のヨシ群落の一つ西の湖を手漕ぎ船で遊覧することができ意義のある旅となった。
  じんさん 記
  近江八幡駅前は開放された広場が綺麗、観光客も好感が持てそうだ。
  駅前の地域地図も判りやすく整備されている。
  案内地図は大きくて鮮明、ただ外国人観光客には英語等の表示が無いのでどうかと思うが、近江八幡まで観光に来る外国人は少ないのかもしれない。
  綺麗な八幡堀には歴史がある
約400年以上前の天正13年に豊臣秀次が八幡山に築城した際に築いた堀、現在のように整備が行き届いてはいなかったと思われるが、琵琶湖から八幡城への物資輸送用水路として重要なインフラであった。
  船着き場なども荷揚げには欠かせない。全長4,750mの八幡堀は昔から交通路や生活の道具として、長く使用されてきたが昭和30年代になって次第に使われなくなり市民に不要な無用の長物と化した。
  高度成長期の時代に入って区画整理、工場誘致等都市基盤の変化は、琵琶湖の水質汚染や水位低下など生活排水の汚染などで八幡堀は危機的な状態となった。昭和50年代になり市民の一部から八幡堀改善の要望が起こりやがて自主的な堀の清掃運動が高まりついに
  昭和57年に水緑都市モデル地区整備事業の指定地域に選定され以後現在まで市民による八幡堀を守る運動が続けられている。昭和末期に訪問した時に見た堀は市民運動がはじまったばかりで両岸辺も草が生えていて船の通行はできなかったと思うが、大変きれいな八幡堀を今回見ることが出来改めて感激した。
  堀端の商店も堀の景観に合わせた構えを見せ、一体感を感じさせている。八幡伝統的建造物群保存地区保存計画について建物の景観等 詳しく定められている様である。
  瓦を使った珍しい看板 けばだった看板が見られないのは市町村は条例等により「伝統的建 造物群保存地区」に指定されているためであろう。
  狸像の上の竹籠は魚を取る魚籠、湖魚や鮒ずしも食べられる食堂である。(小生鮒ずしは苦手)
  堀瑞から小上がりの石段を上ると石畳小路の看板があり京都の石塀小路に似た雰囲気の路地に出る。近江八幡の堀は観光の目玉となっているようである。
   白雲館(はくうんかん)

明治10年に八幡東学校として建築された白雲館、擬洋風建造物
近江商人が子どもの教育充実を図るため寄付でつくられたそうである。
現在は観光案内所、2階フリースペースで市民ギャラリーとして使用されている。
   市立近江八幡郷土資料館の案内板、観光ポイントが比較的近距離にあり徒歩でも観光できる街である。
   郷土資料館
重要文化財の旧住宅等はこの周辺に近接しこの地域は歴史的建造物保存地域に指定されている。
  郷土資料館からほど近い 重要文化財の一つ旧西川家住宅の入り口。
   内部帳場の間
西川家は大文字屋と称し、江戸時代に建てられた京風の建築で内部は質素な造りの中にも欄間や建具に品があり釘目隠しなども見られる京風の意匠が見える。
   大文字屋西川利右衛門は約300年続いた近江八幡を代表する商人で、主に畳表、蚊帳を商っていたとある。内庭も広く往時の隆盛が感じられる。
   メンタームで著名な近江兄弟社は八幡堀近辺街に場違いのような近代的なビルであるが創業者がヴォーリズであったというから納得できる。昔はメンソレータムと言ったものとメンタームは別物だそうである。
  見越しの松や:うだつ など当時の佇まいが残る商家の街並みは風情がある。しかしこの風景の保存も空家や空き店舗の増加などで維持が大変の様子。
  日牟禮八幡宮
(ひむれはちまんぐう)
八幡商人の信仰厚い神社。
社宝にベトナムまで行って活動した商人の奉納物に安南渡海船の額があるそうで、興味があったが、見ることは出来なかった。
  標高271mの山頂へロープウエイが設けられている、約4分で頂上へ行けるそうである。
  琵琶湖のヨシは昭和28年頃には420haあったが平成3年の調査では130haに減少しているという記録が個人のHPに詳しく乗っています。(hanafusaさんのHP)
今回遊覧した西の湖は琵琶湖最大の内湖、船着場から西の湖まで往復90分の手漕ぎ船でヨシの茂れる水路を見ることが出来た
葭(か)、蘆(ろ)、葦(い)いづれもヨシで生育の状態で称するという、ヨシ、アシ、カ、ロ、イ、の区別を知らなかったので勉強になった。
 
   手漕ぎ船は定員6名と8名の船がある。6名定員の船に3名だけ乗船近江牛のすき焼き付の遊覧である。
貸切1艘のコース料金は6人乗りで90分 9000円 食事付は一人約3000円程プラスになる。
   西の湖に出るまでは狭い水路を通る。周りは成長したヨシがトンネルのように左右岸から水路にかぶさるようで、景観はあまりよくはないが穏やかな湖水をゆっくり眺めるのは気持が良い。
   船外機付の遊覧船もあり狭い水路を追い越してゆく船を巧みに避ける船頭の櫓櫂さばきが見事。
   琵琶湖周辺ではカイツブリやサギの仲間が住みついておりヨシの群生する水辺は格好のえさ場。
   水路が狭く岸辺近くを進むと長いヨシの枝が船に飛び込んでくる。水路の水深は約1メートルほどで浅い、手漕ぎ船の喫水は浅い、底質は泥の様である。水は不透明で底は見えない。内湖やヨシの原にはギンブナやタモロコ・ナマズなど多くの魚類には快適な住処であろう。
    急に視界が広がる。先方の遊覧船のむこうに西の湖の入り口が見える。
   西の湖に入ると湖が開け対岸に標高199mの安土山が見える。西の湖は平均水深1.5m面積25平方キロメートルの内海最大の淡水湖。
   前方に真珠養殖筏が見える。船頭さんの解説では明治の末に養殖が始められて試行錯誤の上昭和10年に初めて企業化できたそうである。琵琶湖に淡水養殖の真珠があるとは知らなかった。
   ヨシは春に芽吹き成長し冬にはこれ刈り取り焼き払う。ヨシは植生が難しく環境に敏感で琵琶湖の水質や泥土、雑草や水草の繁茂などで影響を受け易く簡単には増やすことはできないそうである。
   カイツブリや白鳥、白鷺などの鳥類の住処にヨシの原は最適。カイツブリが散見された。
   ヨシの水郷は迷路のようになっている、浅い湖とはいえ風水害もあり昔から龍神をいさめ安全を願う大龍神の祠がある。見たところ龍神が住んでいる感じがしないでもない。
   水路が発着場の陸岸近くはヨシに代わって陸上植物が多くなる、ススキがヨシの丈を超えて伸びている、ヨシの生育には悪いそうだ。
   これから西の湖に向かう観光船、互いに挨拶しながら進む。
   乗船した船の船頭さん(竹田さん)大変丁寧な説明案内やスムースな操船が素晴らしかった。もし機会があったら、竹田さんを指名されると宜しい。
   乗船場のお店では採れた野菜や珍しい果実を販売している。写真の赤い?(むべ「イクと読む」)不老長寿の実。 アケビの実と同じような味だそうである。
   近江八幡市の東の安土地方には文芸の郷があり国際交流都市のポルトガル、スペイン、等ヨーロッパの文化をモチーフにした建物や広場が造られている。水郷の船旅を終えて当地安土にまわりここで信長の館資料館を拝観した。
   内部の撮影は禁止されている爲玄関入りり口付近から撮影した原寸大に復元された天守閣(5階と6階の復元)
天守閣の黄金の間は豪華で戦国時代の、城とは違った構造であり、戦闘や防衛の目的とは違った意図で築城した信長の館を感じさせる。天正10年の安土献立のレプリカも拝見、明智光秀が謀反の原因の一つをなした豪勢な献立に注目した。
最後に文芸の郷の一部しか見ることは出来なかったが歴史の中でしか想像でき無かった信長の安土城のレプリカを見て認識をあらため、近江八幡の旅を終える事にした。 終わり 
 平成26年10月13日 
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN