本文へスキップ

 

藤本さん早春の夏泊半島ツアー


  今年の春は積雪が例年より少なく比較的温暖な下北の春を迎えたようです。久方ぶりに藤本さんの遠出のレポートを頂きました。下北半島と津軽半島の中央部に陸奥湾対岸脇野沢に向けてコブのように突出している夏泊半島はあまり尋ねる人も多くなくいわゆる秘境のような場所です。かっては観光地として賑いを見せた夏泊半島の最近の様子をご覧ください。
   管理者:じんさん
  

4月4日付け朝刊に”日ごと増す輝き「北限のツバキ」開花”の写真入り記事が目に止まり、快晴の好天もあって急遽初の夏泊半島(青森県東津軽郡平内町)ツアーを思い立ち行ってきました。
東から西への反時計廻りの行程で、国道4号線から北へ地方道に入って間も無く、かつては白鳥渡来地として名を博していた「浅所海岸」に通りかかったので様子見に寄ったところ、意外な風光明美さについ嵌まり込んでしまい、たっぷり観光する結末となりました。 
 
   
   
もう、十年以上前に鳥インフルエンザが大流行し、爾来、何処の白鳥飛来地でも餌付けはもちろん、近付くことも制限され、白鳥に親しむことは出来なくなっており、残念ながら飛来数も漸減している近況です。 
 以前は青森県の冬の風物詩として飛来時には必ずテレビ放映されてましたが、今はテレビ、新聞で報道されることもなくなってしまい、残念ながら廃れ果てた観光地と言った風情でした。
 
 
 東から西への反時計廻りの行程で、国道4号線から北へ地方道に入って間も無く、かつては白鳥渡来地として名を博していた「浅所海岸」に通りかかったので様子見に寄ったところ、意外な風光明美さについ嵌まり込んでしまい、たっぷり観光する結末となりました。
 浅所近辺地図
 昭和の中期、”東北の熱海”と呼ばれ、東北の代表観光地だった朝虫温泉郷も今はすっかり寂れてしまい、昔の面影は見ることができません。
浅所一円も、昔からの観光名所としてインフラ整備されたのでしょう、立派なお宮、橋など観光施設が残っていて、皇族方御台覧の記念碑も見られましたが、何処も整備が行き届いておらず、荒れ放題の状況で甚だ痛ましく、残念至極に感じた次第でした。
 
  雷電宮
  看板
 内地から流れる盛田川と小湊川が合流して汐立川となり野辺地湾に注ぎ、流出土砂によって造成された中州が現在の松島になったと推定されますが、海抜は幾らもなく、2〜3mの津波が来たら忽ち水没してしまうだろうナァ・・・なんて考えながら散策しました。
 丁度潮干狩りの時節で、収穫を終えた人々が三々五々雷電宮駐車場の車へ帰り着いていましたが、収穫量はイマイチのようでした。
  汐立川を跨ぐ雷電橋(二重)
  雷電橋全景
  同橋上より中州へ渡る白鳥大橋を望む 向う側に更に小さな弧橋がある
白鳥大橋の入り口の記念碑、夏季に成れば樹木枝葉に隠れてしまいそう
  同所川畔から白鳥大橋を望む
雷電橋
  白鳥大橋下での潮猪狩風景
  渡橋して松島へ
  松島 [秩父宮妃両殿下白鳥台覽記念碑」
  弧橋
  御影石の立派な碑が建ってましたが風化してどうしても字が読めません。前方に弧橋、対岸は小湊漁港
  弧橋正面、左の松枝は雪折れしてました
  弧橋(右)と白鳥橋(左)
  帰路珍しく観光客に遭遇
  松島より小湊漁港を望む
厳しい制限で幸い鳥インフルエンザの流行はその後影を潜めて最近はあまり騒がれなくなり、何処の飛来地でも徐々に白鳥に近付いて餌を与える風景が散見されるようになっています。
ここ浅所の白鳥観察所でも丁度二組の親子連れが現れ、浜辺に近付いたら白鳥、鴨などの水鳥がサーと集まって来た様子から、餌やりなども結構行われているようです。
 投げ与えられる餌を求めて活発に乱舞する水鳥達の姿は本来の活気ある名所が甦ったようでした。
  白鳥観察所 家族連れに集まった水鳥達 何種類いるのか?
  つがいか?それとも異種の鴨?
羽の模様が鮮やか
  こちらはコハクチョウでしょうか?
 
夏泊半島北端[椿山](平内町東田沢」近辺地図
 椿山の方は、これから見頃を迎えるようですが、観るにはそんなに時間を要せずねサーと眺める程度で通過、両所とも観光客は年配の夫婦連れが散見されたのみで、なんか侘しさを拭い切れないツアーでした。以上で紹介は終りです。
  椿山入り口
  案内板
  平年より2週間早く咲き始めたヤブツバキ
  葉も花も輝いています。
  椿山海水浴場、夏には賑わうのかな?
  同所より釜臥山遠望
 〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
青森県むつ市大湊浜町33-15
S.Fujimoto
&Fax:0175-24-2710
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
 
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN