本文へスキップ

 

平成27年川越祭り


   今年の川越祭りは徳川家康公没後400年事業の一環として山車13台が参加10月17日・18日に行われました、17日は午前中は小雨が降るあいにくのお天気でしたが午後からは雨もやみ翌日18日は夏日を思わせる気温の好天気でした。18日の午後から出かけて4時ごろまで、家康公没後400年記念ということを若干意識して主として家康公の山車や家光公だしなどを狙ってと思いましたが、長時間の撮影には体力不足、おおむね市役所前での山車運行を撮影するだけで今年の祭り納めとしました。じんさん
  

  本川越駅前の混雑は例年とまったく同じ状況です、早くも駅前広場は山車の来るのを待っている人々で一杯。
  毎年の川越祭りでは本川越駅前から市役所までの本通りは人の波で、思うようには歩けません
  今年は市役所までの道を変更して裏通りを歩くことにしました。混雑する蔵通りを迂回する道を示す標識があり初めての人も助かったことでしょう。
  川越の街は道幅が狭く七曲がり、鉤の手、丁字路など迷路のように入り組んだところが残っている街です。この辺りになると、祭り会場にむかう人影が少なくなるのですが、順路を知らなくても、先行する人について行けば自然と祭りの目的地に着くのです。
川越市役所前には川越市の山車、猩々が据えられています。庁舎前の広場(駐車場)には大勢の見物者がこの前を通る、12台の山車の運行と猩々山車との囃子競演を見ようと集まっています。
  大手町交差点から新富町一丁目の徳川家光公の山車が近づきます
  突然救急車が到着、見物者に事故があったようです、当日は高温で高齢者には脱水症も心配。
  元気なのは子供たち
  徳川家光公と猩々との囃子競演
市役所広場に向けて東側反対方向から岸町の木花咲耶姫山車が運行してきました
岸町の木花咲耶姫と猩々の囃子競演
  猩々の囃子舞は天狐
  今度はひょっとこの演技
例年よりも高齢者、障碍者への支援サービスが増えているようです、昨年はこの優先休憩所は無かったように思いますが。
  市役所右では置居屋台の囃子の演戯に子供たちがタッチを要求。
  野田五町の山車八幡太郎が置屋台前で停止、これから挨拶の交換
  八幡太郎はイケメンです。
  連雀町の太田道灌山車。市役所前広場に入り電線の影響がなくなると太田道灌の人形が姿を現すのです
  歴史文化伝承山車に指定されている太田道灌山車は市役所前の太田道灌銅像に迎えられてコラボです。
  市役所前での囃子競演で左右の山車の太鼓や鉦が入り混じって響き、思わず足拍子が出て見物客も盛り上がります。
  脇田町の山車徳川家康はこの祭りの主役の様です。今から人形繰り出し作業を。
  家康人形の繰り出し作業中も囃子は続く。
  連雀町の太田道灌と人形繰り出し完成の脇田町徳川家康山車との囃子競演、どちらも夕日に映えて立ち姿が美しい。
  徳川家康は威厳のある顔してますね。
  山車曳き手もつかの間の写真撮影、長時間の運行は大変の様です
  山車の曳き手最先頭の先触れは華やかな姿。年に一度ですから、彼氏見てるかな?
  祭り見物を終えて帰途に就く人たちは夜の部「ひっかわせ」を見に来る人の波に遭遇します。祭りの本通りは毎年この状態ですが、これも祭りの面白さです。
  今年の屋台村は数も種類も例年に比べて多かったように見えました。
  祭り本通りの両側には町内対応の置屋台が囃子を競演、子供の踊り子や演奏も登場し見物客の拍手をもらいます。
  市役所前の運行から本通りを長時間運行してやっと駅前の広場に着いた木花咲耶姫、お疲れ様です、なんだか疲れたように見えますが、これから夜の部まだまだ先は長いです、頑張ってください。
  川越祭りも年々国際色が濃くなりました、英語だけでなくアジヤ系の言葉が数多く聞こえてきましたが、地方都市川越にも国際観光ブームの波が押し寄せてくるのかもしれません、期待しましょう。
川越祭り 終り 
 
 
 
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN