本文へスキップ

 

新緑の川内ダムと渓流「下北半島」

   東北の紅葉名所の薬研や川内渓谷、奥入瀬渓流は秋の観光には欠かせないところですが、新緑の初夏の景観も又必見の場所です。
夏に多い下北の恐山参りのツアーなどは著名ですが、ちょっと足を延ばして新緑の目に覚める緑の中の川内渓流や緑に包まれた川内ダムの風景も捨てがたいところです。むつ市大湊の藤本さんから最近の川内渓流の様子を頂きましたので紹介します。                JINSAN
  

 異常に長続きした晴天もどうやら終局が見えてきた10日、川内渓流の新緑でも・・・と出掛けてみたら正に新緑真っ只中、噎せ返るように木々から発するイオンに身を包まれるようで、秋の紅葉とはまた、一味違った自然を満喫することができました。
 晴天続きで稀に見る少雨のため、、先般3月下旬の雪融け時の豊富な水量はすっかり影を潜め細くて貧弱でしたが、渓流を包み込む新緑が美景を補っておりました。
渓谷の柔らかな新緑風景をご覧になってみて下さい。

その2 川内ダム

 川内ダムは俗称で正式名称は「かわうち湖」、洪水調節と流水の正常機能維持のため1994(H6)年4月完成、”ダム湖百選”に入っています。
施工に際しては湖底に沈む佐井村の部落数戸が旧川内町に移住させられた経緯があります。
 ダム堰から1キロ上流に道の駅「かわうち湖」があり、亡妻と最初に訪れたとき、現在の展望所(当時は未整備で草原)となっている高台で茸(クサシメジ)を見つけて思わぬ大収穫に歓声をあげ、その後も三度訪れましたが残念ながら茸はその一度きりだったことが懐かしく想い出されました。
 レークハウスにはいつも寄ってましたが、周りをゆっくり、じっくり観光したのは今回が初、周囲の施設もすっかり整備され見違えるようになっており、湖面に噴水施設などが出来たのは知りませんでした。
ダム湖を撮影中幸運にも噴水が始まり、1柱から3柱に変わりながら折からの強風に煽られて虹色に輝くシーンに遭遇できたのは、滅多に無いことであり ヽ(^o^)丿 でした。
 噴出と太陽光の角度、そして適切な風向・風力の3条件が合致しないと見ることの出来ない情景を観、写真に収めることが出来たのは真にラッキーでした。
下北半島山奥の秘境の地だけに訪れる人が気にかかり、売店の売子さんに訊いてみたら、夏場は結構人が来るとか、今回の連休にはかなりの観光客で賑わったとのこと、当日も駐車場には神戸と福島ナンバーの車が目に付きました。

以上、下北秘境の新緑風景でした。

     
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
青森県むつ市大湊浜町33-15
S.Fujimoto
&Fax:0175-24-2710
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
「あじさい橋」より
  下戸ケ淵
  大滝
  大滝下流
  燃えるような川端の春紅葉
  「あすなろ橋」下流
  かわうち湖概要
  川内ダム遠望
  ダム説明図
  同説明図
  満水のダム
  道の駅「かわうち湖」
  レークハウス
  ”ダム湖百選”指定の「かわうち湖」、運よく噴水開始に遭遇
  単柱噴水
  三本柱噴水
 
 
 
 
 
   








JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN