本文へスキップ

 

所沢航空記念公園の蝋梅園


   2月1日のテレビニュースで所沢航空記念公園の蝋梅が見頃との報道があり早速出かけてみました、テレビの報道のせいでしょうカメラを抱えた人が多かった様に思います。久方ぶりに青空の下に外出し季節の花が見られて良い気分になりました。蝋梅園はとても良い香りがします、公園では蝋梅の花には種類がある事を知りました。園内では蝋梅の植え付けや整備作業もおこなわれていました。来年には更に花も増えて航空記念公園は蝋梅の名所に成ると思います。
 2月2日 所沢航空記念公園にて  じんさん
  

  所沢航空記念公園
園内案内板の左右は飛行機の翼の断面の形ですね。
  公園中央に立つシンボルタワー
タワーを目指して進むと左側に新しく造られた蝋梅園が見えます。
  蝋梅園入り口
入場料無料です。
蝋梅の木は概ね3乃至4メートル程の樹高で比較的若木でした。
  まだ花が付いていない若木も見られます、周辺では植木職人さん達が作業していました。
  1月30日に埼玉南部にも雪が降り数センチ積雪が有ったせいか雪の塊がまだ消えずに残ってました。今日は晴天で温暖な日ですが木陰は空気が冷たく感じました。
  園内は蝋梅の香りが強く黄色の花は梅花とはまた違った艶やかさがあります。
  蝋梅の種類はここでは2種類、
満月蝋梅と素心蝋梅
が植えられています。蝋梅の花は
一見しても種類の見分けが付きません、花辺の先がとんがっているのが素心蝋梅で丸いのは満月蝋梅だそうです。
  これは満月蝋梅、この公園ではこの種類が多いようです。
  蝋梅の花はリンドウの花のように下向きに咲く花ですが、よく見ると梅花の様に正面を向いて開いた花もありました。
変わった花弁の花でこれも蝋梅か?と思いましたが、名前を後で調べたら満作の花でした。
  右側の樹は満月蝋梅、左側の樹は素心蝋梅
向かい合って隣接して植わっていますので自然交配も起き易いのではと思います。
残雪に引き立って見える素心蝋梅
  青空に映える満月蝋梅
  人の背丈が隠れるくらいの樹高とかなり密集した蝋梅の花園です。
樹林の中に入って身近に花が眺められます。
  ヒマラヤ杉の木陰には融けずに残った雪が遠くから見ると池の様に見えますがここは芝生の広場です。少し冷たい風も吹いてましたが、比較的暖かな昼前時の公園。
  蝋梅園から離れた緑樹林の中に赤い小さな花の樹が1本、近寄って見ると椿の様です。寒椿ですかね。この時期は花畑の花が無いので特に目立ちます。
  ベンチの前でおこぼれのパンをねだっている鳩は人馴れしていましたね。近寄ると寄ってきます、何もないと判るとさっさと離れて行きました。
なので、鳩には何も上げずに帰路につきました。
少し春の気配がした半日の公園散歩でした。
終り 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN