本文へスキップ

 

鴻巣市ひな祭り会場


   埼玉県鴻巣市は約380年のひな人形制作の歴史と伝統を誇るひな人形の産地。今年は市制60年を記念してひな人形で飾る日本一高いピラミッドひな壇を始めとする市内8カ所で「鴻巣びっくりひな祭り」を開催するとのテレビ報道を知り、徒然なるままにちょっと出かけてみました。想像以上に沢山のそして壮大なひな祭りに本当にびっくり。以下春祭りを控えた2月の春暖な16日に行った鴻巣市の祭り会場の写真です。
  

  行ってみてわかったのですが5月の花祭りには日本一広いポピー畑がありその他多くの花畑があるようです、時期が来たらまた訪ねることにします。
  鴻巣市市役所正面かなり古いようですが脇に新しい庁舎も立っていますので、業務は新庁舎のほうでやっているのでしょう。ひな祭りのメーン会場はこの庁舎のほか市内7カ所にも祭り会場 がつくられています。
   正面外玄関前のお出迎えひな壇

昨日15日は強風で寒さも厳しかったでしたからお出迎えも大変でしたでしょう。
  正面玄関を入ると広間をいっぱいに使ったひな壇に思わず目を見張ります。
  高さ7メートル31段の日本一のひな壇です。
数えようと思いましたがパンフレットに数が書いてありました
   将に見上げる様な高さに1820体のひな人形が飾られています。
パンフレットによるとひな壇組み立ては下段から、人形飾り付けは上段からだそうです。
  玄関入り口上には約300体の人形
  広間奥の庁舎内内階段にも飾られています。庁舎内で合計2420体以上の雛人形が飾られていました。鴻巣市に向かう道すがら目についた人形造り店の看板の数の多いのも成程とおもいました。
  内階段の雛飾り300体。
  パンフレットによるとそれぞれの段飾りには全て一般からの寄贈品だそうです。どれも大変きれいです、大事にされていたのですね。
  庁舎二階の廊下にも飾られています。
  綺麗な可愛らしい人形。
寄贈された家ではこの人形を大事にしていたのだろうと思います。
物言わぬ人形もこのようにたくさん並べるとなぜか話し声が聞こえるように感じませんか。
  夫婦は、かくありたし。
姉妹喧嘩のような並び人形
(それかえして!)
  三人官女に5人囃子,随身に仕丁などなどよく見るとそれぞれ表情が違って面白い。
  後ろ姿もかっこ良し
  土産物販売の、オモテナシは雛人形です。沢山のお客さんが見えてました。華やかさに思わず買っちゃうのですよ。ウフフ・・
 竹びな 雛人形の提供者は、個人、商店、会社や寺院など約180箇所のさまざまなところから寄贈されています。
雛人形の展示は市役所メイン会場のほか市内7カ所の会場でも同時に行われていて合わせると5000体を超える雛人形がこの地方に存在していると考えられます。鴻巣市の歴史と伝統の産物と言えますね。
2月16日(月)  川越の住人 じんさん:記   終り
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN