本文へスキップ

 

平成27年川越正月風景


   毎年元旦から5日くらいまでに川越蔵の街の正月風景を撮りに行ってますが、今年は3日に行ってきました、3日は喜多院のダルマ祭りと重なって参詣者も多く中央通りも人通り多く賑わっていました。写真は毎年恒例の創作門松を目標にしてますが、今年は大正浪漫夢通りも回って蔵の多い一番街とはまた違った風景をも撮ってきました。
  

  蔵造りの建物が並ぶ中央通、右の建物は旧埼玉銀行、現在は埼玉りそな銀行川越支店です
  最初にお参りをする蓮馨寺、毎年同じ出店が出ております。出店や屋台の人もお参りするお客と顔なじみの様子がうかがわれる境内です。
  昨年以来横浜方面から川越への直通電車乗り入れが容易になったせいでしょうか、川越もコチット有名になったようですよ。
  今年も最初の門松は中央通り仲町交差点角の豆菓子店
昨年とほぼ似たような造りです。いつも店の前に人だかりが消えないお店。
一番街にあるかつぶし等干物専門店中市本店さん
  中市本店の今年の門松は鰹の形の門松、これは右側の門松で左には猫の門松でした。
   中市本店左側の猫の門松
  お菓子屋さん昨年とほぼ同じ形でした。甘味処の一番蔵さん
  中々しっかりした造りです。一番街の門松のなかでも大型の一つです。
  美術専門店フカゼンさんは毎年凝った門松です。
毎年思うのですが、これはどなたが設計されているのかなと?
  着物服地等の専門店さん今年は門松の松の部分が大きい様でした、二階は喫茶店でさらに
一軒の家の左半分は床屋さん銀巴里
銀巴里さんの門松も並んで立ってました。
   蔵の街を背景に娘さん達が道行く人にシャッターをお願いしてました、正月らしい雰囲気です。
川越ポイントのひとつ小江戸横丁です。此処も一番街の人気のある場所訪れる人が多い所です。表は狭いですが内部はうなぎの寝床で奥深く小店等が詰まってます。
  一番街ではこんな風景も見られます。
左隅に郵便屋さんが年賀状を配達してました。
  古い町にも新しい家が造られています、まだ未完成の様ですが、一番街に合わせるような構えですね、風景保存の建築規制があるのです。
  何時もの漬物屋さんの門松
  普通の門松に獅子のおもちゃをあしらって、小物を扱うお店らしい演出
  竹炭を扱うお店の門松は毎年竹炭の黒門松を出しています、2009年に写真を撮ってますがそれ以後毎年黒門松です。
  ちょっと中央通の銀行から裏道の旧川越街道へ出ると笛太鼓の音が聞こえてきました。獅子舞の一行です。昨年のお正月には菓子屋横丁で出会い、など、お正月には欠かせない川越のイベント
  車への御祓いではなく車の陰ですがこの家のご主人が御祓いを受けていました。今年も良いことがあるでしょうよ。
  旧川越街道と一番街通の真ん中を通る大正浪漫夢通へ出ました。蔵の街とはまた違った雰囲気のある石畳の通り、ここには大正時代からの趣のある洋式の建物が並んで居ます。車の通行も少なく歩行者には比較的安全でおすすめの通り。
  行列を発見
  老舗のうなぎ屋
小川菊さん
川越では評判ですが一度入っただけです。3階建てとは気が付きませんでした。名代のうなぎ屋さんはほかにもいくつか有りますが中心部ではここが有名。
  小川菊さんお隣から大正浪漫を感じさせる建屋が並んでますその一つ伊勢亀本店さん
  伊勢亀本店さんの左隣は3階建の洋式のカニヤさんの建物
  洋式建物を挟んで蔵つくりの建物もいくつか見られます。二階の蔵の窓を全開しているのは珍しい。
  この建物は加藤家川越市指定文化財住宅(平成8年指定)です
石窯PIZZAが有名
  大正時代の浪漫を偲ばせる建物
  3階建のいせや さん
  左側はその名もずばり大正館
シマノコーヒー店です
浪漫通りでの休憩のコーヒーはここでどうぞ。
  大正浪漫通りから中央通に抜ける立門前通は昭和50年代までは、市内では最も賑やかな通りで、芝居小屋やパチンコ店などが立ち並んでいたそうですが、今は昭和レトロを感じさせる静かな通りです。正面が蓮馨寺門前
  立門前通りに残る旧鶴川座建物。
築100年以上の木造建築物、閉鎖中で保存を検討中とか、惜しい建物です。
  旧鶴河座の由来がありますが、ご覧の通り汚れて悲しい状態です、果たして川越市では保存を真剣に検討しているのでしょうかね。
  川越熊野神社は1590年に紀州熊野から勧請された所縁のある神社。
  毎年12月3日に酉の市が開催され賑わう神社で境内には川越銭洗弁財天も祀られて居て金運のスポッとして近年参詣者が多くなったようです
川越観光に便利な西武鉄道本川越駅の周りはこのとおり本川越駅隣接ビル(ペペ)横の北側広場や駅前広場など自転車駐輪で一杯になります。近隣の人は自転車で来て、ここから徒歩。ただし中央通りなど川越市内の道路は狭く自転車での通行は不向きです。歩くのが一番ですよ。
 27年正月風景終わり  
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN