本文へスキップ

 

川越菊祭り(2016)


 今年も菊祭りが始まりました、毎年11月に川越市の喜多院神社の境内で開かれる菊まつりは立冬の風物誌を飾るイベントの一つです。毎年11月1日から始まり七五三参りの参詣者や菊造りの愛好者など多くの人々が見物に見えられます。我が家もほぼ毎年11月に入ると、日時を選んで出かけています、今年は11月7日の立冬の日ですが暖かい日和でした。
毎年ほぼ同じ規模の花壇の展示ですが、出品の数が例年に比べやや少なくなっているのがちょっと寂しく感じました。  それでも懸崖や3本造りの数々の見事な作品には圧倒されます、各出品菊花の作者さんご自慢の見事な作品や匠の技をご覧ください。
       11月7日  じんさん 記
  

今日は月曜日で境内の人影も少なく閑散としていましたが日曜日や15日などは七五三参りなどで参詣者が大勢見えるでしょう。
 
展示会場入り口 受付は無く入場無料です
入口正面の中央には例年、テレビやニュースで有名な題目の
モニュメントの花壇が飾られてます、今年は真田丸です。
平成26年はテレビの黒田官兵衛の関連でやはり城でした。
花壇真田城 城の模型は26年の菊祭りに使われた城と同じです
城の模型も中々見事なものです、城には菊が似合うのですね。
千輪仕立ては何時みても驚きです。作り方が看板に有りますが
1年以上かけて作るには相当な忍耐力と注意力が必要でしょうね。
 
 千本造り今年は4基のみ。
26年には5基が展示され
てました。造り手が少なく
なったのかどうか心配。
個人の自慢作品等 鉢植えの短い背丈でも気品があります。
懸崖
千輪造りとおなじくこれも大変な手間と根気が要るのでしょう。
同上 懸崖
3本仕立て盆養の(菅物)花は
花弁の大きさで4種類が
区分されて居ます。
同上 
同上 
 同上
 3本仕立て盆養 (厚物)
1本の苗から3本の枝に。
 同上(厚物)
同上 
同上 
この区画の展示はすべて中学生の作品です 
 遠足中の幼稚園児が見学
 行儀よく一列で並んで
さすが日本の子供達
立物の懸崖造り 2mは越す高さ 
懸崖
 それぞれ出品作品には賞が贈られていますが、
中でも盆栽造りのこれは見ごたえありました
 盆栽造り優秀作品
木から直接菊花の枝が出てる
ように見える作品(木付)
まるで本物の樹に菊が咲いているように見えます
木付作品(古木等に菊を這わせて作成)
古木の形に合わせて菊苗を育てる技は素晴らしい。 
展示場入り口には毎年小さい苗を中心に
販売しています。今年は買いませんでした
が2年前に買った苗が小さいながらも
我が庭先で花を付けてくれています。
 
つい目移りして買いたくなりますね。
喜多院の太子堂脇の桜が年々大きくなって
太子堂を隠すほどになりました。我が家族も
埼玉県民としての生活も長くなり桜樹と同じ様に
年輪を重ねてきました。来年も菊祭りを見物に
来たいものです。 
 =終=
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN