本文へスキップ

 

川越の師走風景2016


 2016年12月31日 師走の街を覗きに行きました、家では新年を迎える準備で家内は忙しく外出の暇は有りませんが恒例になっている蔵の街商店の創作松飾を写真に残したいばかりに、年越しそばを食べるというのを理由にして車で出かけました。ここ近年は景気が悪いせいか、各店の創作松飾の出品が少なくなっていますので、様子を案じながら蔵の街中心を歩きましたが、やはり年々創作飾りの数が少なくなっていました、代りに多かったのは自摂り棒を持った異国観光客様でした。
中央通の商店は店を開け結構繁盛しているようでして、また車の往来も多く師走らしい風景が見られましたが、裏筋の街では殆んどの商店はお休みで、予定の年越しそばは食べられずに帰る始末でした。
   じんさん
  

 今でも蔵の街門前でどっしりと構えている蓮馨寺
新年を迎える準備はできているようです   
 
 寺院も催事をしなければ人は来てくれませんか?
 
 例年は創作門松が最初に見る事が出来る
商店の豆屋さん。今年も豆菓子の試食
サービスに人だかりが見られましたが、
松飾は平均的な門松で残念でした。  
 
 中央通り一番街の各商店もそれぞれ門松を
飾ってありますが、立木柱に松を飾ったのが
殆んどでした。立木柱に松は毎年見れます
ので、これが1番街標準の様です。観光客の多くが
カートを引いており、遠方からの観光客でしょう。
 
 お菓子屋さんの一蔵さんは毎年大きな
創作飾りですが今年はどうしたので 
しょうか、今回は一般的な飾りでした
 
 立木柱タイプで大型です
 
 立木柱を用いない商店ではおおむね下図の
タイプの門松が飾られています     
 
 同上 門松タイプ
 
 今回一番豪華な創作門松は陶舗やまわ店さんのこの松飾
 
 同上
 
 銀巴里(散髪屋さん)の創作飾りは今回は無し、
例年は鋏などの形の創作でした        
 
 隣のお店は立木柱の松竹を大きく見せてます。
 
種屋さん 例年の白菜を使った大きな
飾りが無く、白菜も小さく、野菜不足
を表してましたか?         
 
 木工専門店さん 大きな板に立派な書初め?
例年の木工細工の飾りはどうしたの?   
 
竹炭を扱うお店は例年通り竹炭を使った松飾
でした、変わらないところが素敵ですね   
 
 松竹梅の門松ですが特に松の葉が見事で豪華です。
 
 時の鐘
 
 修理工事が完了し修復した屋根や柱の
部分の銅版の輝きが眩いほどでした。
 
 時の鐘隣の御菓子屋右門さん店前  
立ち食いが多くなってきたようです。
 
 陶舗やまわ店前の正面 
 
 飾りを遠方から写しましたが 
撮影者が写ってしまいました。
 
 暫し休憩 蔵造りの街並みとはまた違った
古い洋式の風景に家族ずれの小団体が写真
撮影中でした             
 
 着物姿の母娘とベイビーの家族、日本人と
思いましたが近寄ると異人語でびっくり
 川越のような小さい街にも多種の人々が
見えるようになってきました、この町も
変わりつつあるようです。     
 
 川越蔵の街 師走風景 終
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN