本文へスキップ

 

国際バラとガーデニングショウ


 5年前の平成23年に第13回国際バラとガーデニングショウを見に行きバラの素晴らしさにほれ込んで、何時しか我が家の庭にも鉢植えのバラが少しづつ増えて自己流で育てたバラを楽しんでいましたが、5月連休が終わった中旬(16日)西武球場で開催中の国際バラ展に5年ぶりに出かけて見ました。夏日の暑い日が続いていましたが当日はすこし曇り空、高齢者には頃合いの外出日和でした。

第18回国際バラとガーデニングショウも前回初めて見た内容とほぼ同じ展示でしたが、体力的に見て回る範囲も狭くなり、カメラの使い方も粗雑になってしましましたが、今回の視点は自己流で育てている我が屋のバラとどんな違いがあるのかといったところを参考に見て回りました。やはり素晴らしい作品ばかりで、バラやガーデニングの展示作品はどれもみな素晴らしい出来栄えでコンテスト出展者の丹精を込めた作品に圧倒されました。いまさらながらバラの育成が難しいかと思い知った次第です。会場内は膨大な作品の展示で2時間程見て回り疲れ帰路に着きました、全部を紹介できませんが、いくつかの作品をアップしてありますので美しいバラの数々と会場の雰囲気を御覧ください

 国際バラとガーデニングショウは西武球場ドームが会場です、所沢から電車で約10分、西武園駅下車徒歩1分の近場ですが野球に興味のない私はほとんど行くことのないところです。展示会場の内部です。
 
 展示はバラの鉢植え部門や切り花部門、ハンギングバスケットスタイルなどのコンテスト作品展示や、ガーデンタイプ大造りなものなど、セクションが仕切られています。
 
 一番人気があるのはバラ育成に身近な鉢植え部門です。
 
 
 
まっすぐな枝振りが樹勢の強さを感じます  作品名「幸」
 
入賞作品   アンテーブ
優秀賞 万灯火
 
 
 盆栽のような造り
 
 入賞作品 姫ノ女 
 
入賞    リトルアーチスト
 懸崖造りの菊のような造り
 ジュリーキュピト
   やや黄色の入った白色のホワイトボンボン
 
 いづれも素敵なミニチュア系鉢植
 
   形が可愛らしい  宇部小町
 
 
最優秀賞作品  アイスバーグ
 
珍しい黄色系の優秀賞  ゴールデンボーダー
 入賞作品 舞 姫
 
 ハンギングバスケット展示壁 
 
バラのコンテスト出品展示は、鉢植え部門以外にハンギングバスケットの部門がありこれがまた素晴らしい作品ばかりです
 
。 
 
 会場内部はガーデニング部門の著名なガーデンデザイナーが
作った作品やバラコンテスト部門などの展示区画と薔薇の即売が
行われているガーデニングマーケットなどで構成されています。
 以下著名なガーデニング作者の作品の一部分
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 バラの館
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ローズテラスステージでの「 初夏から夏への土と肥料の基礎知識」の講話
 
ガーデン部門のコンテスト作品はA部門(26u)
18作品B部門(9u)20作品が展示会場の中央部
のガーデニングマーケットを囲むように展示されて、
それぞれ作品名が有り成程と思わせるような作品
ばかり有り狭いわが庭でもできそうだとちょっぴり感じ
ましたがまず成功は難しいなと諦めてバラ展を後にしました。
写真と記事:じんさん 5月16日(月) 
 18回バラ展パンフレット
 
 
 
 








JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN