本文へスキップ

 

川越水上公園の桜(2016)


 昨年は体調やや不良で、桜見物も家の周りの桜並木を眺めてお終いの春でした。今年は全国的に桜の開花が早いと言われていますが関東では生憎曇り空が続き晴天が少なく郊外の桜名所を訪れるのも機会を得ない為、諦めていましたがやっと4月6日に晴天の日を迎えましたので久しぶりに近場の川越水上公園を訪れてみました、公園の桜は満開をやや過ぎた感じで花芯が少し赤色を帯びた樹もありましたが、ほぼ満開の桜花の下を散策してきました。4月6日の公園の満開の様子をご覧ください。
  

川越水上公園は夏期はプールで賑います、春はテニスコートや公園内の散歩コースををジョギングしたりする人や、親子連れのピクニックや散策などで賑う公園です。 
 
 園内には約330本程の桜が植えられています。中には樹齢も古い樹高の高い大木も見られる。
 
公園北側を流れる入間川土手に沿って植えられている公園東側の桜はやや若い樹が多い。 
 
園内の西端から西側端に桜並木が続く遊歩道には花吹雪が散り始めていた
 
遊歩道 にはウオーキングコースが距離ごとに目印で表示されてます。
 
 静かな公園にヒヨドリなど野鳥の声がけたたましい。
 
 公園北側の入間川土手に向かって枝を伸ばす吉野桜
 
左側は入間川土手 
 
入間川土手の 西側に見える関越自動車道は水上公園のすぐ脇を通る。
 
 土手の遊歩道から望む桜並木はビューポイントの一つ
 
 遊歩道 左側は入間川 右側は公園内の桜並木
 
土手上から見える桜並木。
 
公園内は愛犬を連れて 散歩の人が多い。
 
樹の下でピクニックや桜見物 の人達 
草場には椅子や健康遊具などもあり一休みには便利
 
園内の桜は成長した大木ですが枯れ枝を剪定して手入れがされている様子がうかがわれる 
 
遊歩道右側はプール施設 (春季、冬季には釣堀が利用できる)。 
 
 木陰で読書する人も
 
遊歩道から入間川土手への入り口 
 
晴天下で昼食の小団体、ここでは酒を飲む人はあまり見かけない。 
 
奥へ進む遊歩道の先は公園名所のボート池まで続いている。
 
桜並木の地形上の理由か桜の樹は右側南面の枝が上空に向かって高く伸び北側の枝は入間川土手に向かって低く這うように伸びている様に見える。
 
まがった枝が面白い古木 
 
 公園の北端に近づくと桜に負けじと新緑の大木。
このあたりから広場になって視界が開け奥にボート池が見える。
 
公園北側の桜並木は比較的若い桜が多い。 
 
入間川土手上の桜は高く聳えて美しい。
 
水上公園名所のボート池は人工の池  夏場はボート遊びなど賑やか
 
 鴨や鴛が泳ぎ冬場には白鳥が飛来すると聞く。
 
 足こぎの白鳥ボートは人気。 
 
 ボート池の周囲は広く体操やピクニックに最適
 
入間川土手への入り口  土手上からは富士山が遠望できる場所がある。
 
まさに満開の吉野桜、数日前の風雨にも負けずに咲いていて今年最初の桜見物が出来て幸せな散歩でした。
 
 (終) 写真と記事:JINSAN 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN