本文へスキップ

 

川越百選 明見院のしだれ桜


平成30年3月下旬、今年の桜は例年より早い予想通り町内の街路樹のソメイヨシノは25日ごろには5分咲きでしたが、好天が続いており若しかしてしだれ桜も予想より早く咲いているのではと思い、3月30日(金)午後近くにあるしだれ桜の名所の一つに数えられている明見院を訪ねてみました。8年前に初めて明見院を訪れた記憶が有り、その後変化はいかばかりかと参拝をかねて訪ねた様子をUPしましたのでお知らせします。  JINSAN
  

            妙見院の枝垂れ桜
      (写真及び写真コメントはJINSAN:記)3月30日
以下 明見院の案内記事を借用しました。

川越の桜名所と言えば、喜多院や伊佐沼などが有名なのですが、ここ明見院は隠れた桜の名所として知られています。
明見院は、江戸時代(寛文3年/1663)に創建されたお寺です。その頃の川越は松平輝綱が川越藩の第2代藩主として活躍していました。
また、明見院は「武蔵国十三仏霊場」の二番目札所で釈迦如来を本尊としています。
境内にはお寺を見守るいくつかの像が安置されています。本堂脇には「慈母観音」や「武蔵国十三仏」。山門付近には「水子供養子育て地蔵尊」。そして「苦悩を救う一休さん像」は山門の手前で居眠りをしています。寝ているところ申し訳ないのですが、一休さんの頭を三回なで、自分の頭を三回なでれば「試験合格」「ボケ防止」の御利益があるそうです
見事なしだれ桜は、江戸時代(安永年間/1779)から200年以上この明見院で、多くの人々の目を楽しませてきました。樹高はおよそ15m。本堂をゆうに超す高さです。
このしだれ桜が生まれたのは、明見院の本寺である川越 中院。その幼苗を植樹されたものだそうです。
桜を見に来た方々の為に、境内では甘茶が用意されていました。静かな境内で、桜をつまみにお茶を飲めるなんて、何だか心が和みますね
 明見院入口から広い駐車場件境内を進むと
左奥にしだれ桜の大樹が見えます
 
 およそ樹高20メートルほどと言われていますが
落雷で頂上の枝が折れたため少し低く
なっているようですが、
全体に樹勢は強く元気な様子でした
 
 下部の枝は花が沢山付いていて、しっかりとした枝振りです。
 
地面に触れるように垂れ下がっている様子は、
滝のように見え素敵です。 
 
このしだれ桜が生まれたのは、明見院の本寺である川越 中院。
その幼苗を植樹されたものだそうで樹齢200年の時を超えて
花を付ける桜の生命力にはおどろきます、人の命のいかに短いか
を思い知らされる心地です。 
 
樹の真下から見上げた桜の傘
 古木保護の支柱がしっかり支えています。 
 
本殿前の鐘楼は10年前と変わりない様ですが
屋根の棟印瓦が金色に輝いています 
正面本堂上の額
明見院案内にもありますが
かわいらしい姿の一休さん石像
頭だけでなく彼方此方撫でました。
前回は甘茶をいただぃましたが
今回は有りませんでした。
 
沢山お願いをしても駄目ですか? 
本殿右の若いしだれ桜も素敵です。
枝垂れ桜のほかにも本院の珍しい物の一つ
枝垂れ桜の後方に巨大な櫨の樹。
由来を読むと、330年前に植えられ
十一面観音堂の火災の際に堂を守ったとあります、
現在は馬頭観音(日除けの神)の守護神として
大切に保護されているそうです。
樹高3mほどの椿は赤、白、ピンク色
1本の幹に3色の花を付けていました 
前回に見た時より大分おおきくなって
やがてこれも名物になるでしょう。
終り
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN