本文へスキップ

 

                                  護洋会TOPへ戻ります
 卒業50週年記念候校訪問
前日の懇親会の余韻いまだ覚めぬ参加護洋会会員は明けて11月15日江田島へ向かうフェリー乗り場呉中央桟橋に集合0925発の小用行に乗船,懐かしの江田島に向かいました。以下、候補生学校訪問時のスナップです、塚原事務局長から送付のCDと合わせてご覧ください。  写真中のコメントは大石  (写真は担当役員の提供の中から一部選択)
フェリーも昔と比べて大型です、候補生時代に呉に外出して帰校時間が迫り急いで帰る時のやるせない気持を思い出しませんか?
今回は家族も一緒の訪問です、聖地江田島に向かうやや厳粛な気持ちの中にも何か少し気分が軽い気もします。桟橋待合室からフェリーに向かう参加者一行です。
 フェリーから見える呉の街はすっかり変わって都会らしく見えます、小生在職時(昭和64年末)には大和記念館などありませんでした、街の変わり様に驚きます。
   フェリーは護洋会専用のようにほぼ参加者で一杯、フェリー内で懇親会の続きをやっています。昔の借家はどうなっているとか?
話題が増えました。
 小麗女島の向こう古鷹山が見え故郷に戻ってきたのかなと感慨頻り。
海のない県に住んでいる小生、すっかり潮気も消えて海の男の影すらないのですがデッキに出て潮気を感じ、少し昔を思い出しました。
   小用桟橋付近もかなり変わっているように見えました、Googleで見た画像の記憶と照合しつつ桟橋を探す。
   桟橋脇には学校行きの臨時バス便を設定してあり2台のバスに全員乗車、
事務局長はじめ役員諸兄の準備の周到さに感激。
   1術校正門到着候補生学校に向かう一行、前方に見える松林が大きくなっているように感じましたが如何でしょう?
   大正6年(1917年)以来97年 花崗岩の外壁の大講堂は昔の儘。
少し候補生時代の気分になり入校式当日の厳粛な式を思い出しました。
   候補生学校に向かう一行の列、皆さん歩く姿勢が良い、少し前屈みもいるけれど
ばらばらにならずに一列で、これもOBならではの現象。しかしこの行列が嘗てのアドミラルやキャプテンの集団だとは誰が想像する?
   候校正面到着一旦荷物を預かってもらいに正面玄関から中へ、正面では学校長はじめ教官方々が我々一行を出迎えてくれました。
迎える方も我が方も少し緊張。
   学校側で準備して頂いた写真撮影、一般の見学者と違って老骨OBと家族の集団、迎える方も準備に大変でしたね。
   集合撮影の後暫し周りの風景を眺め、きれいに整備されたグラントに炎熱の中の訓練や隊歌練習を偲ぶのですが、当時の感慨が出てこないのは記憶が薄れたせいか、あまりにも広場がきれいに整備されていて、記憶と一致しない為なのか。たぶんボケ・・・
 ダビットが遠くに見えカッター訓練は思い出しました。オールの重かったこと、特に小雪の降る日の訓練は!
   学校で用意してくれた集合写真用の字幕
学校側の準備の気配りには感激しました、立派な字幕で、護洋会の記念にほしいくらいです。
   
   正面入り口から庁舎へ。看板は昔の儘でしょうか?
   候補生の頃はこの入り口は使用禁止だったことを同行の奥様方は知っていましたかね?
我々は当時、特に使用禁止に違和感はなかったように思っていたのですが。
   正面の錨マークは昔は桜マークだったように記憶してますが、どうでしょう?仰ぎ見るのは今回が初めてのように思うのですが。
   「赤レンガ」は1893年に竣工した建造物であり、設計はイギリス人ジョン・ダイアックによるものである。」と聞かされていましたが、当時はあまり興味は無かったのですよ。

1階は自習室、2階は寝室及び講堂として使用されていました。現在は庁舎、教務のための講堂及び候補生の自習室として使用されているとのことです。

  第1講堂に集り校長から現況の説明等をうけました。此処にも記念行事のPRが準備されてました。
   学校長の説明を待つ護洋会会員面々・
50年経てここで昔日の日々を思い浮かべる機会が得られたことに感謝します。
二度とない経験となりましたね。
   「海将補 池  太 郎 第42代校長の職を拝命しております池です。」と丁重な挨拶を頂きました、わがクラスよりおおむね21年ほど後輩ですが、 さすが候補生学校長らしい若々しさと凛々しさを合わせた紳士らしい海上武人の校長です。
13期時代の滝川校長は生徒から見た感じではかなりの小父さん(失礼)だったように思えるのですが。
   
学校は 戦前に3回の改修が行われており、戦後は1992〜1993年及び2002〜2004年に大規模な改修が行われましたなど詳しい説明を自らマイクと、プロジェクタ―を駆使し判りやすい説明をされました。

この受講者の中には第30代候補生学校長(H5.4.1〜H7.3.22)の松村清人兄もいて、池校長も少しやりにくかったのではといらぬ心配しました。
  説明内容がすべて我々13期候補生時代の状況と比較した資料を用意しており大変参考になりました。
   我々当時の校長は 第5代 滝川孝司海将補(S37.1.16〜S37.9.30)途中交代第6代 市来崎秀丸海将補S37.10.1〜S39.1.15
  滝川校長はその後我々遠洋航海練習艦隊司令官として欧州方面へ。
思い出します名物司令官のエピソード。
  教育内容について現在の教育課程項目が当時とは変わっているのがよくわかります、TOEICや小型船舶1級受験などあたらしい課程課目が増えてました。
我々にとって無くて良かったのか悪かったのか? あったら多分落第でした。
全体に現在の教育のレベルは高く知的な学習が取りいれられていると校長の説明からうけた印象です、われわれの時代はもっと土臭く基本重視の教育だったと感じています。
  校長説明を終え、訪問集団は2班に分かれそれぞれ庁舎、新学生館、水交館、高松宮邸などを教官や学生の案内付きで回りました。

 赤レンガ庁舎のこの建物に使われているレンガは、それぞれ丁寧に梱包され、イギリスから運ばれてきたと当時に何度も聞かされましたが、こうやってじっくり見たことは無く只々勉強と教練に追われていた毎日だったのではと感じてます。
  赤レンガ庁舎と自習室の間にある庭に記念の桜が植樹されていると聞きましたが、この桜の木ではありません。桜の木は、3年前の2010年6月11日、日米安全保障条約改定50周年を記念して植樹されたそうですのでもっと小さい若木と思います
防衛WEBから
「1971年以来、日米候補生の相互理解及び米海軍と海上自衛隊の親善を目的として、毎年士官候補生の交換行事を米海軍との間で実施しており、2010年は日米安全保障条約改定50周年という節目であることを記念して、植樹を実施しました」

親善と言えば我らはフランス練習艦(ジャンヌダルク?)との交換行事がありましたね。
   向こう側建物が新学生館。
平成5年12月に着工、平成9年10月に完成しましたとありますので、松村元校長の頃に建設計画が始まったようです。
  庁舎から新学生館を眺め池校長が説明してくれます
「  幹部候補生は、全員ここで起居を共にします。
館内には、自習室、寝室、食堂、会議室、休憩室、浴室、面接室、当直室等があり、日常生活に必要な設備が完備されています。」

大変便利になって良いことと思いますが、食堂と風呂場や寝室の隔離されていた当時の学生は短時間の有効な使い方もまた一つの訓練項目だと思つていましたね。
   最初に庁舎の学生自習室と教室等を案内してもらいます。校長の後を追って赤煉瓦庁舎へ
   同行家族の婦人方には自習室とか教室とかは余り興味は湧かないのではと、男子会員の説明も丁寧親切でしたが、ご理解いただけたでしょうか??
   赤煉瓦庁舎の改修についての詳しい説明が校長からありました。初めて母校を真剣に眺める会員です。
   記念の桜の木はあの木かな?
  西池兄の指さす方向に 構内で一番紅葉している樹木のすぐ下に小さい木が見えますが多分あれが記念の桜でしょうか?
   改めて赤煉瓦の美しさに見とれます、当時は何も感じなかったのですが。ずいぶん貴重な建物に起居していたものです。整理整頓清潔を厳しく教えられたのもこの赤煉瓦のせいです(笑)
   改修された玄関広間のアプローチと天井の説明。
玄関は学校の顔、立派になって対外的にも恥ずかしくないと感じます。
   昔からあったシャンデリヤも同じ形で改修されているそうですが、そんな立派な電灯あったかな?  と元候補生のつぶやき。モダンな照明です。
  校長の説明:
 玄関の床板には、1909年に除籍された軍艦「金剛」の甲板のチーク材が使用されています。板の連続した3個の穴は、「金剛」の甲板にビス打ちされていた穴のなごりです。なお、現在海上自衛隊で保有するイージス艦の「こんごう」は3代目となります。

 床板の由来、当時からあったとは全然覚えていません、聞かされたことも忘れていたのでしょうね。

本当に候補生だったの?・とワイフの声聞こえそうです。
   自習室: 放課後ここで自習をする事はしましたが、延灯許可をもらってやったことは一度もなかったです。その報いは十分に受けましたが。
天井の電灯が玄関上のシャンデリアの部分と
同じ形です。ずいぶんハイカラですね。
   本館2階へ:
ここに上がるのはあまり記憶がないのです。大掃除の時に当番で校長室などの清掃に行った時ぐらいではなったのでしょうか、あまりはっきり記憶はないのです。サボったつもりもないのですが。
   校長室 初めて入室するような厳粛な気分でした。
  松村元校長さん 12年前も こんなに立派でしたか?
   校長から直々生徒に声をかけられない限り入れませんが、いかがですご両人感想は?

「特になし」  あ・ そう。
   2階の廊下もモダンですね・・ホテルのようですねえ・・・
  奥様方の声が聞こえました。
   綺麗な庭になってますが、当時はこんなに綺麗ではなかったと思います。これではごみ一つ落とせません。当たり前です!

   こんなに美しい学校なんてどこにも無いのでしょうねえ。孫もこの学校に入れればよかったなどとは言いませんでしたか?
   左の奥村兄が紹介の若人は故大友 守兄のご長男 大友 孝氏です
江田島の父の足跡を確かめに今回訪問行事に参加していただきました。故大友君も泉下で喜んでくれていると思います。
   学校側では13期の学校行事の写真集を準備し展示してくれていました。当時の活動の成果や記録が残されている写真の中に本人の姿を見つけては往時を思い出しています。各期の資料があり候補生学校の歴史資料館とでも言うような立派なものでした。
   あっ ありました!
13期全員の集合写真、どこにいたのか判らない人は、拡大鏡ですな。
手放せない拡大鏡は家でも必需品ですけどね。
   新学生館の4階の食堂へ移動。
新学生館では一部にエレベータがあるけれども学生は使用禁止だとか、われわれも老骨に気合いを入れて階段を上がりましたが、いやはや疲れました。
   学生館の4階に設置されている食堂へ
学校側では依頼したカレー定食を準備してくれてます、幹部職員が待機して案内してくれました、俗世間でも有名となった金曜日の海軍カレー 感謝しながら頂きました。
   記念行事の幕の下で久方ぶりの金曜日のカレー 大変美味、デザートなども沢山付いて豪華メニュー ごちそうさん です。
   校長も一緒に会食してくれてます、隣席の会員の奥方も和やかに会話を楽しんでました。
   学生館は、平成5年12月に着工、平成9年10月に完成しました。
幹部候補生は、全員ここで起居を共にします。
館内には、自習室、寝室、食堂、会議室、休憩室、浴室、面接室、当直室等があり、日常生活に必要な設備が完備されています。
右の松村元校長は在任中は見られなかった学生館、ご感想は如何?
   加藤兄に説明している候補生君、お相手が元呉総監とは思わなかったでしょう。
   自習室には(4、5人部屋)、机、本棚、パソコン等が設置され、各人に割り当てられています。
ただただ羨望の眼差しです、しかし4~5名の少人数でも現代っ子には今風の言葉でウザイと思うものもいるのではと心配でしたがどうやらそうでも無いようです。少人数のせいで意思疎通が図りやすいなどの利点もあるようです。
そういえば当時我々の分隊人数26~7名では全員一致まで若干時間がかかった様に思うのですが。まあ何処でも住めば都ですね。
   付き添いの学生さんは、このご老人たちが今の環境をどう感じているのかと、思いながら案内してくれているのでしょう。

老人たちは皆さんの大事な訓練教務時間を使って頂き申し訳ないと感謝しながら見て回ってますよ。
   きれいに整頓されてますわね・孫たちも見習ってほしいわ・・・
   勉強跡の気配もないくらい整理整頓されてます。
我が家の自室はごみ倉庫のごとし、しかし気が落ち着くのです。
   寝室(4、5人部屋)には、ベットと衣装ロッカーが各人に割り当てられています。
ベットの整頓見事なり、ですが毛布は数が少ないようだが防寒は大丈夫ですか?。
13期時代は寒くて眠れなかったのを思い出します。ベットで互いに号令かけて腹筋やってますかね今も?。
  談話室だそうです。ステレオやテレビもありましたが、談話室で寛ぐ余裕があるのでしょうか、ちょっと聞き忘れました。 
   現在の学生の活動記録だそうです自主的に作成していると聞きましたが、当時の我々学生には出来ない文化的活動だなと、感心しながらの見学です。
   結索の標本模型、運用課の教材、たくさんの結索方法を学びましたが、今覚えていて出来るのは もやい結び のみ。
   赤煉瓦館を後に水交館へ向かうくだり坂から西側には1術校の区域、候補生の時はあまりこちらには来なかったように思います、特に校長官舎あたりにはうろつくなと言われていましたね。
   下り坂の向かうに見える武道場、ここは懐かしい訓練の思い出もあります。剣道の試合で勝負がつかず、じゃんけんで決めたこともありました。
   水交館 1術校ホームページから
「明治21年(1888年)に「集会所」として建築された、江田島地区で現存する最も古い建築物です。以後、「文庫館」、「図書館」、「会議所」、「将校集会所」と名称、使用目的を変更しながら、終戦まで使用されました。
 進駐軍接収時には、牧師等の宿泊所としても使用されましたが、海上自衛隊に返還後は「水交館」と名付け、国内外の来賓の接遇等に使用しております」。

候補生の頃見学したのかもしれないのですが、記憶がはっきりしません。
   水交館は、明治21年(1888年)に「集会所」として建築された、江田島地区で現存する最も古い建築物です 
水交館内部は古い中にも気品のある西洋様式の机や椅子、照明等の備品があり来賓接遇に恥ずかしくない立派な施設です。
   初めて内部をゆっくり見学できました。当時から内部はこの状態だったようです、良い記念になりました。
  景色の良いところで記念写真
長時間おつきあいして頂きました案内の候補生には迷惑掛けましたね、お役目ご苦労様でした。
   学校長が先に高松邸の見学案内のために先行しています、急な石段なので、ご老体の安全に気を配ってくれます、こんな若い校長がいるとは、海自は頼もしい限りです。
   高松宮邸 高松宮殿下の生活の場。普段は見学出来ないようですが特に見せていただきました・
 
高松宮邸で確か1術校教官時(45年前)にこの和室で謡曲の練習をした記憶がありました。
今思えば遊びごとに使用していたなど申し訳ないことでした。

1術校WEBより 
「高松宮記念館(旧高松宮邸)は、高松宮宣仁親王の兵学校予備教育中の特別官舎として、大正9年(1920年)に総檜造で建築されました。」
 
  1術校WEBより 
「 当時、兵学校生徒は土曜、日曜の外出日には学校周辺の民家を利用して休養しておりましたが、殿下は、この建物を同様に4年余りにわたり使用しておられました」
   高松宮邸の庭
見晴は今より良かったでしょう。殿下の楽しみは何だったのでしょうか?
   
   高松邸近くの校長官舎を池校長のご厚意で拝見、展示されている写真を見ると各期の候補生の集まりの記録があります、校長が学生を呼んで教育指導の機会を作っていたのがわかります、海兵の伝統は今も活きていますね。池校長のお人柄がうかがえる写真記録でした。
  教育参考館見学:
 年間約7万人の見学者が同館を訪れている教育参考館にはこの日も30人ほどの見学者が見えてました。
何回目かの参考館見学を家内と一緒に行い今回の記念行事の締めくくりにしました。
  主な展示品の一つ一つをかなり時間をかけてみて回り最後に東郷提督の遺髪に敬礼、甲標的特殊潜航艇に黙礼し帰路に就くことにしました。潜航艇の黒い姿が印象的でした。
参考:主展示資料
・勝海舟の書
・広瀬武夫中佐の資料
・佐久間勉大尉(第6潜水艇長)の遺書
・海軍将校の書
・特攻隊員の遺書
・横山大観画伯の富士を描いた作品「正気放光」
   候補生学校庁舎前の広場はごみ一つなく美麗を保っています、このあたりには50年前にはバレーボールコートなどがあったと思います、別科にはよくここでアパッチ教官の怒声が聞こえてました。思い出の場所の一つです。
   当時広場には芝生が植えられて雑草がはびこり芝生や松を大事にと学校では雑草抜きを奨励してました。
ここで逸話を一つ紹介しましょう。
あるとき広場で藁帽子にタオルを巻いたご老体が雑草を抜いてました、これを見た候補生「おじさん暑いのにご苦労さんですね」と声をかけたそうです。日除け帽子の下から顔をのぞかせたご老体は誰あろう滝川校長でしたと。
この同期生の名前は・・忘れたことにします。ご本人はまだ忘れていないでしょうね。
  学校訪問を終え 候補生学校を去るにあたって一言:
50年前も現在も教育方針教育科目年間行事はほとんど変わっていませんね、今の学生も溌溂として元気でしたし初級幹部自衛官として十分に期待できるでしょう、50年前と違って日本を取り巻く防衛環境がおおきく変化し様変わりしている現在、今の幹部候補生諸君は50年前より格段に厳しい知識技能の習得を必要とされていると思います。後輩諸君が、試練を超えて幹部自衛官として海自を支えてくれることを期待します。この日の晴天のように明るい気持ちで安心して我々老兵は帰れます。
   最後まで我々の面倒を見ていただいた学校教官や候補生諸君と職員の皆さんに感謝しながら校門をでました。
   古鷹山を仰ぎみ50年前の我々13期生が、この50年の間、如何なる防衛力になったのかを改めて考えてみたいと思います。端的に言えることは我らの時代は平和な時代であったということでしょう、我々が学んだノウハウは現在の戦力として使えない代物と化しましたが、我々はただひたすら訓練を重ね実力の涵養を図り旧海軍の伝統の継承と基盤的防衛力の充実を目的に励み、情報化時代の入り口に立って真摯に新しい知識技術の吸収を目標におのおの勉強をしてきた50年だったと思います。その努力がいくらかでも防衛に役立っていれば嬉しいですね。
現在実戦力として日本の平和維持を託されている海上自衛隊の益々の発展を祈ります。
   遥か古鷹山を後に江田島さらばと航跡を見送り帰途につきました。

記事と文責:大石 仁 
候補生学校卒業50周年記念行事参加13期OB護洋会会員 の集合写真 平成25年11月15日
個名入りのこの写真の編集は関口兄が作成してくれました。
 










JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN