本文へスキップ

 

                                    
幹部候補生学校卒業50周年記念 懇親会 
 江田島の母校幹部候補生学校卒業50周年を記念して平成25年11月14日呉市内阪急ホテル皇城の間にて護洋会の懇親会が行われました。全国から参集した71名の会員(MRSを含む)が一堂に会し懐かしい友との再開を喜び、また亡き友の思い出を偲びつつ和やかにかつ盛大に有意義な一刻を過ごしました。以下の写真は写真撮影を命じられた会員数名が摂ったものを選択し縮尺掲載してあります。コメントは大石が想像し勝手に付記したものです。
最初に登場は護洋会各役員の面々。もちろん受付等の作業員ですが。
左から川崎、杉本、東、熊原、酒井、塚原 諸兄
護洋会会長は酒井兄、事務局長は塚原兄です。
今回の行事では皆さんに大変お世話になりました、ご苦労様です。無事に開会にこぎつけて、諸兄は全員笑顔ですな Good Job!
右の上垣兄は横須賀から、中村克ちゃんは千葉の柏から、福塚兄も横須賀から、たぶん同じ新幹線か?
開会は18時・受付済ませ一息入れて、時間待ちにまずは出席者名簿点検。
何々 卒業後初めての名前があるよ、どれどれ?

左端の三宅さん福岡からの出席です。ご苦労様です。
   50年前13期生を乗せた遠洋航海は戦後初めての欧州方面、開会前に遠洋航海ビデオを上映。
熱心に見つめる奥様方、うちの主人は写っているのかねえ?
 奥様 でもその当時まだ結婚してなかったでしょ??   ええっ?ハイ ふふふ

ともかく若かった自分を見つけて各員はにんまり。。
  18時定刻 開会
 護洋会会長酒井英元兄の開会の辞
(何時もながら話のうまい酒井兄、当分は会長続行を願いましょう。)
話の中に同期の故人が32名(現在33名)と聞かされる、22パーセントの会員が先に亡くなったことに改めて歳月の過ぎ去ったのを痛感する。
故人をしのんで全員黙祷を捧げる。
   かわって北海道支部長桑原康彦兄(御令室も記念行事に参加)の乾杯の音頭
その前に北海道の近況も報告あり。桑原兄は北海道水交会の会長職も兼務、大変忙しい様です。健康に留意され益々のご活躍を期待してます。
   

乾杯。。。。一同 
最近の乾杯は座ったままだ、歳のせいかなあ・・
しかし腕はまっすぐ、伸ばしてる、だいじょうぶだあ~
参加人数71名の大宴会会場 9個の丸テーブルで埋め尽くす盛況です。
海野兄ご夫妻と海野兄のご友人角井様わざわざご参加くださって有難うございます。
土屋兄ご夫妻 いつもながら柔和な貴君、奥様もにこやかで、度々海外へ旅行し珍しい花の写真を頂きます、これは夫唱婦随の典型的ご夫婦です、私も見習います。
今回の夫婦同伴は27組と故谷徹彦兄の奥様と令嬢、海野兄のご友人1名の女性だけでも30名の参加、とても名前がわかりませんので、あえて名前を付記しませんが名札と、美しきご容姿から推察ください。
 元宝塚音楽学校卒業13期OGをお呼びしましたか???(笑)

皆さんよく夫君を引き連れて参加していただき有難うございます。
婦唱夫随ですな?いや失礼
   左から加藤夫人、故谷徹彦兄のご奥様優子様とご令嬢の谷恵子さま、梅田夫人、大石夫人
後列の護衛兵達はいつもの面々です。
   写真係の井場元兄と故谷徹彦兄奥様とご令嬢、
積もる話は座ってほしいのですが、彼は写真撮影のお役目忙しく立ち話で失礼しました。

谷様ご一家と今後も護洋会との絆を大切にして行きましょう。
   前列左 佐藤夫人、右小口夫人、両奥方は紅白で目立ちました。
後列左 川村兄、小口兄、前崎兄,伊藤兄、湯川兄。
 以下男性の部、夏川兄と桑原兄、どなたと話をしているのか知りませんが、二人とも聞き上手の様です、
桑原兄 うーん
夏川兄 ほー
 真ん中の三宅君は福岡から参加です、右端岡本兄、左小峰兄と伊豆の湯河原に住む鈴木(康昭)兄は久方ぶりでお顔拝見、滅多にこのメンバーで集まることはない貴重な一枚。
   おおむね会場の状況はこの通り席の移動が激しく積もる話もとぎれとぎれで知らぬ間に話相手が変わってました。とにかく盛況でした。
   護洋会の特徴は総会、懇親会には夫婦同伴が多い事ですが、今回特に多数のご婦人方が参加されたのは、ご主人の出身母校を改めて拝見し、夫婦の絆の原点を確認したい気持ちもあったのではと推察します。また故谷徹彦兄ご家族が悲しみを乗り越え記念行事に参加され会員一同感銘を受けました。(護洋会会則には遺族の方の希望により特別会員として入会出来る規則があります。)今回の懇親会は、華やかさと和気藹々の笑顔、誰かれとなく会話が始まり護洋会会員が混然一帯となった感があります。
   眼鏡の伊藤兄と湯川兄
おそらくお二人は卒業以来初めての会合ではないでしょかね、遠い昔を思い出しながらの会話の内容がお二人の様子から感じ取れます。
 酒井兄、大熊兄
会長職ご苦労さん、まあ一杯・・色々とお世話様でした、あなたはわがクラスでは一番若いから、当分会長つづけてくれよ なあ酒井君。
   あちこちで撮影会始まる。
お互い相応に年輪重ねましたが、久闊の顔は50年前の顔と変わらないように見えます。
会うたびにつねに各自の印象は瞬間移動して、江田島時代に戻るようです。
   西村兄今回も赤シャツですな、どこにいても見つけられて便利です。横須賀から遠路自家用車での参加、おつかれさまでした。でもよく頑張ったですね、小生には残念ながらその体力は無し。
   熊原夫人と男性群。熊原夫人右から東、藤田、片山、後ろ左から川崎、熊原、海野、熊原、塚原兄
たぶん片山憲之助兄を肴に候補生時代の話題で盛り上がったのでは?
   初代護洋会会長、海野兄と現事務局長塚原兄
お互いにご苦労さんでした、お二人見てると国会内廊下で議員さんが立ち話しているかの様です。
   こちらは経団連総会の席の様ですな、わがクラスの皆さん貫禄が出てきました。
食欲も旺盛、諸君まだまだ長生きしそうです。

話題は尽きず夜は更ける。
  左から夏川兄加藤夫人梅田夫人、大石夫人
 立っている加藤夫人、撮影写真を調べてみましたが加藤夫人は座っている姿は1枚のみ、あとはすべて立位でした、常に加藤君の様子を注意して見守ってるいるように思えて感心します。ご本人加藤兄はこの席に見えませんが。
   長沢兄、西村(義)兄、西村(哲)兄
どちらの西村君も話し好き、話題が豊富なテーブルです。
   以下会場内 1卓から9卓までのテーブルの状況です
短時間[2,3分)に各テーブルを映しましたのおおむね参加の全員がいずれかに写っていると思いますが、わずかな間に席移動した方もいますので。
 
   3
 4
   5
   6
   7
   8
   9
   湯川兄の挨拶
彼は和歌山県御坊市の住人、県営住宅管理業務などの仕事の傍ら自衛隊和歌山協力会役員として自衛隊支援行事に大活躍しているご様子です。
自衛隊支援に熱意のこもった内容の話をして頂きました。
   
事務局長の塚原兄 司会進行役は
ご苦労様です。挨拶進行時間の調整に気をもんでいるようでしたけれど(笑)。
   故谷徹彦兄のご家族を囲んで、加藤夫妻と夏川、桑原兄
谷さん良く来て下さいました、護洋会はWellcomeです、
   
護洋会西部支部長東智亮兄の挨拶始まりました、今回の行事ではいろいろと支援をしてくれました。
真実井兄ご夫妻ツーショット。ちょっとタイミングずれました、済みません。<m(__)m>
   東兄の挨拶 背筋もまっすぐ大きな声でしたが場内の話声で聞き取れず、内容は不明ですが・・・
護洋会西部支部の要としてご活躍されています、一時腰痛がひどかったように聞いてましたが、この調子なら大丈夫の様ですね。
   
続いては大熊兄の挨拶。
加藤兄真剣に聞いてました?
  大熊兄の挨拶 彼の昔日を知っているものには、 おとなしい話し方で意外でしたね、何時もはっきりものを言い、論理明解舌鋒鋭い友と思ってましたよ、PGC時代が懐かしいです。
   男性合唱団 ザ211311
♪乾杯 ♪乾杯 乾杯♪・・の声だけです
数字は左から各員の分隊NOの順
   続いて西池兄の挨拶
地元広島県廿日市市で日本会議廿日市市支部の役員として活躍中のご様子、いろいろご苦労があるようですが、久方振り同期諸兄の姿を見て元気いっぱいとか。
   
何か言ってるな・・・
熊原兄、川村兄、川崎兄、何故かうれしそうです。
  関口君の近況報告です。
 関口兄は平成16年から事務局長を務めてくれてましたが体調の具合で平成24年塚原兄にバトンタッチ、その後も護洋会関連事務等を支援していただいてます。
今回体調も回復したようでなによりでした。
   

上垣兄 ”関口は現在も非常勤ながら久里浜まで通勤しているとかさすが江田島健児だ。”
島崎兄、”彼、見かけより強いぞ”
   やれやれ挨拶済みましたか、関口兄ご苦労さんでした、
関口も大石も写真係で自分の写真はなかなか撮れないだろうと、どなたか撮ってくれました、ありがとうさんでーす。
   新井兄、夏川兄、松村(道)兄
二次会は原則的に参加の方針をお持ちの御三方
楽しんできて下さい。とにかく元気ですね。
  傘壽を代表して小峰兄の中締めの乾杯が行われそろそろ懇親会も終わりに近くなりました。
   
小峰兄は乾杯の挨拶で江田島での腹筋運動に全力を傾けたというお話で諸兄の喝采を浴びましたね。
   橋本兄と三宅兄
橋本兄は広島、三宅兄は福岡在住ですね、
またいつかお会いしたいですねとお話しているのでしょうかね?
   前崎兄と鈴木(康昭)兄
鈴木兄は神奈川県湯河原、温泉豊かな土地のお住まい、一度お宅の温泉に招待してくれないかな?
    塚原事務局長と松村(清)兄
松村兄は今回の行事で、江田島行事の調整を取っていただき有難うございました。矢張り元候補生学校長です。
松村 ”そろそろお終いにするか?”
   懇親会最後のイベント 総員記念撮影。
集合の号令で子供のようにはしゃぐ輩多く整理困難、でも楽しいね。
   漸く纏ってきましたが、まだがやがや。半分夫人で占拠されたようで婦人会の宴会のように見えますが(笑)
  
 どうやら収まりました。
卒業記念50周年の13期幹部候補生OB護洋会の懇親会 平成25年11月14日
江田島訪問もご覧ください









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN