今月の花 平成30年 春から夏へ

四季折々の花、名もない花、季節外れの花便りなど、乗せて見ようと思います、少しでも心の安らぎになればよいのですが。 
花言葉については 花言葉物語Boxをご覧ください。(全てでは有りません) 
 
先月のレポートへ
 
         平成30年3月
平成29年も一炊の夢、明ければ平成も30年の春となってました。
今年の冬は突然の大雪が有り我が家の花畑は見る影もなく寂しい3月を迎えてますが、風邪を引いた高齢者がようやく回復に向かいつつあるところで、やっと庭に目を向けると枯れ落ちた落ち葉の中に可憐な桜草が咲いているのを見つけて、ようやく春の兆しを発見です。庭の南高梅も負けじと早くも花芽を付けてます。
冬を越した鉢植えのバラ、茶色の枯葉を落として新芽をだしてきました、今年もバラはたぶん大丈夫だと思います。

3月に入り団地周辺の桜が咲きご町内ご家庭の丹精されている草花も咲き誇り嬉しい春を感じさせてくれます。    月初旬 椿満開
4月中旬 バラ咲き出す


  じんさん     
           
        
桜草
桜草
南高梅
椿咲く
鉢植えのバラの新芽
 
 蕾のまま冬を越したバラの蕾
一輪だけ先にミニ水仙
一冬越したパンジー
パンジー
3月26日
庭の椿が満開 ヒヨドリやムクドリが毎朝花を散らかすので掃除が大変
鉢植えのしだれ桃が咲き始め。
小さい蕾は白ですがやがてピンクに変わる。 
団地周囲の桜が咲き始め、おおむね5分咲き
少し当団地のお話を一言。
当団地が始まって30年あまり
今年の4月から初めてシャトルバスが運行する
団地内を避けて運行していたバス路線
何年もバスを通してくださいの請願も無視され
漸く通ることになったが行政の対応は疑問で憤懣極まりなし。
やっとバスが通るけれど団地内から乗車可能の高齢者は何人?
団地内ほぼ全員超高齢者ですから〜。
 一日で4便の運行ですが
車の運転が限界の超高齢者団地
生活に欠かせないインフラとして
はたして意味のある対応でしょうか
市行政は利益を得る様な運行時間や路線の
検討がどの様になされたのか市に聞きたいものです。
 
 当団地はこの地区で唯一の桜並木が有る閑静な住宅地
道路の整備や交通安全に毎年団地役員交代で高齢者が定期的に
自己管理していて昔は優良町内と言われたこともあるのだが。
 
 樹齢も古くなり大木のため安全を考えて街路樹整備を
御願いした結果ソメイヨシノ特有の美しい景観は無くなった。
 
並木の外側は私有地の駐車場
団地側の方向に背を向けている桜並木 
 
私有地は立ち入り禁止です。 
 
団地北側の低枝に咲いた桜は陽当たりが悪く花数が少ない 
 
団地北側に隣接している川越市卸売市場には市場境界の柵内に
植えられた常緑樹が大きく立ちはだかり桜の景観は良くない 
 
団地北側道路の唯一の桜らしき枝ぶりの桜樹 
 
桜の樹は道路側をカットし落葉時の掃除が少し軽減された。
景観はあまり感心しないが止むを得ない面もある。 
 
 4月4日 椿満開
 道行く皆さん見上げてくれます
 
巨大椿の一種 「笑顔」と言います 
 
紋輪子(もんりんじゅ) 白い斑入りの赤い椿 
 
薔薇の鉢植えも少し花芽が見えてきました 
 
花にら と桜草の群生 
 
桜草の鉢が満開です。 
 
4月24日
バラが咲き始めましたよ 
 リオサンバ
 
同  
 
 香りバラ ホワイト
 
 香りバラ イエロー
 
同上 
 
 名称無し 大輪です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN