本文へスキップ

 

教育基本法の源


                  

新しい教育基本法の改正が検討されていますが、愛国心とか公共という言葉に反対の政党や団体が居る反面現行基本法は昭和22年に制定のままで現状に合わないと、賛成の人もおり、何時になったら改正されるのか見通しがつきませんが、ここにかって戦前戦中の教育を受けた人々が体の髄までしみ込ませた教育勅語を紹介します。同時に当時支那といわれていた中国に住み生活していた在留邦人のために示された教育方針と当時の青少年に示した基本的な規範をあわせて紹介します。
年配の方はおおむね記憶されていることと思いますが、若い戦後の人々にはどのように受止めるでしょうか。
私見ですが、教育勅語も青少年学徒に賜った勅語も邦人に示した教育方針も、其の趣旨において現在においてもまさに守るべき基本的な考えと思います。皆さんはいかがでしょうか。多分教職員組合の先生方は大反対でしょうが。何はともあれ一度目を通して見てください。


明治23年に出された教育に関する勅語の原文

昭和17年に出された中国在住の邦人に対する教育方針

昭和14年に出された青少年学徒に賜った勅語




JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN