本文へスキップ

 

観世流能楽師木月孚行師の公演紹介−1

 能  融

遠国の僧が都に上って、六條河原院で休んでゐると、田子を荷なった老人が来たので、この辺りの人かと訊ねると、この所の汐汲ですと答へたので、こんな所に汐扱が居る筈はないがと怪しむと、融の大臣が陸奥の千賀の塩釜の景色をうつした所ですから、汐汲が居てもよいでせうと言い、月下の<BR>
景色を賞したり、融のことを語ったり、付近の名所を教えたり<BR>
していたが、やがて、汀に立寄つて汐を汲むよと見る間に、忽ちその姿が消えうせる。<BR>
−中入−<BR>
<BR>
僧は奇特を期待して旅寝していると、融の大臣が現れて昔を懐かしんで様々な遊舞を奏していたが明け方に消えうせる。その情趣を租つた曲です










JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN