本文へスキップ

 

観世流能楽師木月孚行師の公演紹介−2

 木月孚行師の最近公演された「采女」の舞台です

能・釆  女(うねめ)
 旅の僧(ワキ) が奈良の春日の里を訪れ春日明神に参詣する。そこへ若い女性(シテ)が来て木を植えたので僧が理由を尋ねる。女性の言うには、春日明神がここに祀られた最初は、木陰さえない山だったが、藤原氏の人々が次々に木を植えてこのような茂みになつたもので、いわば神木の植樹なのだと説明する。
女性はさらに僧を猿沢の池に導き、帝の愛を失った采女が身を投げた所だと教え、自分はその采女の幽霊だと告げて池の底に姿を消す
(中入)。
僧が弔いをすると、釆女の霊が昔の姿で現れ、采女の身にまつわる物語をし、宮廷の酒宴を思い出して舞を舞い、御世を祝福しっつ再び池の中に消えてゆく。
美奈保之伝(みなほのでん) は前半の春日明神の草木縁起や、後半の采女にまつわる故事を省略し、入水した采女を強調する 










JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN