本文へスキップ

 

湘南便り 1

     

 横須賀の景観 1

昨日近くの鴨居付近を散策し横須賀の景観に選ばれた場所を撮って来ましたのでご笑覧下さい。

      若松町の生みの親  高橋勝一 について             早瀬 勇
  

 高橋家は,鴨居にあった会津藩の陣屋の世話をし「若松屋」と号しました。高橋勝七は横須賀中央周辺の海面を埋め立て造成し,その土地は若松町と命名されています。
勝七は第五代浦賀町長や郡会議長などを歴任し,明治三十七年(1904)衆議院議員になりました。浦賀銀行などの取締役も務め,横須賀の政治・経済界で活躍し,栽培漁業の計画を立てるなど進取の気性の人でした。
太平洋戦争中には,昭和天皇の弟宮高松宮様がお泊まりになったことでも知られています。
下記絵図は明治二十七年刊行の日本博覧図関東編で紹介された銅版画です。
この浜への路の正面には小高い山を背負ったお屋敷が構えており、振り返る浦賀水道と房総半島の雄大な景色が広がるという特徴的な景観が形成されております。石段には、当時すぐそこに波打ち際があったことを裏付けるるように船の艫綱を止める石杭が設けられている、日本博覧図と現在を比べると約1m隆起して(関東大震災により)いるのが推察できる。
 高橋邸から房総半島を望む
 
 日本博覧図
 
 浜への道
 
 艫綱の石杭
 







JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN