本文へスキップ

 

湘南便り 2

     

  横須賀の景観2
          シリーズ「横須賀の景観2」を送ります。    早瀬 勇
  1 灯明台
  燈明堂は浦賀港西岸の先端にあって、灯台の役割を果たしていました。 その灯は、房総半島までも届いたといいます。
当時は、夜間、他に光がなかったので十分に機能を発揮していたのでしょう。
慶安元年(1648)に幕府の命によって建てられ、幕府による維持管理が行われましたが、 元禄5年(1692)から、東浦賀の干鰯問屋の負担により維持管理されるようになりました。
この燈明堂は明治5年(1872)まで続きましたが、石垣は昭和43年(1968)に市指定史跡となり、 現在の燈明堂は昭和63年(1988)に石垣の上に復元されました。
燈明堂の地の先には幕末に築かれた千代ヶ崎台場の跡(砲台跡)が残っています。
 
 
2 観音崎灯台
  白い貴婦人といわれ、「おいら岬の灯台守は」の歌で知られるこの灯台は、 我が国で建てられた最初の洋式灯台です。
明治維新でできた新政府は、横須賀製鉄所を建設するため、フランス人技師(首長) レオン・ヴェルニーに依頼し、レオンは、建設課長フロランにその仕事をさせました。
明治元年12月29日、建築にとりかかり、明治2年(1869)正月元旦に点灯の初日を迎えました。
大正11年(1922)4月26日の地震で大きな亀裂ができたので、 大正12年(1923)3月15日に二代目を再建しましたが、 大正12年9月1日の関東大震災で崩れ落ちてしまいました。
その後、大正14年(1925)6月1日に再建され、現在に至りますので、現在は三代目になるわけです。初代の灯台に使用されたレンガは、フランス人技師により、 我が国最初の製鉄所である横須賀製鉄所で造られたもので、 その一つ一つに、「ヨコスカ製鉄(鋳)所」の印が押されています。
この灯台は慶応2年(1866)日本が、アメリカ、イギリス、フランス、オランダ の4か国と結んだ江戸条約に基づいて造られたものです。
灯台構内には、高浜虚子の「霧いかに深くとも嵐強くとも」という句碑と、 海上保安庁の初代長官、大久保武雄(橙青)の「汽笛吹けば霧笛答える別れかな」の句碑が立っています。 灯台の高さ19m、光の届く距離37km、光度14万カンデラです。
昔は、灯台守が家族で灯台を管理していましたが、現在は無人です。
霧や雨で視界の悪い時、「ボー、ボー」と鳴る霧笛の音は、なんともいえないもの悲しさを誘います。
3 東京湾海上交通センタ
  観音埼、本牧、浦安及び海ほたるに設置されている高性能レーダーにより、東京湾を航行する船舶の動静を把握し、安全航行に必要な情報を提供するとともに、航路への入航時刻の調整や、必要に応じて航路の航行制限等を行っている。
4 灯台100年記念切手
1868年(明治元年)11月1日日本初の近代的洋式灯台となる観音崎灯台の起工が行われたのを記念して11月1日は灯台の日とされている。
切手にはそのときに作られた初代観音崎灯台と、現在の三代目観音崎灯台が描かれている。
灯明台イラスト
 
 観音崎灯台
 
 東京湾海上交通センター
 
 灯台切手
 
 







JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN