本文へスキップ

 

湘南便り 3

     

           横須賀の景観3 浦賀の渡し船        早瀬 勇
       8月9日
連日の炎暑も一休みで今日は涼しくなりました。横須賀の景観3(市道2073号線)を送ります。

東西浦賀を結ぶ渡船は、浦賀のシンボルの一つです。
この渡船がいつ開業したのか特定することはできませんが、 享保5年(1720)に浦賀奉行所が設置されて間もない享保7年の記録には「当村には、渡船無御座候」とあり、 11年後の享保18年に書かれた『東浦賀村明細帳』には「渡船の修復の折りには、鴨居村、走水村、内川新田、八幡村、久里浜村も東西浦賀村と相応の協力すること、 船賃は村中(東浦賀)のすべての家で一軒あたり米六合づつ」とあるので、 この11年の間に、渡船が操業されたものと判断できます。
修復の際には、近隣の村々にも応分の負担をかけているので、 近隣の村人も、かなり渡船を利用したものと考えられます。
また、船賃が1軒あたり米6合づつとなっていますが、西浦賀でも同じとすると、 当時の浦賀には、東西合わせて約1,000軒の家があったので、この米の量は約6石(約900s)となり、当時の渡船は2隻と思われるので、2人の船頭の生活が支えられるように決めたのでしょう。
明治元年(1868)の記録では、船賃は1軒あたり一律いくらではなく、家ごとに差がありました。
現在の船は、平成10年8月8日に就航した強化プラスチック製の御座船です。
客席定員は12人、片道料金 150円です。
(平成12年1月現在)乗り場に客が来れば、対岸にいてもすぐ来ます。
この航路は「浦賀海道」と名付けられて横須賀市道2073号となっており、 1日80〜250人の利用があります。

**神奈川・横須賀市**
   早瀬 勇
 浦賀港湾図
 
 渡し場東口
 
 渡し場西口
 
渡し船 
 







JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN