本文へスキップ

 

湘南便り 4

     

  横須賀の景観 4

              七釜・田浦トンネルと田浦駅     早瀬 勇  

横須賀は小高い山の地形で、大小のトンネルが数カ所にあり。中でも昔から赤レンガ積(イギリス式、フランス式)で建造され現存しています。

その中でも、横須賀線田浦駅の横須賀方面の七釜トンネルは明治。大正期に赤レンガで建造されたトンネルである。尚ホームから。また駅の高架から眺めると明治、大正期の長い年月を過行時代のものであることを感じさせられます。

プラットホームの両端がトンネルとトンネルに挟まれている田浦駅は、海に開いた谷戸とトンネルの多い横須賀を象徴する景観を作り出している、

煉瓦造りからコンクリート造りまで、明治、大正、昭和の3代をそれぞれのトンネルが並んだ様相と、木造トラスとレールを転用した構造の駅舎は合理的かつ進取に富んだ歴史を物語っている。

JR田浦駅は明治37年(1904)に開設された。駅はトンネルに挟まれて11両編成の先頭車両はトンネル内で止まり扉は開かない。横須賀駅に向かって、明治22年(下り線)大正18年(上り線)、昭和18年(引っ込み線・廃線)に造られた三つの七釜トンネルが並んでいる。この地は釜を失う程草が生い茂っていたので字を「失鎌」というが。蒸気機関車の釜を失うことを嫌い当て字の「七釜」に変えたのだ。レールを使用した駅舎や煉瓦造りに昔の良さを残し。周りを緑に囲まれてホッとさせられる駅である。
 
 
 

JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN