本文へスキップ

 

湘南便り 6

     

          横須賀の景観6   走水水源地    早瀬 勇

桜の名所として知られる横須賀の走水を初めて訪ねたのは昭和30 年春のことで道路の両サイ
ドに見事なまでに咲く桜は美しかったが戦後の復興期である日本では自家用車の波に押されその排気ガスで枯れてしまい今はその2 代目である。
 
 走走水水源地は・フランス人技師ヴェルニーが明治41 年(1908 年)12 月25 日に旧軍施設の一部を譲り受けなどして市内に給水を開始し、平成20 年(2008 年)12 月25 日で市営水道給水開始100 周年を迎えた
 
 水源地内にある、明治35 年(1902 年)製造のレンガ造貯水池と明治41 年(1908 年)製造の鉄筋コンクリート造浄水池は。国登録の有形文化財であり、今も現役の施設として使用されている良質な湧水である走水の水源は。本市にとって市内唯一の水源です。通常時は水道水として給水し、地震等の災害時には貴重な非常用の水源となる。 
 
 ヴエルニーの水  
 
 貯水池の前には国道16 号線を挟んで横須賀市・走水水源地管理センターの建物があり前はそれを囲むレンガ塀にあるヴェルニー像の水瓶から流れ出る水で道行く人がのどをうるおす事が出来た。
ところがテレビで放映され味の良さが評判となり、タンクやペットボトル等をいくつも持参し長時間駐車し多量の水を汲む業者とおぼしき人が増え交通事故等の発生する危険な事態となり水道局は給水をストップ胸像のある部分を鉄製のカバーで塞いでしまった
 
 現在でも走水の湧水の水質は良好ですが、より一層安心して利用いただくために平成20 年(2008年)には膜ろ過設備を導入した。
この膜ろ過設備は通常は1,000 ㎥/日の湧水を処理し。メダカセンサーや水質自動測定装置で24時間監視して、より安全で良質な水道水を届けている。この水は、走水の湧水を利用した水道水でフランス人ヴェルニーが、明治9 年(1876 年)横須賀造船所の用水として送水した。
また、明治41 年(1908 年)12 月、市営水道として小川町、大滝町、若松町の人々に給水された。
市営水道給水開始100 周年を記念して、走水水源地に膜ろ過設備や駐車場、水飲み場などを整備し走水湧水「ヴェルニーの水」の提供を開始した。
この水は年間を通じて水温や水量が一定でカルシウムやマグネシウムなどのミネラルを多く含む、国内では比較的珍しい硬度130 の中硬水である。
肉やパスタ料理とよく合い。コーヒーに使うと味がまろやかになると言われてています。
 
 
 走水水源地レンガ造貯水池 
 
 走水の水源群 
 
 

JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN