本文へスキップ

 

湘南便り 7

     

横須賀の景観 7

はしりみずじんじゃ

走水神社 

あわれ弟橘媛、身を海に投じ、日本武尊を渡らせたまう。

 
 

走水の地名は、すでに古事記(712年)や日本書紀(720年)の中に表れています。大和朝廷時代には、上総(千葉県)を経て東北地方に渡る最も便利な道として、この地方に古東海道が通じておりました。

 走水神社の祭神は、日本武尊(やまとたけるのみこと)とその后弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)の二柱です。神社の創建された年代については、享保年間の火災で、神社の記録や社宝が焼失してしまったのでわかりません。

 伝説では、景行天皇の即位四十年(110)、東夷征討の命を受けた日本武尊が、この走水から上総へ渡られるにあたり、村民に「冠」を賜りましたので、冠を石櫃(いしびつ)に納めて、その上に社殿を建て、尊を祭ったことに始まると伝えています。日本武尊が渡海の際、海上が荒れ、いまにも舟が沈みそうになりました。海神の怒りであると考えられた弟橘媛命は、

 さねさしさがむのをぬにもゆるひの

     ほなかにたちてとひしきみはも

の歌を残し、尊に代わって海に身を投じ、風波を鎮めました。弟橘媛命は、もと旗山崎に橘神社として祭られていましたが、その地が軍用地に買収されたため、明治四十二年、この神社に祭られました。

 明治四十三年六月、弟橘媛命の歌碑が、東郷平八郎、乃木希典(のぎまれすけ)など七名士により、社殿の裏手に建てられました。

 社殿の階段下の右側にある「舵の碑」は、弟橘媛命の崇高な行いにあやかり、航海の安全を願って国際婦人年(昭和五十年)を機に、また、左側にある「包丁塚(ほうちょうづか)」は、走水の住人大伴黒主(おおとものくろぬし)が日本武尊に料理を献じて喜ばれたとの古事により、包丁への感謝と鳥獣魚介類の霊を慰めるため、昭和四十八年に建てられたものです。

 

包丁塚は走水の住人であった大伴黒主(尊が命名)が,日本武尊にハマグリの料理を献上して喜ばれた故事から,包丁への感謝と鳥獣魚介類の供養のため,昭和41年11月(1966年)神奈川県調理師協会が発起となり,調理業界をはじめ一般の方々の浄財により建立されました。以降,供養祭が行われていますが,年により開催日が異なります。因みに,2009年は5月6日に行われました。

 

           
 
     
  • 横須賀市営水道給水開始100周年(平成203月)に水汲み場が出来るまで利用した数少ない横須賀市内の湧水でした
  • 場所は走水市営水道(伊勢町)の至近距離で富士山よりこの辺一体に湧き出ていると言われております。
 
 
 

JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN