本文へスキップ

 

湘南便りTOP

     

  横須賀の景観1
  平成22年6月 横須賀の海自OB早瀬氏から横須賀の景観のお便りを頂きました、神奈川県横須賀市はペリー来航以来歴史に残る著名な遺跡や施設が多く残る街です、この便りの場所はあまり知られていない隠れた場所ですが歴史的な価値のある場所と言えます、ご存知のある方もおられると思いますが、近くの方はぜひ訪ねてみてください。      JINSAN


  
横須賀の景観2
  平成22年7月 横須賀の景観その2

横須賀市の早瀬氏シリーズ2 灯明台と観音崎灯台に関する資料を頂きました。観音崎灯台は横須賀の名所の第1位に相当するものと思っております、海国日本の歴史を代表するものと言えます。写真と共に解説を参考にしてください。                  JINSAN

  
横須賀の景観3
  平成22年8月 横須賀の景観その3

横須賀市の早瀬氏の景観シリーズ3 は浦賀の渡し船、対岸は陸路続きであるのですがひょうたん型の浦賀湾を最短距離で結ぶ全国でも珍しい海の道です。

  
横須賀の景観4
   平成22年10月 七釜・田浦トンネルと田浦駅

古から三浦半島は平地が少なく山と山を抜ける谷戸が生活の路でした、明治以降近代化の進む中ででいち早く鉄道が敷かれに従いやがて谷戸はトンネルに変わり横須賀はトンネルの多い街となりました、今回早瀬さんからは横須賀のトンネルの歴史についての資料を頂きましたので紹介します。

  
横須賀の景観5
   平成22年11月1日 新井堀割水路
   
新井堀割は吾妻島と船越間の狭い水道で戦後米軍の弾薬庫や燃料庫などが有り当時は限られた船舶下通航できなかった記憶が有ります。
早瀬兄の資料によると最近は軍港めぐりの観光コースとか、時代の変化をしみじみと感じます

  横須賀の景観6
   平成23年5月2日
走水水源地は・フランス人技師ヴェルニーが明治41 年(1908 年)12 月25 日に旧軍施設の一部を譲り受けなどして市内に給水を開始し、平成20 年(2008 年)12 月25 日で市営水道給水開始100 周年を迎えた。

  横須賀の景観7
   平成23年8月15日
 
走水神社の祭神は、日本武尊(やまとたけるのみこと)とその后弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)の二柱です。神社の創建された年代については、享保年間の火災で、神社の記録や社宝が焼失してしまったのでわかりません。









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN