文へスキップ

 

下北便り 28年10月

先月のレポートへ

台風で苦しめられた9月もいつの間にか過ぎ爽やかな秋空の10月、運動会など、スポーツの季節ですが、実は運動会は10月ではなく5月に変更されている学校などが沢山有るということをテレビで知りました、10月はまだ気温が高く熱中症の症状が多発するため子供の安全を考え5月に変更したと言う。 いよいよ日本の四季の気温も変化しつつあるのでしょうかね。 秋晴れの空の下紅葉を愛でながら散策の楽しみも熱中症に気を付けながらほどほどにと言うことでしょうか。
下北からの第1報がとどきました 釜臥山の紅葉も間もなくでしょう
             じんさん
第1報 10月10日 めっきり色めく下北
第2報 10月20日 紅葉シーズンの下北散策
第3報 10月26日 奥薬研の紅葉風景   
 
  
 
第1報 10月10日 めっきり秋めく下北

このところ忙しく台風が発生するも本土には影響せず幸いです。
10月も早や10日、めっきり秋めいて朝晩はストーブが恋しい時節となってきました。先月下旬から知人の通夜、親戚の通夜・葬儀、そして昨日は家内の他界後大層お世話になっていた燐家の奥さんが急逝、12、13日の通夜・葬儀予定で、立て続けの不幸続きに接し悲哀の気持ちで
PCキーを叩いています。
1日は秋晴れとなったので、5年前に亡妻と最後のレジャーになるとは露知らず訪れて来た脇野沢の野猿公苑へ追悼ツアーしてきました。5日には所用で下の郵便局へ行った帰途、海岸沿いを散策して来た折の珍しく無風、ベタ凪の様子など撮ってきたので送ります写真、A〜C 1日、D〜Gは5日に撮影したものです。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
青森県むつ市大湊浜町33-15
S.Fujimoto
&Fax:0175-24-2710
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
A 川内支所からの眺望 中央は釜臥山
B 脇野沢愛宕山公園から鯛島を望む
C 道の駅「わきのさわ」
D 蔦紅葉始まる
E 秋に花を付ける珍しい樹
F 秋晴れでベタ凪の大湊浜町海岸
G ノンビリ陽を浴びるアベック鴨
H けたたましいエンジン音を挙げて高速で出港してゆく漁船
第2報  10月20日 紅葉シーズンの下北散策

隣家の葬儀では、世話役から写真記録を依頼され、ビデオ撮りした
ためこれの整理中、食用菊が収穫期となり収穫作業、屋敷周囲や畑の
草が茫々でこれの除草等々でバタバタしているうちに10月中旬も
アッという間に過ぎてしまいました。
朝夕はぐっと冷え込むようになりストーブは常用態勢となっています。
 15日は快晴に恵まれたので気晴らしに新聞報道された東通村
尻労地区にある国内最大級といわれる猿ヶ森砂丘を初めて見てきました。
南方遠くまで広がる砂浜と岸辺の奇岩の風景はなかなか見応えがありました。

 
尻労(しちかり)には昭和時代に一度行ったことがあり、記憶では
ちっぽけな漁港だったのに、行ってみたら立派な近代漁港に変貌
していて吃驚しました。
これも潤沢な原発交付金で行われたインフラ整備の一環なのでしょう。
 尻労在住の舞練同期宅を訪問、20数年振りに歓談、小田野沢の
海洋観測所勤務時から近くの松山の松茸狩りをしていた彼は、今も
時季が来ると出向いて収穫しており、今年はなかなかの豊作だった
そうで、超特大の1本を頂いてきました。
 18、19日は連日雲一つない快晴に恵まれたので、昨19日川内渓流
の様子見に行ってきました。
山もみじやウルシは色付いてましたが、全般的にはまだ早く、4〜5日
したら見頃になるでしょう。
 TVでも、県内各地の紅葉だよりの放送が始まり、これから来月初め
まで本格紅葉シーズンを迎え、観光客で賑わうことでしょう。
 川内渓流の紅葉景色等をご覧ください。
尻労漁港
尻労漁港 反対側より
猿が森砂丘
同上 奇岩
7日 「道の駅よこはま」 記事
7日 下北小唄 記事
12日 たんぼアート 記事
13日 薬研旅館 記事
13日 湧水井戸枠 記事
「蕩蕩水(とうとうすい)」現地
尻労の友人から貰った特大松茸 
 
18日 真東のドーム脇から昇る十八夜の月
19日 6時6分我が屋真正面(南東)
20日 十八夜残月を共に朝日を浴びた釜臥山、すっかり紅葉
「あじさい橋」下流側
あじさい橋 流側
「下戸橋」上流側
同 下流側
同付近の山もみじ
メインの「鶺鴒橋」
同 下流側
「あすなろ橋」上流側
同 下流側
第3報 10月26日  薬研渓流の紅葉風景

本26日は緩んだものの、21日以降ぐっと冷え込み
11月中旬並みの気候続きで、下北の紅葉も一段と進み、
見頃となったTV情報を得て23日薬研渓流へ行ってきました。
入り口の薬研橋では曇空でしたが、その後やや風が強かった
もののよく晴れて観光日和となり、休日と相俟って奥薬研
は観光客で賑わっていました。
 肝心の紅葉の方は、灌木系の黄色の色付きが良くなく、
まずまずと言ったところ、中間の「紅葉橋」付近は
さっぱりの感でした。
例の「乙女橋」周辺は一番の紅葉具合で見応えがありましたので
ご覧下さい。
 奥菜薬研付近では気温8度くらいで寒く、カメラを持つ手が
凍える感じ(歳の所為??・・・)で、何時もなら
目につくカメムシの姿は全く無しでした。 

 昨25日はこの秋一番の冷え込みで、むつの公式最低気温は
氷点下0.1度、本日夕の青森気象情報では、
”明日は雪になる所が有るかも、今年の初雪は昨年より
一月早くなりそう” との有り難くない予報で、
思わず身が縮む思いでした。・・・桑原々々 (*_*;

薬研橋 上流方向
同 下流方向
薬研渓流入り口 PAのもみじ
「紅葉橋」からのビューポイントですがまだ色付き浅かった
「大滝」では見頃でした
以下4景は最高だった、「乙女橋」付近の景観です
同上
同上
同上
奥薬研入り口付近から上方向
同 下流方向
渓流端より「奥薬研橋」を望む
同所より下流方向、右は「新河童の湯」


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN