文へスキップ

 

下北便り 28年11月

先月のレポートへ

紅葉の下北のベストシーズン10月もいつの間にか過ぎ、秋にお別れを告げる立冬からいよいよ冬の始まりですね、10月末には初雪が降ったと、便りをいただきましたが、さて11月の様子は如何でしょう、冬支度で忙しいことと察しています、名残惜しい秋の風景を頂きました、下北地方の自然や産業、行政にも変化が有るようです、変わらぬ釜臥山の風景とともに下北の初冬風景を見せていただきましょう。
             じんさん
第1報 晩秋から初冬へ下の北里風景
第2報 釜臥山薄化粧
  
 
  
 
第1報 
先月29日からの急激な寒波の襲来で畑作物の取入れや家周り
の越冬準備等々多忙を極め、バタバタしている間に立冬も過ぎて
しまいました。
明9日には平地でも積雪との予報で、今日は慌てて、遅れていた
大根掘りや鉢植えの取り込みを行いましたが、午後からは無情の
雨となってしまい後はどうにでもなれ・・・と諦め気分です。
 昨8日は10日振りに晴れたので昼食後2時間ほどあちこち駆け
回って里の紅葉風景を撮ってきたので3分割して送ります。
里の紅葉風景 2/3 「せせらぎ公園・芦崎湾・水源池公園」

 12月中旬並みの大寒波襲来で全国的に冷え込んでますが、
当地では予報どおり朝から時々雪が降っています。(3/3、最後の写真)
まだ、氷点下になってないので、融けていますが、今夜から
明朝にかけては恐らく積雪するでしょう。
 早期の寒波到来で一つだけ ”いいこと” があります、例の
「カメムシ」襲来、平常ならば目下真っ盛りの時期なので大い
に助かっています。
 水源池公園は、黄色系の楓が丁度見頃で行く秋を惜しんで
いるかのようでした。
いつまで見ていても飽きない景観をご覧ください。

里の紅葉風景3/3 水源池公園続き・新聞記事

 本9日の降雪で当地秋の終結も早まり愈々冬へ向かうのみと
なり侘しい思いひとしおです。
春先には、今年は津軽方面にも足を伸ばそうと思ってましたが、
そのうちに・・と思っているうちに行かず終いになって仕舞い残念
至極、これも八十路を迎えた齢の所為でしょうか??? ((+_+))

 予てから予定されていた下北地方でも最大規模の収容数を誇る
「ホテルニュー薬研」が7日午前営業を終了し、S45(1970)年
建築以来半世紀近い歴史に幕を下ろし閉館しました。
 思えばS47年初秋、中通群司令部勤務時、故阿曽沼群司令
に随伴して出来立てでピカピカの同ホテルに宿泊したことや、
町内会行楽行事で幾度も世話になったこと等懐かしく回想され、
真に残念、感慨無量です。
 詳細は添付記事をご覧下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
青森県むつ市大湊浜町33-15
S.Fujimoto
&Fax:0175-24-2710
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
早掛沼公園
同上
同上
早掛沼公園雪吊開始
墓地公園入り口の庭園
中央町市役所附近にて(国道338号)
同上 ナナカマドの実
「せせらぎ公園」は初冬風景
芦崎湾、ずっと沖合に水鳥の群れ見ゆ
ズームして白鳥、鴨等の群れを望む
水源池ダムを水源池大橋より見下ろす
大橋を背にダムを山手より望む
初冬風景の水源池公園中段区
同上 池をいれて
同上 楓の上下像
水面像ズーム
黄と薄紅のコラボが見事
見頃に色付いた楓
薬研ホテル記事 7日
薬研ホテル記事 8日
初雪到来 9日10時撮影 気温2度 (自宅計)
第2報 11月10日  釜臥山薄化粧

9日の天気予報 ”平地でも積雪” は2センチほどの降雪で、
平地では積雪せず、冬タイヤへの交換不要に終わりラッキーでした。
それでも植生類は覆雪し、うっすら雪景色になったものの昼前
には殆ど消えました。
 昨10日、ドーム脇道路を通ったら釜臥山麓から南方に真っ直ぐ
伸びる二層雲の珍しい風景が目に止まり収めてきました。
釜臥山は薄化粧し、スキー場は白くなり、初氷も張りました。

二層雲の左側部
二層雲の右側部


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN