文へスキップ

 

下北便り 28年6月

先月のレポートへ

早いもので5月も終わりました。6月に入ると陸奥湾は賑やかになりますね、近年は大型旅客船が日本周航旅行の観光客を乗せて陸奥湾を訪れたり海上自衛隊の訓練が行われたり、下北半島は活動の季節となるのですね。
早速観光クルーズ船にっぽん丸が大平岸壁に入港した様子を拝見、克雪ドームに負けない大きさにびっくりしました。
          じんさん
第1報 にっぽん丸入港
第2報 下北梅雨近況
第3報 かもしか来訪の下北近況
  
 
    第1報 6月7日
本州南部地方は梅雨入りしたようですが、当地方は
6月に入ってから3日に小雨が降ったほかは晴天続き、
昨日、今日は澄み切った紺碧の青空で爽やかな快晴でした。

 下北観光活性化事業としてむつ市長が昨年から
大型クルーズ船の大湊港への入港促進に力を入れており、
今年は6隻が入港する予定で、第1船の「にっぽん丸」
が昨6日入港し、市を挙げての歓迎行事が行われました。

 今日は、好天だったので時々通っている横浜町の
手延べ蕎麦が美味い「そば処」に足を伸ばし、帰途
初めてナマコで有名な横浜漁港を覗いてきました。

 帰宅後久し振りのウォーキング路で街路樹
「ヤマボウシ」の開花を見掛けましたが、春先の
高温異常気候のせいなのか、花数が少なく、
花を付けていない樹も多く見られ何時もと様子
が違っていました。 以上下北近況でした。 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
青森県むつ市大湊浜町33-15
S.Fujimoto
&Fax:0175-24-2710
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
6月6日 開花のサボテン
6月6日 大平岸壁に横付けした「にっぽん丸」
同対岸 「下北埠頭」より
6月7日 にっぽん丸記事
6月7日 ヤマボウシ開花
6月7日 横浜漁港での眺望
第2報  6月16日 下北梅雨近況

 最低気温が平年より高めの好天続きで畑作物や
家周りの雑草の生育が非常に早く、畑作業や除草
作業に追われる毎日で6月もアレヨアレヨと思う
間に6月も半ばを過ぎてしまいました。

 12日に当地方も梅雨入りが発表され、
オホーツク高気圧が張り出て典型的な梅雨型気圧
配置となり、ここ5日ほど毎日ヤマセ(冷たい北寄りの風
)が吹き、愚図ついた天気となっています。

 関東では少雨で利根川流域のダムが枯渇し始めて
取水制限に入ったようで、西日本を除き少雨傾向の
模様、むつでも5日間での降雨量はたった10ミリ
余りと矢張り渇水傾向の梅雨となっています。

1 現役時代に、東京市ヶ谷、函館の勤務を終え
S52年に大湊勤務 に復帰して以来40年、
隣同士として暮らしてきました燐家の奥山氏 
(海自OB、大湊警備隊総務班長在任時の
港務隊長、平成10年頃 から独居生活)、
S3年生まれで米寿を過ぎても元気盛りもり、
冬でも 道路の積雪時を除き日常の買い物は、
、モーター付き自転車で 頑張っていましたが、
4月下旬に買い物の帰りに、坂を上りきって自宅
 への通路に差し掛かったところで転倒、足を痛めて
入院していましたが、 歩けるようにはならず
、先日10日に退院したものの独居生活は出来 
なくなり、埼玉県在住の妹さん宅で暮らすことと
なってしまいました。
 もう、復帰することはなく、家は取り壊しする
とのこと、親しい隣人が居 なくなってしまい大変
哀しい思いをしております。

2 11日、亡妻とよく行った尻屋街道の途中に
ある山中の牧場を想い出し 目指したのですが、
辺りはすっかり変貌して、道路は立派になっており、
 写真のような駐車場のある場所に出ました。
 立看板を見たら「野牛川海浜・湖沼公園」なる
太陽光パネル電灯設備の 整った立派な処でした。
 下北北部の山中なので勿論人っこ一人見当たらず
、原電交付金で 整備されたものと思われるが、
活用されているものやら、なんか勿体ない気持ち
ひとしきりでした。

3 好天続きで、農作物の生育も1旬ほど進んで
、極めて順調に育って いるので紹介しましょう。
 昨年まで作っていたカトリック幼稚園上の畑は、
スギナや雑草の繁茂が 激しく、手に負えなくなり
、今年から耕作を止めました。

以上、近況でした。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
青森県むつ市大湊浜町33-15
S.Fujimoto
&Fax:0175-24-2710
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
隣家 奥山宅(右奥)
野牛公園案内板
野牛公園寄付き広場-1駐車場
畑作物ー1
畑作物2
畑作物-3
畑作物-4 きゅうり
畑作物ー5 カラーピーマン・ししとう
昨年まで作っていた畑
紅白クジャクサボテン開花
第3報  6月26日  カモシカが来訪 下北近況

18日と昨25日午後一時晴れ間が出たほかは前報以降当地も
鬱陶しい梅雨空続き、カッとした日照りが恋しいこの頃です。
雨量の方は相変わらず少な目でやっと100ミリそこそこ、
九州や西日本に取られてしまっている感じ・・・??ですネ。
 14日昼過ぎ、若いカモシカが自宅前の草原に姿を見せ、
夕方まで座り込んでましたが、23日に、また現れ、全く同
じ場所で座り込んで休息してました、どうやらお気に入りの
場所になったみたいです。
 本年は畑作物も含め植物の生育が平年より10日ほど
進んでいて、畑隅に植えてあるスグリも例に違わず早く
稔ったので、いつもは7月初めに収穫しているのに今年は
24日に収穫しました。
大豊作で8Kg超あり、半分は近所へお分けしました。
スーパーでも売っていますが、150g入りのパックで
100円もしています。  (3時間ほどじっくり煮込んで
ジャムにし、通年膳に添えて食しています。)
以前は、このスグリの繁みの陰に必ず足長蜂が小さな
可愛い巣を下げていて、邪魔しないよう気を遣ったものですが、
このところ見掛けなくなってしまい、雀たち同様小動物達が
どんどん居なくなっていくのは寂しい限りです。
 以上近況と、田舎館田んぼアートの記事と共に近影を送ります。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
青森県むつ市大湊浜町33-15
S.Fujimoto
&Fax:0175-24-2710
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
19日 DD114すずなみ「M」錨泊 電線が視野を妨害 
23日(1419)カモシカ出現
1421座り込む
24日収穫期を迎えた畑隅のスグリの樹
同 鈴なりの実
収獲したスグリの実の半分(約4キロ)
小パックはスーパーで販売している¥100円分(約150グラム)
24日1405小雨に霧、うす青空も覗く梅雨空の陸奥湾眺望
田んぼアート記事
石アート記事


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN