文へスキップ

 

下北便り 28年9月

先月のレポートへ

ひと月に3っの台風が続けて日本を襲った8月は異常気象では有るのですが、何やら日本の地理的環境の恒常的な変化が始まったような不気味さが感じられます。
9月を迎えたむつ市では早くも秋の兆候を感じる様です、いまだ夏日の関東では、下北の涼風を画像で楽しみながら秋の到来を待っています。
          じんさん

第1報 9月4日 初秋の兆候
第2報 9月10日 夏から秋へ 初秋の下北近況 
第3報 9月15日 下北ジオパーク認定
第4報 9月27日 10号台風後の薬研、川内渓流の様子
 
  
 
   第1報 9月4日 初秋の兆候
曲者迷走台風10号は、30日、前代未聞の東北の太平洋側から上陸後東北地方を縦断して青森県を直撃、下北は暴風圏の右半円に巻き込まれ、午後から強い東風が連吹し始めたので荒天準備第1配備を完了して備えましたが、20:30〜21:30最強となったものの、幸い風雨共に予想外に弱く、最大瞬間風速31m、雨量は40ミリ足らずと大禍なく経過しました。
台風一過で2日ほどはよく晴れ上がり日中は夏日となりましたが、その後はヤマセが段々強まり、9月に入ってからは梅雨めいた天気続きで朝晩はひんやりとして肌寒さを感じる昨今です。
8月26日寒冷前線通過後は北からの冷涼高気圧に覆われ、爽やかな青空となり、景色も秋めいて来ました。
 昨3、今日4日と恒例 ”大湊祭り” が催行され、本日午後は船山車の合同運行でしたが、昨年同様、川守町が不参加で3町のみ、浜町のメイン通りでも観衆はまばらで過去一番の寂しい祭り風景でした。
26日の初秋風景、及び9月5日の朝刊の大湊祭り等関連記事を送ります。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
青森県むつ市大湊浜町33-15
S.Fujimoto
&Fax:0175-24-2710
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
8月27日 初秋風景 ドーム裏にて
8月27日 初秋風景 ドーム東側広場
8月27日 初秋風景 大湊漁港付近より釜臥山眺望
8月27日 初秋風景 ドーム南の真砂町海岸より遥か八甲田連峰を望む
8月27日 初秋風景 カトリック幼稚園・ドーム展望
8月31日 台風記事
9月3日 田圃アート記事
9月4日 大湊祭り
9月5日 大湊祭り記事
第2報 9月10日  夏から秋へ 初秋の下北近況

アッ!と思う間に9月も中旬になります。
1日と7日に夏日だったほかは最高気温が
20度前後の涼しい日続きとなっています。

朝晩は15度前後で夏掛けから厚手の
秋布団に切り替えました。
 運動不足気味だったので昨日は久し振りに
ウオーキングコースを巡ってきましたが、
先般の台風で街路樹のヤマボウシは、
葉が枯れるなどの被害をが目立ち、本年は
開花当時から花数が少なかったのですが、
実は殆ど付いておらず、3本の木にぽつん成っている
実を見付けるのがやっとという次第でした。

秋の格好の餌としてご相伴に預かっている付近在住?
・・・の烏はさぞかし落胆していることでしょう!!!

 ドーム向かい側に昨年開業したチップ工場は
本格的な操業に入っており、周り一帯は材料の
原木が山積みになっています。
以上、大平岸壁周辺の近況と関連記事2件を送りましょう。
被風害のヤマボウシ
同じく被風害のヤマボウシ 見るも無残
やっと見つけたヤマボウシの実
稼動が軌道に乗ったチップ工場 周囲は山積みの原木材が一杯
護衛艦帰港記事 
尻屋崎灯台記事
第3報  9月15日  下北ジオパーク認定

9月も中旬に入ってぐっと涼しくなり、12日は最低気温12度、13、14日は最高気温も20度に達せず、今朝は濃霧に包まれましたが以後よく晴れ上がり夜には中秋の名月が陸奥湾を煌煌と照らしています。
 H26年から認定を申請していた下北の「日本ジオパーク」構想、このたび2度目の再挑戦でやっと認定にこぎ着け、
市長はじめ住民一同喜びに浸っています。

 12日、城ケ沢海岸沿いの赤松街道(国道279号)を通って (@_@)・・・、数本の松の木が折れたり、根こそぎ倒伏したりの惨状を目の当たりにしてきました。先日の台風10号でやられたのでしょう。
昔からの折角の赤松並木も台無しになってしまい残念です。

関連記事、赤松の惨状写真を送りますのでご覧下さい。

9月5日 ジオパーク記事
同 ジオパーク記事2
同 ジオパーク記事3
9月12日 被害の赤松1
同 被害の赤松2
同 被害の赤松3
同 被害の赤松4
同 被害の赤松5
同 被害の赤松6
同 被害の赤松7
9月15日 安渡館記事
9月15日 朝の濃霧風景
9月15日 中秋の満月
第4報 9月27日 10号台風後の薬研、川内渓流の様子

暦は容赦なく進み9月も残り3日となりました。
先日来めっきり秋めいていましたが、昨日、今日は夏日が戻っています。 でも、窓ガラスには大型のカメムシが姿を見せるようになり、この秋は寒さが早いのでは?・・・と思われます。
先島諸島は目下猛烈台風17号に襲われたいへんの真最中、幸い10号以外本土を襲った台風はなく経過してますが、台風本番の季節はこれからなので気は緩められないでしょう。
 台風10号の影響はなかっただろうかと思い、12日に川内渓流、21日に薬研渓流の状況を視察に行ってきました。
両渓流とも、洪水はあったようで、崖崩れの恐れ箇所(川内渓流遊歩道)や、流木残留など(薬研渓流)傷み箇所が目につきましたが、紅葉樹木への影響はあまり無かったようで安心しました。
 状況写真と、最近の関連記事を送りますのでご覧下さい。



9月12日 崖崩れ対策された道路
9月12日 水量豊かな川内渓流「大滝」
9月12日 通行止め表示の川内渓流最上流「あすなろ橋」
9月20日 水源池ダム
9月21日 田んぼアート
 
 9月21日 薬研渓流入り口 PA
9月21日 色づき始めた山モミジ
9月21日 紅葉のビューポイント」「薬研橋」上からの眺望
9月21日 「紅葉橋」
9月21日 同所の焚き上流で工事中のため濁水
9月21日 水量豊富で轟音轟く「大滝」
9月21日 こんな高所に残る洪水流木
9月21日 崩落が心配される同所の路側
9月21日 路側の若いブナの木に実が・・
今年は豊富らしい、右下は中栗大の実
9月21日 老朽進む渓流展望台
9月21日 「ジオパーク構想」幟の目立つ修景公園
9月21日 同「奥薬研橋」
同「奥薬研橋」
色づき始めた稲田には珍しい案山子、途路小目名にて
9月23日 墓参
9月25日 稲刈り始まった東通村鹿橋地区
9月27日 釜臥山かけ


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN