本文へスキップ

 

平成28年藤本さんの下北歳時記

 下北便りはむつ市大湊在住の元海自幹部 藤本 智氏から毎月送って頂いている大湊の風土記とも言えるレポートです、藤本氏御自身で撮影された写真と供に懐かしい大湊の行事や、最近の下北半島の様子を月ごとに届けて頂いています。

平成28年(2016年)は自然現象に伴う災害は前年より少なく済んだように感じますが、火災や、交通事故など人為的な事故が多く、特に新潟県糸魚川市の大火は過去20年で最大の延焼が発生し、飛び火による火事の拡大と狭隘な町の道路が消火の妨げになったのも記憶に新しいものです。
他方国際的な問題では米国の大統領の選挙で騒がしかった1年でした、おおよその予想を裏切ってトランプ氏が当選、29年がとんでもない年にならないかと心配しながらの年末を迎えました。さて今年は一体どうなるのか我が国の将来が心配です。
また天皇陛下が初めて自ら退位の希望をお話になり、皇室の今後のあり方に国民全体の関心が深まった年でした。
韓国は、朴槿恵(パク・クネ)大統領が職権停止の状況となり韓国内の左翼勢力の動きが活発になり慰安婦問題の蒸し返しなど韓国の混乱は収まらないまま年を越しました。
沖縄問題の県知事反政府運動により基地移転工事が進まない事などなんとも歯がゆい年でしたが裁判の結果知事の決定は認められず、振出しに戻りましたが、相変わらず知事の反日本姿勢はそのままで基地移転工事の反対行動を続ける様です。
年末には恒例の一文字が決まり 「金」 競技の金メダルなのか、経済不安の金か判りませんがどちらにしても日本国民は能天気なのです。
さて平成29年はどのような一文字で終わるのでしょうか「戦」の字ではないことを祈りましょう。
   管理者 JINSAN
平成28年の下北便りの1年間の記録です。1年を通して再読すると下北の人々のおよその生活態様が伺われます、大湊に勤務したOBも過去を思い出す縁になれば幸い、またいまだ大湊勤務を発令されていない現職の人にも参考となれば幸いと思います。(呵々)
  
        ページ管理 JINSAN