文へスキップ

 

下北便り 29年7月

先月のレポートへ
  7月初頭 小型台風の過ぎ去ったあと台風一過と思ってましたが九州北部はいまだ経験したことが無いほどの豪雨に見舞われ大変な被害を受けました。梅雨前線が停滞し九州北部では降雨が続く中被害の詳細がまだつかめず、復旧もはかどらない状況です。天候回復と復旧が進むのを祈るばかりです。
 下北半島は降雨比較的少なく豪雨等の被害は無かったようですが、反面かってない高温に見舞われたようです。クーラーを使っての下北半島の夏便りをいただきました。
  じんさん
第1報 7月10日 梅雨とは思えぬ夏花たけなわ下北便り
第2報 7月16日 干ばつに慈雨

  7月の下北は 夏花たけなわ 
 最近は月日の経過が余りにも早くて文月もアッと思う間に中旬、日本の代表的雨の季節である梅雨はかって無い異常振りで、雨は西日本に集中してしまい、他の地域では極めて少雨な珍奇な梅雨となっています。
昨年は地震で大打撃を受け、今年は想像を絶する豪雨と、北九州はほんとうにお気の毒、慰めの言葉も浮かびません。
 当下北地方も先月下旬からほぼ晴天続きで、この6日からはカンカン照りの夏日続きで、昨日は夜になっても気温が下がらず、早々とクーラーの世話になった次第です。
 本格的な暑さを迎え、家の周りでは、紫陽花、花菖蒲、立葵等の夏花が真っ盛りなので紹介します。

 一昨日から3日続きの30度超の真夏日となっていますが、湿度は60%余と低いのでカラッとして割に凌ぎ易い気候となっています。
 庭先に3株のブルーベリーを栽培していますが、今年は実の付きがよく、大豊作、いつもなら7月末に熟し始めますが、今年は滅法早く、一昨日初収穫しました。
 夏風邪を患って以来、どうも体調が芳しくないので、今年は未だネブタ製作小屋に行っていませんが、順調に進捗しているようです。
以上、近況でした。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
青森県むつ市大湊浜町33-15
S.Fujimoto
&Fax:0175-24-2710
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
7月5日 紫陽花1
7月9日 紫陽花2
7月9日 紫陽花3
7月9日 紫陽花4
7月9日 紫陽花5
7月9日 紫陽花6
6月30日 花菖蒲
7月4日 花菖蒲2
7月5日 花菖蒲3
7月5日 花菖蒲4
7月7日 花菖蒲5
7月9日 立葵 八重咲
7月9日 同 ピンク
7月9日 立葵 白
 6月30日 アスチルベ
6月30日 クレマチス
6月30日 シンビジウム
 7月9日 スイトピー
7月3日 首長サボテン?
7月9日 アルスとロメリアピンク
7月9日 同 黄色
文月 十六夜の月 7月9日 19:35
第2報  7月16日 旱ばつに慈雨

北九州方面の集中豪雨はどうやら収まったが、
今日は青森津軽地方を含む北日本、北海道
小樽方面がやられているようで、異常づく
めのこの梅雨はいつ終わるものやら気掛かりです。

 当地では5日に少々の雨が降って
以来連日晴天の夏日続き、一昨日、昨日は
30度超の真夏日となり、昨日は夜になっても
室内気温が27度から下がらず熱帯夜となり
、就寝時までエアコンで寝室を冷やす羽目に遭いました。

今朝起床時にはもう27度で、今日もまた、
暑くなるかなと覚悟しまたが、8時過ぎから
久し振りの雨が降り出し、気温も22度に急降下

現在久し振りに涼しい昼下がりとなっています。
干ばつ気味で畑土はパサパサに乾き切り、
一雨欲しいと願っていた矢先、30ミリ
余りの降雨で恵みのお湿りとなっており
ホッとしている次第。

 晴天続きで順調に生育していた馬鈴薯、
急に葉が黒ずんで枯れ始めたので、調べて
みると葉裏に ”てんとう虫の幼虫” がびっしりで
吃驚、毎年発生する現象なので駆除している
のですが、今年は異常な晴天続きで急発生し、
数が夥しくアッと思う間に食害を
まともに受けてしまいました。

薯はまだ小さく今月末
までは成長期なので、少しでも葉を温存
しようと炎天下午後3時過ぎから2時間
ほど3日間かけて駆除しましたが、果たして
効果があるのやら?・・・心配です。 ((+_+))

食害を受けた馬鈴薯 12日
葉の裏にはてんとう虫の幼虫がびっしり
首長サボテン2番咲き開花準備 12日 16:48
開花 13日 07:22
沖泊まりのDD-103&DD-114 15日
DD-103 ゆうだち
DD-114 すずなみ
田んぼアート見頃 15日


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN