文へスキップ

 

下北便り 29年5月

先月のレポートへ

   夘月4月も過ぎゴールデンウイークの娯楽季節、憲法記念日、子供の日、緊迫する国際情勢を知ってか知らずか、我が国は新聞もテレビも、娯楽や健康、ぜいたく食品探究などに浮かれています。

下北の桜は矢張り5月に入ってからが本番でしょう。
恒例のむつ市桜まつりが4月末から始まった様です。本土最後の桜花は如何でしょうか?
                   じんさん
第1報  むつ桜まつり(4月29日から5月5日)
第2報  下北半島のGW
第3報  新緑萌えるむつ
  
 
   むつ桜便り その1 宇田児童公園、水源池公園

 足早に北上してきた桜前線、むつ地区でも昨年同様27日に一斉に花し、天気も良くなったので27日、市内主要の公園、28日早掛沼公園、大畑さくらロードを回って来ましたが、案の定鳥食害が酷く以前のような密度の濃い見事な花付きは見られず、比較的良い樹でも頂部梢には花が無い状態、それでも水源池公園、運動公園はまあなんとか見られる状態でしたが、早掛沼公園、大畑さくらロードはこれまでで最悪、殆ど丸裸の状態で、見られるものではありませんでした。
 あまり良い写真はありませんが、3回に分けて送ってみましょう。 
       〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
       青森県むつ市大湊浜町33-15
       S.Fujimoto
       &Fax:0175-24-2710
       〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
1 宇田児童公園(1) 花付の良い樹
2 宇田児童公園(2) ほとんどスケスケです
3 平成24年は見事な花付きでした
4 宇田児童公園(3) 宇田三叉路方面、
中央附近が写真01の花付の良い樹
5 昨年の同所
6 水源池公園入口、
今年は、看板、公園内のぼんぼりも設置されていました 
7 水源池公園入口上方の花をUPしてみました
8 水源公園中段会場にて
9 水源池公園、同所ズーム
 10 水源池公園 そめいよしの でない桜です
11 同所の花付の良い樹、まだ八分咲き
12 水源池公園定番釜臥山と水源池大橋
むつ桜便り その2 運動公園、大湊小学校ほか

 「むつ桜まつり」は、29日〜5月5日で、メインの早掛沼公園では、
田名部中学校吹奏楽部演奏会や青森放送カラオケ選手権大会、
水源池公園では、中、高校吹奏楽演奏会(3)、青森県出身プロ
歌手の歌謡ショー(2)、バンド演奏(2)など盛り沢山の催事が
予定されていますが、恒例の水源池ダムのライトアップは
行われないようてす。
 週間予報では2日以外は好天に恵まれるようなので、各所とも
賑わうものと思われますが、桜は昨日が満開で、花見シーズンは
ピークを過ぎたようです。
 
13 公民館跡地1 過去最悪、左上は昨年の画像
14 同 別アングル、右下はH23年
15 大湊小学校、右下は昨年
16 大湊小学校下、ほぼ全滅状態
17 同 昨年の画像
18 運動公園南端より役700mの桜並並木
19 同昨年の画像です
20 運動公園の代表ビューポイントですが・・・
21 同所の昨年の画像です
22 中央団地北緑地、
此処は市街地で交通量の多い交差点に接して
いるので食害が少なく比較的良態でした
23 同所 花付が最高でした
むつさくら祭り その3

昨30日に午後一時雲が出たほかは、27日以来概ね好天の
行楽日和続きで、今年は絶好のGWとなっています。
29日には、恒例の芦崎潮干狩りが行われましたが、稚貝植え
していた昔と違って今は自然養殖のみ、2〜3年前から日程を
1日のみとされたが漁獲量は年々減少して人気も下がり、今年は
写真のように人出もまばらな状況でした。
 早掛沼公園はむつの代表桜まつり会場としてメディアの桜便りで
報道されますが、郊外の山野地にあるため、鳥食害が最も酷く、
近年、本年のような状況が常態となっており、メディア情報を頼りに
市外から訪れる観桜客は花無しの酷状に落胆させられている現状です。
むしろ水源池公園を紹介した方が良いのでは?と思う心境です。
 
 以上で、落胆のむつ桜便りを終わります。

 
24 早掛沼公園入口、ここは花全滅でした
25 同 メインポイント
26 同所H24年画像
27 大畑さくらロード
28 メインビューポイントですが花が薄くて見映えしません
29 田んぼアート記事
30 「むつ桜まつり」記事
31 潮干狩り記事
32 海望館展望所寄りの潮干狩り風景、
近年は一頃の人気も冷め、人出は少ない
33 同所 UP
34 航空隊付近に人影なし
第2報  5月5日 下北半島のGW

大型連休も終盤を迎え、TVでは帰省列車の混雑、
車渋滞状況報道が始まり今年のGWもいよいよ
終わりですね。29日から好天に恵まれ、今日は
薄雲が広がり始めましたが2〜4日の3日間は
紺碧の青空を仰ぐ快晴でした。

 昨日は、脇野沢野猿公苑方面にツアーして、
新緑が萌え始めた下北半島の南西沿岸部
をゆっくり行楽してきました。

脇野沢「道の駅」のある野猿公苑では
、さすが連休とあって大勢の観光客で賑わっていました。

勇壮なオートバイ族や、遠来(川越No.もありましたヨ!)
のマイカーが目に付きGWならではの風景を見せていました。

 水源池ダムのライトアップについては、まつり広報では
報じてませんでしたが、例年どおり行われていました。
むつの桜に関する記事と合わせ紹介しましょう。
ウソ食害 新聞記事
大畑桜ロード 記事
水源地ダム 大橋よりのライトアップ光景
同 正面より
同 左脇から
同 右斜め下方より
川内町蠣崎海岸「春の海 ひねもすのたり のたりかな」
山桜満開 脇野沢 野猿公苑にて
さすが連休、道の駅駐車場には遠来の車が目立ちました 
第3報 5月18日  新緑萌えるむつ   


連休中に発症した手足の筋肉痛、なかなか良くならず、8日には発熱して、全身が気だるくなって気分優れず、掛かり付け医に受診、”かぜ”とのことで抗生物質注射と5日間の服薬治療で何とか快方に向かい、本18日、ほぼ回復し、やっと平常生活ができるようになり、ホッとしたところです。
  独居生活者とて、健康保持にはかなり気を付けいいるところですが、昨年の夏風邪や今回の春風邪罹患で、80の大台を超えた我が身の程を痛感するこの頃です。
12日頃からオホーツク高気圧の張り出しで、ぐっと気温が下がり、ジリッコ(霧雨)けぶる鬱っとおしい北国特有の梅雨空が続きましたが、昨日から爽快な五月晴の空に戻り、ツツジが咲き、新緑萌える初夏の陽気となっております。
 久し振りに早掛沼公園を覗いてみたら、満開の八重桜とツツジが咲き始めており、また、珍しい「御衣黄」の桜が可愛い花を広げていました。
 「御衣黄」は、江戸時代中期から見られ、花の色が平安貴族の着物(御衣)に用いられた萌黄色に近いため、このような名前が付いたと言われています。
 開花時は淡い緑色ですが、だんだんと黄緑色に変わり、満開時には中心部が筋状に赤くなります。
 早掛沼公園にある御衣黄桜は、昭和37年頃、「日本桜の会」より保存奨励のために寄贈されたものです。

以上、近況でした。
一番咲きの孔雀サボテン
庭木の花(樹名不詳)
満開の八重桜「早掛沼公園」にて
御衣黄
早掛沼越しに釜臥山を望む
8分咲きのレンゲツツジ
「せせらぎ公園」は新緑真っ盛り


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN