文へスキップ

 

下北便り 30年 初夏〜夏へ(5月〜9月)

先月のレポートへ
 釜臥山の雪もすっかり消えて平成30年の初夏を迎えた下北からのたよりには、春から続いて初夏の五月も全体に季節が先行し変動が有るとのことです。
今年の夏は厳しいとか、また急変する近年の大気の変動で災害が起きる心配が有ります、新しい年号をまじかに、平穏な気候の時節を望みますね。
これから先の下北が無事である様祈ります。
        じんさん
5月第1報 5月26日 五月晴れ
6月第2報 6月5日  川内渓流の緑濃き景観
6月第3報 6月28日 夏花繚乱
7月第1報 7月1日   咲き乱れる夏の花
7月最終報 7月31日 酷暑の7月
8月の便り 8月3日  霧雨の中のネブタ祭り
8月最終報 8月31日 夏は終わりぬ
9月最終報 9月29日 冷雨の中の大湊祭り 

5月第1報 26日五月晴れ

観桜が終わり春到来と思いきや夏になったり、
冬に戻ったりで相変わらずの超異常気象続きで
モタついているうちに5月も終わりに近づいて
しまいました。
 体調不良(筋痛)は一向に良くならず、
相変わらずの苦難の生活ですが、何とか生
活を維持しています。
 当地は目下新緑の真っ只中、
今日は五月晴れに恵まれたので久し
振りに近郊を覗いてきました。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
青森県むつ市大湊浜町33-15
S.Fujimoto
&Fax:0175-24-2710
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜 
5月12日 横浜町”菜の花フェス”
新緑萌える”せせらぎ公園” 5月26日
宇田”水源池公園” ツツジと新緑が丁度見頃
スキー場を望む
6月4日 下北の緑濃き渓流風景

6月に入って4日連続の快晴、昨日、今日はむつも夏日となりました。
幸い低湿度なので爽やかな夏日でした。
 昨3日は久し振りに弁当持参で川内渓流を散策し、最後に川内川の
最上流地にある ”かわうち湖” (ダム湖百選の一つ、レイクサイトパーク
として野平高原交流センター(レイクハウス)がある)まで行き英気を
養ってきました。
好天の休日とあって観光客で結構賑わっていました。
 緑濃き渓流風景をご覧あれ。
 
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
青森県むつ市大湊浜町33-15
S.Fujimoto
&Fax:0175-24-2710
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
ツツジ道路(1) 国道279号、大曲3丁目から野辺地方向 6月2日
ツツジ道路(2)同 大湊方向を望む
ツツジ道路(3)散り始めのツツジ
川内渓流 あじさい橋にて 6月3日
下戸ケ淵上流方向
同 下流方向
大滝公園セキレイ橋から大滝を望む
最上流、あすなろ橋
同橋から下流方向を望む
ダム湖百選に指定されている”かわうち湖”、中央付近に噴水有り
噴水アップ 
 
 同付近で見られた山ツツジ
 
 秋に赤い実となる”ガマズミ”の花
 
6月28日 夏花繚乱

 夏至も過ぎて日が短くなり始めました。
23日はむつも27度と夏が来たかと思ったら
一転昨26日は冷たい西風が入って夜はストーブ
の世話になりました。 気温の激変にお構いなく
花壇には夏の花が繚乱しています。
孔雀サボテン 
 
キョウガノコ 
 
ハナショウブ 
 
スイトピー 
 
アストロメリア ピンク
 
アストロメリア イエロー
 
ルピナス 
 
アジサイ 
 
シンビジュウム 
 
花名不詳 野草 
 
花名不詳 野草 
 
7月1日 咲き乱れる夏花

本年も後半に入りました。
今日は、むつも高温多湿の夏日となりましたが、夜になると涼しく
なってくるのが北国の良いところです。
 家の周りでは、夏花が続々咲き続け賑やかです。
我が家の屋根トタンも10年を経過したので塗り替え作業中ですが、
あと1週間は梅雨空続きで暫くは休止といったところです。
 
首長サボテン 
 
首長サボテン 
 
ハナショウブ 
 
立葵白 
 
クレマチィスなんとかカモシカに食われず無事 
 
蛍袋 
 
 不明の野草花
 
 ハナショウブ白
 
ペンキ塗り替え中の自宅 
 
7月31日 7月最終報

未曽有の大雨で西日本に壊滅的被害をもたらし、今度は身を焼くような酷暑、更には日本列島を舐め尽くすように超異常コースを辿って西進し、未だ九州南方で息張っている台風12号と、歴史的な記録を残した魔の7月も今日で終わり、明日からは夏本番の葉月、長期予報によると厳しい残暑が続く由、改めて地球温暖化の大影響が懸念される昨今です。
 そんな折での当地の話題を紹介しましょう。
写真1 珍らしい蝉 7月19日          
 写真2 真夏の代表的な花 モントブレチア 7月20日
  写真3 屋根塗装終了 7月20日。          
    写真4 大湊漁港の船火事 7月23日           
    写真5 クルーズ客船「日本丸」が入港、7月27日     


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
青森県むつ市大湊浜町33-15
S.Fujimoto
&Fax:0175-24-2710
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜 
写真1 昭和の時代には大湊でも夏になると 
種々の蝉の鳴き声が賑やかでしたが、最近は
日暮らし蝉の声も聞こえず、ほんとに寂しい折、
これまでに見たこともない珍しい蝉が姿を見せました。
残念ながら鳴くことなく飛び去りました。 
 
2 真夏の代表的な花で鮮やかな深紅が真夏に似合います。 
 
 3 懸案だった屋根トタンの塗装も終り、
      一安心、雪の滑り止め金具を設置しています。 
 
4 塗装屋さんとの買い物の帰途、海岸通りを通ったら、
大湊漁港で、火災を発生した遊覧船に遭遇、所有者は市会議員
、奥さんが艇長で入港中にエンジンから出火したとのこと幸い
奥さんは無事救出されましたが、付近は数台の
消防車や大勢のやじ馬で大変な騒ぎでした。 
 
 5 今年初のクルーズ客船「日本丸」が入港、
大平岸壁では市主催の歓迎行事で賑わいました
 
8月3日  梅雨空の中 ネブタ祭り

異常な梅雨の大雨、西日本の猛暑、近日の局所的猛烈雷雨等々、
すっかり狂ってしまった今年の気候、ほんとうに恐ろし状況を目の
当たりにして心が痛む毎日、数十年に一度の異常現象などと
言われていますが、急速に悪化し始めた地球温暖化が原因
なのは否めないのではないでしょうか???!!!
 前置きはさて置き、たいへん遅ればせになりましたが、
大湊ネブタは運行133周年ということで8月3日から3日間の
計画で催行されましたが、むつ市花火大会と併行で行われた
初日の町内運行は何とか夏らしい晴天に恵まれたものの、
合同運行の残り二日は生憎雨降りとなってしまい、ビニール覆い
をしたままの姿しか見られない結末でした。
 天候不安定な状況ですが、恒例のネブタ祭り、
大湊浜町本部前に赴きビデオ動画より
収録した記録写真を紹介します。
なお、各町のネブタは整理中ですので出来次第紹介しようと
思っております。
 ちなみに、当地では昨28日、今日29日と霧雨(ジリッコ)
模様の小寒い梅雨気候で朝夕ストーブの世話になっています。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
青森県むつ市大湊浜町33-15
S.Fujimoto
&Fax:0175-24-2710
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜 
大湊浜町ネブタ下絵と解説 
 
3日の初日観光協会主催の花火、自宅ベランダにて 
 
浜町ネブタ正面写真 
 
大湊浜町本部前を通過する大湊浜町ネブタ 
 
同 踊り手 
 
同 音響(太鼓と囃子) 
 
新聞報道記事 
 
8月31日 8月最終報 

日本列島に想像を絶する未曽有の大災害をもたらした悪夢の
ような葉月8月も今日で終わり、今度は本格的台風シーズンの
9月を迎えますが、この異常気象現象、数十年に一度と言われて
いるものの地球温暖化が一因であることは否めないものと思われ、
今後常態化することが懸念される近年です。
 農作物の育成、草花の開花等従来より一週間ほど早まった
ものの季節は止まることなく移ろっています。
 幸い当下北地方は西部脇野沢、川内方面を除きこれらの
影響は比較的少ないく幸いと言ったところ、但し一日の寒暖の
差が大きく、昼間は夏衣、夜は冬衣に着換える等、体調管理に
苦労している昨今です。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
青森県むつ市大湊浜町33-15
S.Fujimoto
&Fax:0175-24-2710
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜 
写真1 7月1日 恐山が山開きし、午前6時の開門とともに
      県内外の参拝客や外国人観光客で賑わいました。 
 
2 大湊ネブタ初日の運行と併せ、
むつ市観光協会主催の
花火大会が催行されました。 
 
 3 8月3〜5日、大湊の恒例イベント大湊ネブタが133
      周年を祝って運行されました。写真は大湊浜町本部前
      を通行する大湊浜町ネブタ。 
 
4 同 報道記事 
 
5 船名不詳の帆船が2日〜28日まで
芦崎沖に長期碇泊しました。 
 
 6 8月27日
 クルーズ客船「にっぽん丸」が2年振りに
      大湊港に入港し午後横浜港向け出港しました。
  
 
7 朝の冷え込みが強いせいか、
ナナカマドが紅葉し始めました、
今年は春先気候がよかったせいか
実の付きは豊作です。  
9月最終報 9月29日 恒例大湊祭り

日本列島に最悪の災害をもたらした9月もようやく終りなれど、
引く続く西日本の大雨に加え、超大型台風24号が日本本土を
縦断する見込で、はたまた大きな災害を覚悟しなくてはならない
ようです。
 当地では25日以降20度に至らぬ寒い日が続いて、10月
下旬から11月並みの気候となっており、日中でもストーブを
欠かせない生活を送っています。
一部 略
 9月8、9日恒例の大湊祭が催行されましたがネブタ同様に
雨降りとなってしまい、参加人員も少なく、初日の昼の運行は
できない状況、夜は確認できませんでした。
 2日目は何とか運行できたものの、山車の曳手は少なく、
賑やかだった子供の旗持ち行列、華やかに着飾った女児の
稚児行列の姿はなく、全く寂しいお祭りでした。

 写真1 9月9日 大湊祭先行のお神輿
    2  同   大湊祭主行列の舟山車(何れも大湊浜町)
    3 9月18日 強いヤマセ(北東風)の吹き出しで、
      台風のような大荒れの大湊漁港
    4 9月26日 秋分の夕刻、見事な夕焼け風景がみられました


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
青森県むつ市大湊浜町33-15
S.Fujimoto
&Fax:0175-24-2710
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜 
写真1 9月9日 大湊祭先行のお神輿 
 
2  同   大湊祭主行列の舟山車(何れも大湊浜町) 
 
3 9月18日 強いヤマセ(北東風)の吹き出しで、 
 
4 9月26日 秋分の夕刻、見事な夕焼け風景がみられました 
 
10月1日 台風一過の朝
台風24号9月30日 本当に恐怖い台風でしたネ。
幸い予想より大分東方を通過したため、大湊では20m
程度の風と80oの降雨で終わり、花壇のダリヤが倒れた
くらいで大きな被害無くヤレヤレでした。
 昼過ぎには、見事な虹が陸奥湾にかかり見事でした。 
 


S・Fujimoto さんへ
平成30年の夏から秋への便り、たくさんの風景や景色、そして細部にわたっての解説や説明を送っていただき下北大湊の生活色豊かな便りでした、いよいよこれから錦秋の秋から雪に埋もれる冬の季節、そして若草の萌え出ずる新しい年の春を迎えようとしています、この夏期は災害が多発して大変でした。これからの年月が平穏であるように祈りつつ。初夏か夏への便りを閉じます。  お体くれぐれもお大事にしてください。
JINSAN より

 


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN