本文へスキップ

 

老朗の旅日記(北京の巻)

 国土も人口も大きすぎる国中国2008年夏季オリンピックを目指して発展著しい首都北京の最新情報をお届けします。九州福岡在住のめんたい不老人こと中西氏提供の旅日記です

 
 今回の旅は2月初旬に極寒の中国北京へ3泊4日≪5つの世界遺産の旅≫で老朗夫婦(65歳・61歳)が珍道中を楽しもうと日本海を越えて数年前まで近くて遠かった中国へと飛び立ちました。その老朗夫婦が朗々に浪々な旅して率直に感じた思い出を旅日記につづったものです

その旅立ちへの経緯は今年1月に志賀高原スキーで北京駐在5年経験された家族と一緒になり、中国の冬は寒いけれど雪も雨も殆ど無く、通常日本人が思っている程環境は悪くはないので先入観無しに行く事でしょう、まして2月は一般的に寒いと思われ、旅は敬遠されがちの時期で非常に安く楽に旅出来るでしょうとの薦めを受け、前から一度行きたい数千年の歴史ある中国北京に的を絞ったのです。
 また去年行く予定のアジア圏はSARS騒動で動静を見ているうちに何処にも動けず仕舞の1年が経ち、旅不足のモヤモヤが蓄積する年で有った事も一つの要因でした。
 そして今年も特に中国では鳥インフルエンザ・SARSと懸念が強く残っており少し心配でしたが、思い切って急遽旅行社をあたってみました。それが運良く初夢格安ツアー ≪福岡空港発大連経由の北京行き (成田・関空経由の煩わしさ無し)で、現地ガイド付き、全食事付き≫ の格安なツアーに出会い、それに加えて中国旅行は去年秋?から日本人の短期旅行者にはビザ(査証)不要と成りました。去年だと旅行業者経由の入手が必要で(約¥7,000.-程度/1人)のビザが必要だったのが、パスポートのみの手軽さで行けるようになり、今回は手間と費用が一層無くなり気楽に行ける《果報は寝て待て》と成り、気軽に突如行くことに成った情況です。
 今回の旅で福岡空港から添乗員無しとなると、旅行社手配の航空券を受取り後はおのおの自分達で現地まで行き、空港到着口で現地ガイドが大きな日本語のプラカードを掲げ待っており、その乱立するプラカードを探しながら自分達は指定バッジを付けてお互い知らない外国人同士がめぐり合うシステムなので少し不安であり、スリルを感じます。(このスリルと云えるのは両者がスムースにめぐり合えた後に言える事です)そんな不安感を持ちながら、顔には出さずニッコリと平静ぶって15:30福岡国際空港から大連経由となる北京行き中国国際航空での機上の人と成りました。

 窓の外を眺めると、果てしない雲海の上を飛ぶばかりで仙人にでもなった気分ですが、先ず経由地での乗換がスムースでハプニングが起らない事を心に祈りつつ機内案内(北京語?英語、たまに日本語も有り)がある度に耳を集中です。そこに1人だけ日本人スチュワーデスが乗っている事が途中で判って心安らかな心地に成れました。

 機内では大連まで空席のはずだった隣席に大きな手荷物の関係で途中から急遽若い女性客が座り、日本人?と思い退屈さと旅は道ずれとばかりに日本語で声を掛けてみると、中国の瀋陽(大連〜瀋陽は列車で4時間)から福岡の九産大に留学して春休みで大連経由親元まで帰省する所との事です。日本(特に福岡)は家族的で中国より住み易く住んで居る人達が羨ましい、福岡で生活出来て嬉しく幸せに思っている。
 父母共働いており自分には姉妹も無く1人子で先々寂しいくて心細い。今福岡の焼とり屋でアルバイトして留学生活をしており、中国の一般サラリーマンは平均給与2万円程度で通常留学は考えられない。
 しかし瀋陽の日本語専門学校の世話で留学して父母や親族多数の援助と世話に成って留学している状況・・・等の話をしながら中国の国内情勢も聞き少し前知識を得ようと大連に着くまで長く会話をしました。

 そうする内に大連空港到着間近となり、数多くの煙突から煙が多く出ており港工業都市らしく多少どんよりとしており、私の修学旅行時に7色の煙が北九州(鉄の街八幡)の空を覆っていた事を連想、そして空港エプロンにはミグ戦闘機が布カバーを掛けられた状態で15機程度待機して居り冷戦時の異様な緊張感も有ります。この大連はロシアの租借地であった時代から日本の租借地に替わり、日本人が多く住んでいた時代は日本のデパート、銀行の建物があり今でも日本人街の名残が多く残っている街です。
 そこで中国の地を踏む前に現地中国時間に腕時計の時間修正です。中国は日本よりー1時間で針を遅らせながら何か得をする感じです。歳を同じ様に行く場所により数年遅らせる事が出来ると若返りの旅する人が増えるだろう!と思います。
 福岡空港から満席近い乗客は大連で殆ど降りて、同乗の日本人観光の団体客15人程度も、私達と一緒になる団体?と思っていたのに違って、大連で降りた様子です。乗換で審査へ行くのは10数人程度となりパスポートの色を見ると赤(紺)色の日本人は4人(ビジネス風)だけ、ヒョットして我々と同じ観光仲間は居ないのでは?とそこで又々少し心細くにもなりました。

 大連では機内持込み荷物はそのままで一旦降りて出た通路で乗換用トランジットカードを受取り、乗換口へと急ぐとここで検温カメラが待ち受けて、体調質問用紙(日本語入り)に健康状態を記入して軍服姿(警察姿?)の係員に提出、次に入国審査で余分な質問をされない様にと、数少ない言葉《知っているのはニイハオ、シェイシェイ程度》の不安を抱え言葉の通じないまま何とか中国への入国手続・審査を通過しました。ここでほっとしてイ尓好ニイハオ・謝謝シェイシェイ!!
  その大連空港内の待合所(トランジット)では店舗が閉まっており、待ち時間の1時間弱を仕方なく緊張ほぐしに万国共通のイラストを頼りに気になるトイレへと行ってみました。手洗は少し質素ですが日本以上の清潔感でビックリです。しかしトイレットペーパーが空でどこにも無く、アレッと先ずあわてるでしょう。(その後北京でもホテル以外では大きな公・私トイレ男女共ペーパーは無く空でポケットティッシュの必要性を感じその後の要注意点と成りました)
 その紙に関しては最近博多港からコンテナーで古紙の中国向け輸出が最大となっているニュースを見た理由も関連が有りそうです。紙にする木が中国は少なく世界の古紙を輸入しているようで、日本でも衰退していた古紙回収業者が復活再燃して採算が合うようです。

 経由地大連空港では1時間弱待ちをしたあと再度同じ飛行機 (大連で中国の国内線に切替る) に乗ると、大連から乗込んで来た中国(ビジネス・商人風)の人で満席状態となり北京へと大連を飛び立ちったのは夕暮れでした。
 大連空港近くの住宅は全部6階程度の鉄筋?住宅が多く群れを成して建並んでいるのに灯りが一切見えず電力不足の節電配給制?との思いで機外を眺めると、夕闇の中の中国は旧正月の最終日で大連(北京)の街のあちこちで大きな打上げ花火を上げている様子を機上から真近くに眺められ、上空から打上げ花火を下に観る一風変わった楽しい光景を経験しました。中国到着後確かめると中国全体の電化や工場が急激に増え続け電力不足で工場も稼動不足との事でした。
 
 そうして夜の北京首都国際空港に18:40(日本時間19:40)無事着きました。現地ガイド付きの海外旅行では毎回手違い無くうまくめぐり合うだろうか? ピックアップが無ければ言葉はサッパリだしどうしようか? と頭の中を次々不安がよぎり、心配性であれば胃がキューと痛く成る瞬間です。
 そして到着出口の扉を出た先で多くの出迎えプラカードは挙がっているのですが、どれが自分達の出迎えプラカードだか判らずにキョロキョロしてたたずんでいると、若い男女1組が近づき 『△△旅行社の□□旅での○○さんでしょう』 と少し片言風わかり易い日本語でプラカードを見せられ 『おぅガイドさんに会えた!』 と安心して心から 『ニイハオ、シェイシェイ』 と知っている限りの言葉が出て来ました。

 ところが通常はここで同じグループの旅行者が集まり 『旅行中よろしく』 とお互い挨拶するはずですが、我々夫婦2人と現地ガイドさんだけで福岡からの旅を共にする同胞が居なくキョトン! 大連で心細く感じた予感が当たったか? と思っていると『2人だけですから乗用車で夕食とホテルに案内します』 と云われ案内されるまま駐車場に行き、格安ツアーなのに2人専用ガイド付きで良いのかなとチョッピリ贅沢だね! このままあと3日ラッキーが続けばと願いつつ車上の人と成りました。(鳥ウィルス・SARSの影響は相当大きく?敬遠気味で旅行者の少ないのにラッキー)
 北京国際空港の建屋内は照明度が日本の半分程度で薄暗いと言いたいのですが、明るくはないとの表現が穏やかでしょう。空港から27kmの市内中心地へ向う都市高速道路は片側4〜5車線(両側10車線)の大阪御堂筋線道路(樹木無し)よりやや広い状態を想像すれば判り易いでしょう。しかし広大にとった立体交差は数多くこれが当り前のごとく有り立派な道路です。

 夕食のため市内で大きなレストラン(上海料理)に都市高速道を経て30分程度で案内され、この店の玄関では4人ほどのスラリと背の高い女性チャイナドレス姿での歓迎です。上海料理の目玉「上海カニ」の時期外れで特に珍しいものも無く7品程度での上海料理(薄味が特長)でした。多くの中国人5〜6人グループや家族が歓談しながら楽しそうに食事している様子は日本のちょっとしたレストラン風景と変わり無く、私たち老朗夫婦も中国本土で始めての料理に舌づつみを打ちました。
 ここで 『北京ビール1本20元(260円)ですが飲みますか?』 と現地ガイドに言われ、早速味を楽しみに注文して飲みましたが苦味を感じない日本の発泡酒ビールに近い味のようでした。サッポロビールと提携との事でしたが味は似ていない様に思います。(ここでは中国元に両替していないので中国元の持ち合せなくビール代を現地ガイドさんに借金と相成りました)

 食事中に日本では無い出来事が始まりました。ウエイトレスとは違ってスタイルの良いチャイナドレス着用の女性がそばに来て、紫がかった濃い茶色の石彫り急須、そして同材質のぐい飲み大ぐらいのカップへ丁寧に中国茶をそそいでサービスしてくれながら 『この急須の石は中国○○地方で採れる原石から全て手掘りで彫刻した値打ちある急須で、ミネラルがお湯ににじみ出て中国茶とマッチし、健康に良く美味しいお茶です。どうぞ飲んで下さい』と流暢な日本語での説明でした。それを飲んで美味しいと感じられず、けげんそうな顔をして首を傾けると 『何回も飲むと味が判ります』 と言い 『この茶器セットは日本円で1万円するが特別安く日本貨幣で良いから7千円にするので買えば得だよ!』 との商売でした。・・・・こんな商売有り?
 華僑式商魂たくましい洗礼に出会ってビックリです。 これでは上海料理の味も少し吹飛んで忘れそうになりながらレストランを後にする事に成りました。腹ごしらえが出来て次にチョットしたホテルに案内され玄関ロビーの天井も高く広々として居り、ツアー料金から想像していたよりランク上で、繁華街から少し離れた所に位置し落ち着けそうで『予想より良かった!』 と思いホットしたのが実感でした。(到着までどんなホテルかなと未知なるホテルに少し期待するのも旅の楽しみの一つです)
このホテルのカウンターで両替も可能で公式レート¥15円が手数料含み¥13円となり(中国では銀行もホテルも両替手数料は殆ど変わらない)、1万円を769元と交換して、そして早速ガイドさんに立替えてもらっていた夕食のビール代20元の借金払いをして、ここで現地中国元を始めて使いました。
 数十年程前の台湾旅行の時に両替した時を思い出しました。両替したお札が多すぎ分厚くて財布に入らず、全部一緒に二つ折りも出来ないため持ち歩きに困った経験をした事です。中国の数年前までも同じだったようで、埼玉在住の『三遊亭歌之助』落語(鹿児島弁でのシャベリを特徴にしている)で札束が厚く困って皆より早くとわれ勝ちに使ったとの笑い話があります。現在はそんな事は無く10枚程度の日本より小振りなお札で簡単に財布に収まりました。
 日本の円はこれから立寄るみやげ物店等でそのまま使えるところが多いとガイドさんから聞き両替はとりあえず最小限としました。特に帰国時には中国元が多く残っても、中国で両替した時受取る証明書の1/2しか日本円に戻せないとの事です。

 両替をして冷静に考えると自分はバカな事をしているのかなと思い始めました。レストランでビールの中ビン1本が20元です。1元=13円だから260円です。私達日本人は店で飲む場合に少し安い価格と思うでしょうがこれが落とし穴で間違いのもと?中国の260円の価値は給料差で日本の2,600円のビールと同じ価値です。日本の夜にスナックや銀座で飲む様に非常に高いのです。≪旅行会社とレストランとの連携利得?それとも贅沢税?こんなの有りでしょうか?≫ このビール価格? について帰国するまで探求しなかった謎でした。この後の旅行中も不思議に紹興酒や中国酒を勧められないのも謎?でした。

 そうしてロビーに居るところに、東京から日本人観光客9人がホテルに着き、明日からこの東京グループ9人と観光・食事全てを伴にするとの事で、新しいガイドとグループ紹介を受けバトンタッチされました。 明日は7時朝食で8:40分早朝にホテル出発との説明が有り、第1日は外出の元気も無いまま部屋のルームキーカードをもって各自部屋に入り就寝する事に成りました。
 ホテルはロビーを離れ照明の暗い廊下を進んで部屋に入ると、広くて清潔でエヤコンもしっかりと働いており寒さを感じず、水もミネラル水の大型容器に自動湯沸かし器が連結して、水・お湯が即使用出来るため安心してこれなら3泊出来るとの感じです。
スリッパが透いた和紙風で作られ、毎日取替え用意される消耗品で、又歯ブラシが動物の毛で細く腰が有り日本のナイロン毛より歯茎の肌触りが良く使い心地満点で日本のホテルで出される物より格段に良く買って帰りたいと思う程です。
 ここで中国第1夜の風呂に入り、暖かい部屋での就寝(10:00)となりました。 ★★★・・・

 ≪空港迎えの女性ガイド(劉穎リュウエイ)さんはE−メールアドレスを持っており、メールアドレスが有れば教えて欲しい由でこちらのメールアドレスを知らせたところ、帰国後数日して中国から始めての国際Eメール(日本語)が届き近況交信可能と成りました。≫
 北京2日目は5時前に目が覚め日本でいつもウォーキングする体内時計がそのまま作動続けているようです。
早速散歩がてらホテルの外に出ると暗い上寒くて(−7℃)近隣を探索する余裕も無く直ぐ暖かいホテル内に入る有様でした。 7時丁度を待ち兼ねる様にホテル内の朝食レストランに行くと50種程度のバイキングで種類豊富な暖かいものが多く、中華と洋(パン食等)でしたが、まんとう(中華蒸しパン)も4種類有り、目玉焼きを希望すると暖簾の付いた屋台風の場所で焼いて貰え熱々が食べられて、1時間近くゆっくりと色々物色しながら味わい、味も美味しく心地よい朝食で毎朝が楽しみの一つと成り滑り出し上々です。

 さて北京2日目で観光初日の出発です。部屋を出る前に気になるのが、トイレットペーパーで紙は有っても非常に少なく予備無しです。それで枕元メモに 『我困手紙少、我要手紙多希望』 と我流の即席中国語風メモを書き残し、通じるものか試す事にして、このメモが今日の観光から返ってくる楽しみの一つが出来ました。このチョットした謎かけも旅の楽しみ!!
 8時30分ホテル玄関ロビーに集合で楽しみにしていた本格的観光2日目がスタートです。今日は期待の 『頤和園=いわえん』 『万里の長城』観光です。メンバーは東京からの9人グループと一緒で、その内訳は男同士2人+女同士2人の2組に男1人の全員大学生(卒業旅行含む)それに1組の男性ロシア人・女性日本人夫婦と我々老朗夫婦の合わせて11人です。そして中国人ガイド+運転手によるマイクロバスでの観光スタートです。

 さて北京は中国の首都で政治の中心都市、人口1,300万人で(福岡市130万人の10倍)、面積は1万7千uで四国とほぼ同じ面積、北緯は日本の秋田の位置になる様で歩く時の道路の凍結が心配です。ホテル近くや、昨夜車から夜の街を見た情況では街路面はカラカラで凍結も無く想像以上の安心な様子です。寒い中(外気温は昼2℃夜−7℃)でしたが道路には地上に雪や凍った所も無く歩くのに不自由では無さそうです。実は北海道冬の札幌街路歩きの経験から滑って大変だったので、靴に巻く滑り止め用に用意していたロープも用無しとなり無駄な心配に大笑いでした。
 
 昨夜は夜で暗くて街の状景が良く見えなかったのですが、今朝見ると都市高速等朝のラッシュなのか車も思ったより多く走っているわりに渋滞も無く、乗用車の80%は欧州車でピカピカに手入れされたワーゲン、アウディ、ベンツの順位で、あと韓国車、日本車(トヨタ、ホンダ、三菱、日産)の順で走っているように見えます。一方トラック類はほとんど泥で汚れており、少しみすぼらしいガタガタ車の多いようすですが見かたではいかめしいようにも見えます。

 朝一番に通る道路は天安門前を一直線で走る広大な道路でビックリです。片側4車線+自転車道+歩道で計12車線の広い幅が有り、京都〜大阪間の距離に匹敵する45kmの長い距離を曲がる事無く市街地の真ん中を一直線に広大な道路が在るのも日本では出来ない立派さです。(非常時には飛行機の滑走路に、また重装備車両が走れるやもと言われているとか?想像は絶えません)
 
 この巨大な道路の作り方も中国では至って簡単だそうです。建設予定地近隣に高層住宅を建て、予定地に住んでいた人は移転させられその良い環境に住む事になり、道路や公共の建物が見る間に建設されるようです。この簡単な方法は個人所有の土地が一切無く、住まいも国からの借用だからそうです。最近やっとマンションの借用権利を買えるようになり日本円で2,000万円程度との事です。それにしても日本の貨幣価値で2億円程度? 社会主義国の急激な民主化の中でどんな人が住むのかとの思いもします。
 そんな景気の良い状況を見聞きしながら、今日は先ず世界遺産@である≪頤和園イホーユアン(いわえん)≫観光です。
 頤和園は市外北西部にあり総面積290haと壮大で南に大きな昆明湖(人造湖)北に万寿山を背にした清代皇帝の壮大な離宮跡です。昆明湖は水面が全部カチカチに凍って真白でそれなりの風情が有ります。後に西太后が隠居所に選んだ中国最大の皇室庭園でもあり、歩いてじっくり見て廻ると2日程度はかかる大庭園を2時間程度の見学でした。

 福岡の大濠公園 (この日本の大きな池も人造湖です) の太鼓橋や柳風情が特に似ており、福岡ではジョギングコースとなる大きな大濠公園もこの頤和園と比べると、大濠公園はコビトか造った小さな箱庭に思えてなりません。
それと公園や街の中で気が付くのは我々が行った所は隅々までゴミが無く綺麗です。日本のような空き缶、空袋のゴミが人目に付かず年配の女性が清掃する姿をチラリとみられたので、定期的な清掃が行き届いている様子です。 

 今日の昼は広東風飲茶(食べ放題)の郊外レストランです。日本人に向く味で我らグループの皆が美味しいねとお腹一杯にして街から出て次の山岳地へと向かいました。途中池や河は完全に真っ白く凍り、氷に穴を開ける作業を所々で見かけ、魚漁の準備なのでしょう? そう云えば何処へ行っても少しの水面を見る事のない風景でした。道路の両側に時々ある並木には人の肩高さまで白色に塗られガードレール代わり?地上からの防虫除けなのかまたまた謎でした。

 次は世界遺産Aである 『万里の長城』の数ヶ所の観光箇所の内「八達嶺長城(はったつれいちょうじょう)」 に向かう途中で珍しい光景に出会いました。
 それはトラックやトレラーが溢れんばかりの荷を一杯積んで(如何して積んだかと思われるほど、荷物が溢れんばかりの積み方で、日本では許されない過積違反です)山間道路であえぎあえぎ人の歩行速度で登って行く様子は、日本で戦後間もない頃木炭自動車がノロノロと坂道をトンネルに向かって登る光景思い出しました。その遅いトラックを横目に我々の観光マイクロバスが難無く次々と追い越す様は何となく過去と現代が一緒にあるようなちぐはぐさを感じます。このように中国で一杯荷物を積んだ民間トラック等も平地では通常のスピードで走っており、そんなに遅く感じなかったのですが、坂道に来るとゆっくりと人が歩く早さのスピードまで落ちるトラックの状況を見ると、高馬力エンジンを積んだトラックの進歩がまだ民間トラックまで行渡っていない様子を感じ、外観から見てトラックやトレラートラックは純中国産の様で相当古い物を長く使っているように見えます。これも物を大切に長く使うか、経済成長に追って行けない歪なのか考えさせられる光景でしょう。
 このように中国で一杯荷物を積んだ民間トラック等も平地では通常のスピードで走っており、そんなに遅く感じなかったのですが、坂道に来るとゆっくりと人が歩く早さのスピードまで落ちるトラックの状況を見ると、高馬力エンジンを積んだトラックの進歩がまだ民間トラックまで行渡っていない様子を感じ、外観から見てトラックやトレラートラックは純中国産の様で相当古い物を長く使っているように見えます。これも物を大切に長く使うか、経済成長に追って行けない歪なのか考えさせられる光景でしょう。

 山間部でそんな光景を見る一方で、山の景色は緑が無く、太く高い樹木がない所だなぁとの印象です。(雨が少なく樹木が育たない?)中国何千年の歴史とうたわれるのでさぞ太い大木があちこちにあるものと想像し過ぎていたようです。むしろもろく崩れそうな石の岩肌が多い事でした。そして雑木林的低木と岩肌の占有面積は岩肌の方が70%程度で岩山と云った感じです。 その景色の中に目指す世界遺産『万里の長城』の一部が車の前方に小さく見えて来ました。
 
   車は駐車場に着きいよいよ世界遺産A ≪万里の長城=八達嶺長城≫観光の登行です。
 駐車場から≪万里の長城≫上り口部の通路では中国人の小物土産物立ち売りが声を掛けてきて、小物を売るのに一生懸命です。
 小物売りについて、ガイドの説明では現地ガイドが小物売りを制止する事は公には出来ず、制止すると営業妨害とみなされる事も有るようです。買う素振りをすると付きまとうので観光客自体がはっきりとNOと言うしぐさでハッキリ断って欲しいとの事です。また体が当たる様な事の無い様気を付けて、暴力行為のような言いがかりにのらない様注意を受けました。
 そうした中元気で急坂に自信のある人は左側方向へ(男坂)、急坂の嫌いな人は右に(女坂)、1時間内で行って戻ってくださいとの案内ガイドの指示です。ガイドと若者達は急坂方向に、ロシア人夫婦と我々老朗夫婦は右の女坂に別れて約6m幅程ある石畳の長城を中国人の多くの観光客に混じり、その中国人からは少し奇異な目(我々外人なのでしょう)で見られながら、ゴツゴツした石張りの緩やかな坂道や階段を登り始めました。

 長城歩行の途中ほぼ110m毎にある(とんだい=見張り台)を2箇所越えた頃から急な坂と成り、5箇所目の見張り台までなんとか行き着き、ここが周囲では一番高い見張り台の様で見晴らすと、延々何処までも長城が続き壮大で素晴らしい景色です。
 しかしここの寒さは生半可の寒さでなく、完全防寒でも山裾から吹き上げてくる風が強くほんとうに冷たく、手は手袋無しでは
冷たくて出したままにして置けず、おそらく−20℃以下は有ったでしょう。 見物をそこそこに素晴らしい世界遺産の景色を後にして戻り始めましたが、行きは良い々々、帰りは怖いで、下り坂方向を見ながら降りるのは背の高さ分高く感じるため、まるでジェットコースターの頂点で立っている感じとなり恐ろしく、よちよち歩きでやっと降りて来た状態でした。(スキーの時に銀世界の尾根部に立った時の恐怖感とはまた違った恐ろしさです)

 この万里の長城で数回のデジカメ記念撮影したのですが、途中でデジカメが急に作動しなくなり記念撮影が出来なく成るハプニングが起こりました。そのはずで高度の低い平地でも川・溜池は全て凍り、道はカラカラ乾燥して水気が無くなる寒さに、さらに高度差を加えた低温をもろに感じデジタルカメラも作動しなく成るのは当然だったようです。 この科学の最先端を行く電子機器も自然には弱く低い気温に敵わないようです。

後で我らグループの皆さんに聞くとデジカメは途中で皆低温の作動不良で使えなくなったと聞きました。 スキーの時にデジカメを使用しますがカメラを出したままにでは滑れないので使った後はヤッケの中に仕舞うため、同じ程度の寒さでこんな経験は無く良き体験でした。

 この 『万里の長城』 の壮大さはよくもこんな大掛かりな(全長6,000km=東京〜福岡間1,000kmの6倍となる)工事が大昔(紀元前210年秦の時代=日本の弥生時代)山間部に建造出来た事の偉大さは驚きで感そのものです。まるで山々の尾根を龍がくねくねと延々と見えなくなる先まで這っているように見えます。人工衛星からも肉眼で見えるこの大工事を≪素晴らしい≫と感嘆するばかりで言葉が有りません。
 そして万里の長城を後にして北京市内に帰る途中の薄暗いメイン道路では夕方のラッシュ時の追突事故に4件も出会いました。 もめている様子は日本と同じ様です。しかし日本のような渋滞は無くその横をスイスイと車の流れはアメンボウの動きのようで怖い感も有りました。

 その流れの中で車はタクシーが一番ボロ車で、あまり走りすぎて酷使されたせいなのか外観的にも古い感じのものが多いようです。その運転席のサイドと後ろに丈夫なネットが張って囲んでおり? 外から見ると運転手が網の檻に入って運転している様な異様さで、タクシー強盗が多いのかなと見受けました。中国では治安より急激な発展をし過ぎて、道徳より金銭主義の世界へと変わりつつ有るのか、身近なタクシー強盗も多くなって居るのではと推察してしまいます。
 
 この凍る寒い季節でも自転車通勤者も割りと有る様子です。自動車道の横に整備された車の一車線並の巾広い自転車専用道が区分されて有り、もう少し暖かい季節が来ると沢山の通勤自転車が行き交い一杯に成るのでしょう。ただバイクやオートバイ姿を1台も見かけなかったのは寒すぎるのか? 道路が凍る事を恐れるのか?他に何か原因があるのでしょうか?これも不思議でした。

 こうした交通や社会状況を見ながら次は今日2日目の夕食です。北京市内に戻り期待の北京ダックの料理です。北京ダックはスライス状にしたものを、餃子風の〈包み皮〉に他の野菜と一緒に包んで食べますが、〈包み皮〉が均等に伸びておらず、少しザラザラ感が有り、日本で食べる北京ダックより素雑な味の感じでした。(日本で食べる味の方が日本人向きなのでしょうか?)

 北京ダックは本場での目玉でも有り、期待していただけに少し期待はずれ。高熱加工されているとは言え鳥ウイルスに関係無いかなぁ!と少し案じてながら、熱が通って居いるので鳥インフルエンザは大丈夫と自分言い聞かせながらの食事でした。(ここでも食事終盤に絹パジャマ・七宝焼き小物・ヒスイのネックレス・イヤリング・時計等の雑貨商売が始まり連れて行かれる土産物店より安値感と柔軟性が有りましたがグループ皆が相手にしなくなり商売には成らなかったようです)

 その北京ダック2匹分の料理で腹ごしらえが出来満腹です。今日は多く歩いたせいか特に老朗夫婦は1日の疲れが感じられホテルでぐっすりお休みにする事にして、中国雑技団観劇やマッサージのオプションは取り止めとしました。 
 そしてホテルに帰り着き、今朝仕掛けたトイレットペーパーのメモが気になり成果を確かめると、今朝のメモが通じたのか当初の2倍程度に増量されていました。それでも多いとは云えなく日本の石油ショック時代を思いお越し中国も紙事情が悪いのかなア!?との思いです。
 今夜はこの成果を喜びながら風呂に入り明日を楽しみに2日目を終わりました。 スヤスヤ★★★・・・就寝。
* 中・日言葉で意味の異なる言葉:手紙=トイレットペーパー、 愛人=配偶者、情事=事実、汽車=自動車、=歩く・・等の異なる意味の言葉が一つが役立ました。

 今日3日目は <北京市内名所> 観光です。中国3日目の朝も老朗夫婦にはいつも通りの早朝5時前にやって来ました。
今日の観光準備と荷物の整理をした後は7時から楽しみの朝食です。 今日は慣れたもので好きなものや食べたいものの選択も容易で、昨日食べていなかったものにも手を出し、ゆっくりと味わう朝食と成りました。 今までの旅行で一番良かった(自分達に合った)朝食の様に思われます。
 今日は<故宮博物院><明の十三陵><天壇公園><北京市内繁華街>等の観光でホテル9:00のスタートです。
 先ず北京市内の中央に位置する世界遺産B≪故宮博物院≫の観光です。

 私達を乗せた車はホテルを出発して<故宮博物院>の正面となる(天安門)を通り過ぎ、その先の南長街に入り西門近くの駐車場に止まって車を降り、そこから徒歩で西門・東門を通りそして闕右門をくぐり外国人専用入場券売り場へと入場しました。そしてそこが故宮博物院の大きな(午門)厚さ36m高さ38m世界最大級の門(建物)で早速記念写真です。この(午門)前の広場はかって刑場で鞭打ちの刑が行われていた所だそうです。(午門)を抜ける所には各国(8カ国程度)向け案内イヤホーンテープのレンタル所(有料)が有り便利に成っている様です。我々は先日からのガイドが案内するのでテープ不用の肉声案内です。
 故宮博物院は広大で、大きな門(門の様な建物です)が幾重にも有り(中央奥行き方向の大きなもので8門)、堀と城壁で囲まれた門戸の数は多く100近くで数え切れません。まさしくお城≪紫禁城≫です。
 広大な地域は約1km巾×奥行き2kmの敷地内は広大な広場や空き地部の隅々まで石で敷き詰められた壮大なもので、建物はレンガと木で組み合わさって建てられており配置よく出来ています。観光する所と通路で感じるのは、日本のお城と違い土の地面や樹木がほとんど見られない事です。≪後で知らされた事では武英殿・文筆殿・宝華殿3箇所の周囲は庭になっているようですが観光範囲外の様子で詳しく判りませんでした≫。

午門をくぐり抜けると開けた大きな広場です。正面には大和殿
(皇帝が大きな公式行事をする時の立派な玉座が有り)明代1420年(日本の室町時代)に出来て、現存は1695年の清代(日本の安土桃山時代)に再建された中国最大(高さ36m)の木造宮殿建築物です。続いてその奥に皇帝控の間(建物)の中和殿(ここでも玉座を観る)が有り、又その奥には保和殿(玉座が有り当時の高級官僚登用試験の場所)と続いており、皇帝の政務を司る由緒ある建物が次々と奥に在り目を見張るばかりです。
 そして保和殿をあとにすると広大な広場を介して大きな(乾清門)です。この広場にはバレーボール選手のような背の高い(190cm?)中国軍服姿の儀礼衛兵が2人背中合せに微動もせずに直立不動で立っていました。我らグループの女の子が記念撮影のため横に行くと、大人が幼稚園幼児をつれて居る様で大笑いと成りました。≪中国では男女ともレストラン玄関でのチャイナ女性も、この儀礼衛兵も背が高い事が特徴になり’’売り’’としてモデル的に使われているようです≫
 この(乾清門)からは故宮の中枢で皇帝の内宮となる正面玄関です。この内邸の入口に位置する乾清宮では外国使節の接見、内邸の典礼、皇帝孰務が行われたところで先ほどの(大和殿)と比べると少し小ぢんまりとしたところです。皇帝時代はより尊厳を大切にする場所(外界と遮断されるプライベートエリヤ)のようです。
   乾清宮奥の交泰殿・坤寧宮が皇帝の寝室や私室となり、ここから奥は皇帝と皇后それに宦官・宮女しか入れない区域です。ここの任務を受けると一生この乾清宮枠内から出る事が出来なくて、皇帝と皇后そして宦官・宮女だけの居住区です。その時代の皇后の寝具・控の間の長椅子・側女の部屋等が多くの各小部屋に区切られた状態で在り、窓越しに当時を偲ばせる様子を見学出来ます。当時シルクロードを越えてきた西洋時計やヒスイの果物等造形の置物がほこりをかぶり無造作に置かれている様子は少し哀れさも感じられます。≪日本の江戸時代の大奥はこの中国式内邸システムを真似て日本流に少しアレンジしたものと思えます≫
 この内邸に隣接する御花園に行くには坤寧門をくぐるのですが、その下部となる俣木の桟が取り外すように切り取られており、門脇に置けるように今もその名残が残っていました。≪最後の皇帝・溥儀≫が幼少時フランス人家庭教師から貰った自転車に乗り通行するのに俣木の桟が邪魔で≪溥儀≫の一言で自転車に乗ったまま御花園に行き来を出来るようにしたとの事です。その御花園は枝垂れ梅等の小木と太湖石を積んだ巨大な築山で出来ており、ここにも≪皇帝の溥儀≫が良く登り遊んだとゆう石あとが残っていました。 又大革命で≪皇帝溥儀≫が幽閉館の2階に閉じ込められた一面ガラス窓の建物もこの一角にあり、少ない樹木に囲まれている様子は何か歴史の寂しさを感じます。

 
御花園を後にして次は故宮博物院内の一隅に在る中国の掛軸を展示している建物への案内でした。
そこに入ると素晴らしい掛軸が所狭しとばかりに展示され目を見張ります。ここでゆっくり鑑賞して下さいと椅子に座り暖かい中国茶の接待を受けて一息入れました。そして筆書道の実演説明が有り、実演している年配の男性が皇帝・溥儀の従兄弟(似ている様です?)で達筆な筆さばきの実演です。感心しているとこの自筆実演の掛軸を買いませんか?タイミング良い商いも入っております。ちなみに筆文字書きの掛軸表装付きの大文字3文字で2万円、5文字で3万円との事です。
 衝動買いをしたかったのですが直前でやっぱり買い留まりました。 それは日本の貨幣価値でサラリーマン1ヶ月の給料の買物です。それだけの値打ちは?と気が付き、 誘惑に負けず溥儀従兄弟の実演姿と一緒の写真だけで我慢して留まりました。

 この後は故宮博物院の出口門となっている(神武門)を出て、(景山公園)108mの故宮を一望出来る高台の公園を望み、その麓にある中国茶園に徒歩で向かいました。その途中では中国人(男女の老若多数)の雑貨土産物売りに次々と付きまとわれ、拘わらない様にするのが大変です。万里の長城での小物売りとは少し違って哀れさ、凄さと恐ろしさを少し感じる売込みです。こちらも出来るだけ我らグループで塊まりになり静かな防戦で急ぎ歩きする有様です。現地ガイドの裏話ではこの物売りの人達は政府が最低保証しているのに通常の真面目な労働に付かず、より以上の収入を得るため気ままな物売りに走っているのだとの事です。ここまで発展した中国なのに表に出て恥かしいと云って嘆いていました。
 (景山公園)の麓一円にある中国茶園畑に着き、その一隅の建物に入りここで種々の中国茶の点て方と試飲となりました。私等は台湾で知ったウーロン茶・ジャスミン香の中国茶を茶碗の蓋をして、その片隅を少し開けてすすり飲む事位でしたが、中国茶にも多種の種類と飲み方がある事を知りました。
 中でも印象的なのはラムネ玉大で黒く丸い中国茶をコーヒーサイフォンに似た透明の器の中入れて、熱湯を注ぐと菊の花が徐々に開きはじめ花状になり観賞しながら、その開花している湯茶を楽しみながら飲む鑑賞式お茶です。またお茶を入れると茶碗の模様や絵柄がピンク     に色変わりする茶器も面白いと思いました。
 ついこの色変わりする茶器セット(酒のチョコ大)がお茶とかん酒の両用に使えて、日本で来客者と共にかん酒やお茶を楽しみながら飲むのも面白いと思い、日本で見かけない事もプラス要因となり、高売りされていると知りながらつい最小限の衝動買いをしてしまいました。この中国茶のみやげ物店には入口に目立たないガードする人が居るようで誰も勝手には入れない外国人専門店のようです。

 この土産物店の売値は日本人を意識した日本円で平均3千円程度の中国茶がある為、日本価格の感覚で勘違いのままついつい1〜3万円と多額で買う人が多い様です(お土産で配るのに手頃?)。それは現地給料は日本円で2〜3万円程だそうですから、日本の1/10以上程度です。それで気が付くと日本人で30万円のサラリーマンが3万円も価するお茶を日本でボンボン買うでしょうか?このようにバカ高い物を買わされているシステムに気がついている日本人観光客が少ないのも事実です。(自分もついそれを知りながら最小限買う一人に成り:反省)
   乾清宮奥の交泰殿・坤寧宮が皇帝の寝室や私室となり、ここから奥は皇帝と皇后それに宦官・宮女しか入れない区域です。ここの任務を受けると一生この乾清宮枠内から出る事が出来なくて、皇帝と皇后そして宦官・宮女だけの居住区です。その時代の皇后の寝具・控の間の長椅子・側女の部屋等が多くの各小部屋に区切られた状態で在り、窓越しに当時を偲ばせる様子を見学出来ます。当時シルクロードを越えてきた西洋時計やヒスイの果物等造形の置物がほこりをかぶり無造作に置かれている様子は少し哀れさも感じられます。≪日本の江戸時代の大奥はこの中国式内邸システムを真似て日本流に少しアレンジしたものと思えます≫
 この内邸に隣接する御花園に行くには坤寧門をくぐるのですが、その下部となる俣木の桟が取り外すように切り取られており、門脇に置けるように今もその名残が残っていました。≪最後の皇帝・溥儀≫が幼少時フランス人家庭教師から貰った自転車に乗り通行するのに俣木の桟が邪魔で≪溥儀≫の一言で自転車に乗ったまま御花園に行き来を出来るようにしたとの事です。その御花園は枝垂れ梅等の小木と太湖石を積んだ巨大な築山で出来ており、ここにも≪皇帝の溥儀≫が良く登り遊んだとゆう石あとが残っていました。 又大革命で≪皇帝溥儀≫が幽閉館の2階に閉じ込められた一面ガラス窓の建物もこの一角にあり、少ない樹木に囲まれている様子は何か歴史の寂しさを感じます。

 
御花園を後にして次は故宮博物院内の一隅に在る中国の掛軸を展示している建物への案内でした。
そこに入ると素晴らしい掛軸が所狭しとばかりに展示され目を見張ります。ここでゆっくり鑑賞して下さいと椅子に座り暖かい中国茶の接待を受けて一息入れました。そして筆書道の実演説明が有り、実演している年配の男性が皇帝・溥儀の従兄弟(似ている様です?)で達筆な筆さばきの実演です。感心しているとこの自筆実演の掛軸を買いませんか?タイミング良い商いも入っております。ちなみに筆文字書きの掛軸表装付きの大文字3文字で2万円、5文字で3万円との事です。
 衝動買いをしたかったのですが直前でやっぱり買い留まりました。 それは日本の貨幣価値でサラリーマン1ヶ月の給料の買物です。それだけの値打ちは?と気が付き、 誘惑に負けず溥儀従兄弟の実演姿と一緒の写真だけで我慢して留まりました。

 この後は故宮博物院の出口門となっている(神武門)を出て、(景山公園)108mの故宮を一望出来る高台の公園を望み、その麓にある中国茶園に徒歩で向かいました。その途中では中国人(男女の老若多数)の雑貨土産物売りに次々と付きまとわれ、拘わらない様にするのが大変です。万里の長城での小物売りとは少し違って哀れさ、凄さと恐ろしさを少し感じる売込みです。こちらも出来るだけ我らグループで塊まりになり静かな防戦で急ぎ歩きする有様です。現地ガイドの裏話ではこの物売りの人達は政府が最低保証しているのに通常の真面目な労働に付かず、より以上の収入を得るため気ままな物売りに走っているのだとの事です。ここまで発展した中国なのに表に出て恥かしいと云って嘆いていました。
 (景山公園)の麓一円にある中国茶園畑に着き、その一隅の建物に入りここで種々の中国茶の点て方と試飲となりました。私等は台湾で知ったウーロン茶・ジャスミン香の中国茶を茶碗の蓋をして、その片隅を少し開けてすすり飲む事位でしたが、中国茶にも多種の種類と飲み方がある事を知りました。
 中でも印象的なのはラムネ玉大で黒く丸い中国茶をコーヒーサイフォンに似た透明の器の中入れて、熱湯を注ぐと菊の花が徐々に開きはじめ花状になり観賞しながら、その開花している湯茶を楽しみながら飲む鑑賞式お茶です。またお茶を入れると茶碗の模様や絵柄がピンク     に色変わりする茶器も面白いと思いました。
 ついこの色変わりする茶器セット(酒のチョコ大)がお茶とかん酒の両用に使えて、日本で来客者と共にかん酒やお茶を楽しみながら飲むのも面白いと思い、日本で見かけない事もプラス要因となり、高売りされていると知りながらつい最小限の衝動買いをしてしまいました。この中国茶のみやげ物店には入口に目立たないガードする人が居るようで誰も勝手には入れない外国人専門店のようです。

 この土産物店の売値は日本人を意識した日本円で平均3千円程度の中国茶がある為、日本価格の感覚で勘違いのままついつい1〜3万円と多額で買う人が多い様です(お土産で配るのに手頃?)。それは現地給料は日本円で2〜3万円程だそうですから、日本の1/10以上程度です。それで気が付くと日本人で30万円のサラリーマンが3万円も価するお茶を日本でボンボン買うでしょうか?このようにバカ高い物を買わされているシステムに気がついている日本人観光客が少ないのも事実です。(自分もついそれを知りながら最小限買う一人に成り:反省)
東南アジアの旅行では値切る楽しみも有ったものが、いくら頑張っても値引き無しで絶対に安くならず商品の少量をサービスするだけ、中国のこの様な店では値切る楽しみも有りません。一番商魂たくましい国の様にも思えます。≪商品でのサービスは中国原価で出来るため微々たるサービスで済むからです≫

 さてそうした中で次は3日目の昼食と成りました。それは古都西安や洛陽の北部山間部にある山西省地域で食されている山西料理の刀削麺が今日の昼食です。ここでは刀削麺の達人が客席まで来て棒に巻きついた太いロール状の麺塊を腕の上に乗せて持ち、ナイフ状刃物で手際良く削ってゆく麺つくりの披露です。そのパフォーマンスの麺はコシが有り美味しい中華麺の他惣菜が添えられた楽しい食事でした。
 
 次は世界遺産C ≪明の十三陵(ミンシーサンリン)≫ の観光です。
 ここは3代皇帝〜16代まで13人の皇帝と23人の皇后を約200年間に渡り造営・埋葬された陵です。案内されたのは定陵で明の13代皇帝の万暦帝と2人の皇后が埋葬されている地下27m(地下7階相当)に在る巨大な石造りで地下の大きな空胴内の床面に埋葬されている地下宮殿(埋葬お墓)でした。数千年前こんなに深く、大きな石を動かしどんな方法で造営したのでしょう。この地下宮殿は霊を尊ぶため写真撮影が一切禁止で記録に残せず残念でした。この定陵の他にも公開されて長陵・昭陵が近くに在るようですが今回は時間的に見学出来ず残念でした。
   この後は北京の最大の≪繁華街の散策≫です。
 それは有名繁華街≪王府井(ワンフーチン)≫の北京市百貨大楼前で自由行動1時間の限定でしたが自由散策となり楽しみの一つです。
 それで北京市百貨大楼(日本のデパート相当)とその向かいに在る新東安市場(日本の専門店の集合ビル)に行き中国菓子を手まねで買う面白い体験をしました。
 ここの買物システムが中国独特で日本の買い物と異なります。
 先ず買いたい品物を物色した売り場でその品物の伝票を書いて貰い、その売り場に近い支払い窓口(日本のレジに相当)に伝票を提出してその支払いをして、領収伝票を受け取り、元の売り場に戻り領収伝票を出して商品を受け取るシステムで非常に手間のかかる買物方法です。この買物システムは中国の大店舗・デパートでは共通のシステムのようです。
 中国で何となく気が付いたのは、売り場は女性店員がほとんどにこやかな笑顔の応対が無い事です。我々日本人客にはし難いのかな? と思って居ると現地の買い物客にもぶっきらぼうに接客している様子です。日本の腰の低いにこやかな応対は日本特有の良い慣わしとして自慢しても、自信をもって良いものと感じました。
 そしてこの次は中国最大で東西500m南北800mの観光で有名な広場の≪天安門 (ティエンアンメン) 広場 ≫です。
 よくニュースで見る広場が目の前に在り、広場全部が石畳で、周囲が広い100〜150m巾の道路に囲まれているので、実広場より更に広く感じてここも感嘆の一語です。
 この天安門広場の北側に前述した25km(京都〜大阪間)曲がる事のない一直線で広大な10車線道路を挟んで、故宮博物院の南面の大門となり、そこに故毛沢東主席の大きな肖像画の掛った(天安門)が建っています。
 天安門広場の中央に立ち(天安門)を正面に見て四方を見渡すと、広場左面(西側)に中国国会議事堂にあたる大きな国民大会堂、右面(東側)には中国革命博物館・中国歴史博物館が並び、南側に人民英雄記念碑(38m高)が建ち、更にその南に毛主席記念館が在り、その中に在る中央拝礼の間には水晶の棺に今でも故毛沢東主席の遺体が安置されているとの事です。この毛主席記念館まで距離がありすぎて入らないまま(入館の可否?)で残念でした。

 ここでは博物館側の駐車場から天安門広場に渡るのには、信号も横断歩道も無く6車線程度?道路を横断するのが一苦労でした。
 私も人民広場への道路を渡る時中国人にくっ付く様に真似して渡りましたが、車にひかれるのではないかとの思いを数回して何とか渡れました。そして渡る要領をその中で知ったのは 『一定の速度で歩いて渡る、途中怖くて急に立ち止まらない、後方に絶対戻ってはいけない』 の3ッの教訓を守る事でした。
 中国の交通ルールは如何成っているのか?と思うほど非常に怖い感があり、平面交差や横断歩道があっても信号機がまったく無いと思われるほど少ない上(繁華街に1〜2ヶ所見る程度)、交差点では先者勝ちの様でした。横断歩道があり横断歩道内に人が居っても車は堂々とギリギリを横切り、人が車を遠慮する様子は恐ろしい思いです。
 こんな交通事情ですが、メイン道路は広大な立体交差となりスムースな流れで車も九州の高速道路より多く走っている状況です。

 さてその次に行ったのは天安門広場に近い中国一有名な漢方医薬店の大きな建物で ≪同仁堂本店≫ に案内され、名古屋で西洋医学を勉強した漢方医の医者から漢方の講義が10分程有り、その後個々に診断して適切な漢方薬を教えるとの事です。
  老齢の私がトップで診断を受け、機器類を一切使わずに顔色、眼、舌、脈拍を見るだけの診察でした。3種類(肝、胆、血機能)の成人病的兆候有りと診断されました。漢方薬3種類を服用すれば快方に向かうと勧められた薬は1種類平均1万5千円×3種で(1か月分)4万5千円でした。 旅先で高価な薬を買う気は無いと丁寧に断り、中国一の有名漢方薬と言っても、中国人はどうして支払いするのだろうと思うと命や美容に関わるものは世界何処でも高価であり、ここも日本価格だろうとブルリと身震いしそうに成りました。
 そして今日最後の世界遺産D ≪天壇公園 (ティエンタンコンユアン) ≫ 観光です。
 ここも283万uと広大で、明代1420年(日本の室町時代)永楽帝が五穀豊穣を天に祈る祈念塔(高さ38m、直径32.7mで3層の大理石の上に釘を一切使わずに木造円形3層建築)が在り、その付近の木造建築回廊は市民の癒しと憩いの場所として開放されている様子です。

 それは回廊に老人男女500〜600人程度が憩いの場として自然発生的に集まって居るようです。そして歌のジャンル別小グループ(30人程度)に別れ、それぞれがそのグループの楽器に合わせて大声を上げ、それぞれが寄り添うように好むジャンルでの合唱をしている様子を垣間見ました。これは中国で老後を健康で問題なく年金生活を楽しんでいる一般市民(大衆生活者)も居る事がわかる一つの情景のようです。こうした老後を働かずとも元気に贅沢でない方法で時間を過せる一面も有る事実に感心々々です。≪私たちが思っている本来の中国を見たとゆう感じです≫
 願わくばこうしてリタイヤ後に精神的にも、生活的にも安定した人達が多い事を期待したいです。しかしおもてが有れば裏ありで壮年男女の土産物立売がいるような裏も早く解消される日を望みたいです。

 こうして早や夕暮れと成り、3日目の夕食は辛いとされる四川料理です。
 長江の上流から中流に位置する、夏の高温多湿、冬の厳しい冷え込みに適応する四川省の料理で酸味と辛味を特長としているようです。麻婆豆腐が代表格ですが、日本の色鮮やかさと異なり、本場中国では山椒がたっぷり入っているせいか黒っぽく辛さと油っぽさは並以上のようでした。そして我らグループ満2日間一緒であった仲間と最後の食事となり楽しい歓談が小1時間続き、事故の無い楽しい観光に感謝してビールで『 乾杯 』となりました。この旅で一緒だった一人の大学生はこの旅の後商社に就職が決っており、入社式に出た後直ぐイタリアへ海外赴任との事で、それはおめでとうご苦労様で再度『 乾杯 』となり〆ました。
 4日目は朝から帰国出発予定です。前夜に荷物準備も完了して、今朝も5時起きはホテル出発1時間前で丁度と成りました。
東京グループは9時ホテル出発でゆっくりの様子。われら老朗夫婦は北京首都国際空港8:55発大連経由の福岡行きのため余裕を見てAM6:00過ぎホテル出発(航空機出発2時間前に空港着を見越し)と成りました。 ホテル出発が早いので朝食は空港まで送るガイドが準備する弁当との事で、美味しかったホテルの朝食にありつけず心残りです。昨日までの現地ガイドの迎えの車に乗り40分程度で北京首都国際空港に案内され到着しいよいよ帰国です。エヤ−ラインの受付と荷物預けに案内され、出国口まで送られたガイドさんに 『有り難う=謝謝=シェイシェイ』『さようなら=再会=サイチェン』の別れと成りました。
 
 出国口から先は又もや少し不安な老朗2人旅の帰国になります。
 北京首都国際空港の出国審査は思ったより何事も無くスムースに通過、2時間近い待ち時間を空港内の豪華な広い免税店街で費やす事に成りました。しかし免税品の並ぶショウウインドを見て歩くのも買いたい物がこれと言ってないため、立ち続けで疲れて来たので、広大な空港内で我々出発ゲートの番号を頼りに探し当て、そこのベンチに座り込み1時間ばかり有るので弁当の朝食とする事にしました。北京空港の出発待ちロビーでは他2組の人達も食べて居り、我々と同じ様に早くホテルを出た人はよく似た弁当を渡されているようです。
どんな弁当かと楽しみに開けて見ると、名ばかりで前夜作ったと思われるパサパサの食パンでつくられたハムサンドとレタスが添えられ水ボトル付きの質素なものです。その弁当は口に合わず少し食べたところで辞めざるを得ませんでした。中国最後となる弁当の食事の〆が非常に悪く旅の印象に汚点を残したようです。(この弁当よりホテルのまんとう=中国の蒸しパンを希望したかった思いです)
 帰国時も大連経由(中国出国手続きが再度有り)福岡行きの中国国際航空に乗り機上の人と成りました。
 帰りの飛行機には日本人スチユワーデスが居ない様子ですが後は大連空港さえクリアすれば後は日本なので心配無しです。大連空港では来る時と同じでカメラによる体温監視(用紙への記入無し)と出国パスポート審査がここでも有り軽くクリア出来てこれで一安心です。
 帰りのトランジット待合所では行く時とちがって結構広い店舗街に出られ中国の土産製品、世界のブランド品が多く並んで居り免税の買物もOKでした。帰りは土産を沢山買い中国元を使い切り、日本円も多く落として欲しいのでしょう。そうする内に大連出発時間となり再度機上の人となりここで腕時計の針を1 時間早め日本時間に戻す時はやはり時間の損をする感があります。

 帰りは雲もない晴天のためか陸地が機上から良く見え、大連からは北朝鮮沿い?と思われる陸地が見えそこには氷で凍った白い河川や沿岸部を見ると、おそらく相当寒いのだと思いつつ配られた機内での軽食をつつきながら、韓国領空に入り沿岸を抜けて、日本領海に近づくと気持のせいか、時間的なせいか、青い海や島が明るく見えて来ます。そして福岡国際空港に無事14:20に帰国到着して3泊4日老朗夫婦の旅は無事に楽しく世界の広さを実感しながら終わりました。
 
 中国国内中国北京 ≪5つの世界遺産≫ 老朗の旅日記 後記 !! では輸出や・観光相手の商人は裕福で、日本製同種の車が日本価格よりも税金で高い車(輸入税付)に乗り、高級マンションに住み贅沢な様子が当り前の様に多く目に入ります。 もっと平等的社会主義国と想像していたのですが、我々が思っていた社会主義とは程遠く、発展途上との名を借りて平等より勝った者勝ちの世界が始まっているようです。公や表は統制・規律の世界と強く感じられる国でありながら、特権と利得も渦巻いて?居そうにも感じ、チョットした旅行者が見た目に日本より貧富の差が大きいのにも驚きでしょう。一方人口を考えると低所得層も非常に多く取り残されて居そうです。そしてアンバランスが生じているのでは無いかと国外から行くと尚更感じるものです 

 現在日本でも中国人を始め開発途上国から来ている人の事件が多く起こる原因は日本の 1 万円が自国に持ち帰れば10万円程度の価値に早変わりするわけですから、日本で不正に入手したマネーも自国に持帰れば大金となるのでしょう。日本に来れば出来心や誘惑に駆られる方向に向い易い訳です。しかし中国はこのまま発展すれば4年先のオリンピック開催時をピークに日本と同格以上に発展して追い越す勢いです。10年先は日本のバブル崩壊より多大な混乱や人間育成倫理観に問題が生じなければと願います。 年寄りの要らぬ思い過ぎであれば幸いと思い、他国ながら隣国で大きな影響も受け易いため何か心配です。

 今回のツアー行程に入っている買物・・・【これは格安ツアーには付物で断れない条件となっているものです】・・・
 旅の楽しみの中に観光や食べ物だけでなく、その買物も色々在り、@言葉の難行をいとわずとことん値切る価格交渉を楽しむ面白さでチョッピリスリル感を味わう買物するか、Aそれとも当り前にだまされていそうだがその土地特有の品物を探しで日本より少し安い感じで買物をする楽しさも有るようです。Bブランド品の買物が女性の間で人気でしたが、日本国内で上手に探せば手に入るようになりブランド買物ツアーは衰退方向のようです。買物も旅からかえった後でひとつの思い出として残るものです。今回は旅慣れが出て来たせいか、ほとんど買ものもせず、買物の誘惑に負けず、小遣を使わない方向の良い旅と成りました。

☆☆ 北京5つの世界遺産・4日間の旅を無事終えて楽しい思い出となり日本と違った雰囲気と世界を知る機会と成りました ☆☆
次は≪中国上海・蘇州・杭州の旅≫も加えれればと夢見て≪完≫と致します。

           老朗の旅人  めんたい不老人 記