本文へスキップ

 

ふじ白夜の氷海に有り


 以下の資料は小生と同じ職種で勤務した親友で先輩の早瀬 勇氏が防衛庁(現在は防衛省)の広報機関紙「防衛アンテナ」が募集した「体験記」に応募し応募作品495編の中で選ばれた海上自衛隊関連の5編の入選作品の一つに選ばれ、「『ふじ』白夜の氷海に有り」の題で書かれたものです。
今回、同氏のご厚意によりHPに掲載させて頂くことになりました。
早瀬氏のコメントによると『私が幸運にも生まれて初めて原稿料を頂いた応募作品です、応募原稿には写真は有りませんでしたがリアリテイを増すため挿入しました』とありました。
HP編集上画像の表示位置は本文と直接関係づけはしてありませんが南極海の貴重な画像は南極のリアルな情景を彷彿とさせるものです。
南極観測業務の厳しさと楽しさを味わって見てください。  
        管理者: じんさん
  
 
 ふじ白夜の氷海に有り
 赤道通過
 白い大陸・南極へ
 ペンギンたちの歓迎
 南極の特異な現象
 南極昭和基地
 南極通信
 ふじ帰途に就く
 あとがき

          汗と涙とほほえみと
                              早瀬 勇


  ふじ」白夜の氷海にあり
 南極昭和基地では、きびしい自然と闘いながら地球氷河期の謎を探る極地科学の観測と調査、研究が一日の休みもなく続けられている。日本の南極観測は昭和三十一年から海上保安庁の灯台補給船「宗谷」を改装して開始され、第七次(昭和四十年)からは、海上自衛隊砕氷艦「ふじ」が南極航路を引継ぎ現在に至っているが、既に今年で第二十次となった。
 第十四次行動で「ふじ」船務科員(電信長)として南極への航海をともにした思い出を、今年も、昭和基地に向け活躍した「ふじ」に思いをはせながら紹介することにする。
  東京〜フリーマントル
 昭和四十七年十一月二十五日、盛大な見送りをうけて、南極観測船「ふじ」(七、七六〇トン〕は訪れてく日本の冬に別れをつげるかのように、日本晴れの東京港晴海埠頭をあとにして、一路南極の氷海にある昭和基地に向かった。百四十七日問の日本との別れであるが、"今日の別れはつらくとも、明日また空(電波)で逢えるじゃないか"の言葉を胸に、我々通信士は別れの淋しさにひたる間もあらばこそ、観測隊員、乗組員の電報送受信に追われる状況であった。
 同日夕刻、夕焼けに映える富士山に別れをつげた「ふじ」は、大きくうねる太平洋を南下しも、翌日、艦上では「ふじ電気館」(映画館)のこけら落しが行われた。映画は航海中、毎晩上映され非常に好評であったが、観客が真面目であるので日活ロマンポルノはなく、「フーテンの寅」「めくらのお市」などが人気の的であった。
 三十日に薄暮のレイテ島沖で第二次世界大戦中の英霊よ安らかにと、洋上慰霊祭を実施し、翌十二月一日時刻帯変更のため艦内の時計を一時間遅らせた。
 
時差は経度十五度について一時間航海中修正するが、当直を一時間多くやる者や少なくてすむ者が出て、ついてないの声があがるのもこの時である。以後たびたび変更されたが復路のケープタウンからは進ませ、シンガポールからは変更なしであった。
 早く日本に帰りたいからでなく、経度をあまり横切らずに北上するコースのためである。ちなみに昭和基地は日本より六時間遅れである。
 赤道祭 十二月三日ミンダナオ島を左にみながら、赤道神より南半球の扉を開く鍵を受けとる赤道祭を盛大に実施して赤道を通過した。赤い線を海中に探した者がいたとか、女性は乗ってない筈なのに美女?が特設舞台に出現するなど話題の多いセレモニ−である。
 翌日、バリ島富士をはるか右手に望みながら、ロンボグ海峡を通過してインド洋に出る。南極大陸につづくインド洋との長いつき合いの始まりである。
 観測隊員(冬隊・基地越冬隊員、夏隊・ふじと同一行動し観測にあたる隊員)と乗員に対して、南極についての学問を教える南極大学の卒業式が行われたのもこの頃であった。
 卒業証書を紹介すると次のとおりである。
 「あなたは先般おこなわれました″ふじ大学″入学試験において、群がる受験生を尻目に見事合格されました。その後本学の観測隊学科、砕氷艦ふじ学科分校舎にて諸訓練、物品調達、諸手続など困難な教養課程を修め、十一月二十五日、晴れて本学の専門課程に進級する事に成功、涙と笑顔と″元気でネ″の声に歓送されて早や十三日、連日連夜の酒酔いならぬ船酔いにも″総員おこし〃の眠気にも負けず、最高学府の徒になりきり、その本分に徹し良く精励いたしました。
 本学の行く手には本場のミニの可愛娘ちゃんと見渡す限り白一色の氷海と、夢にまでみた″南極昭和基地″とが順次臨まれます。あなたはミニに迷わされる事なく、本学で修得した知識を充分活用して、昭和基地の空のもとで活躍されるものと期待されます。よって、ここに俊秀なる成績をもって″ふじ大学〃を卒業した事を証します」
 通信室では、オーストラリアのパース海岸局との交信も始まり、最初の寄港地フリーマントルは近い。
 白い大陸・南極へ
十二月十六日、世界一スカートの短い国、真夏の陽光に輝く西オーストラリアのフリーマントルで最後の補給と、心からの歓迎に充分休養をとった「ふじ」は輝く南十字星とフリーマントルの友人に見送られ、夏なお寒い氷の大陸に向けて出港した。
木の葉のように動揺をうけながら、南極への関門である暴風圏も無事通過、二十二日には五十五度線をこえて南極圏に突入した。
 
その際ふじ艦長より全員に対し次の南極圏通行証書があたえられた。
 「南極の支配者ペンギン皇帝閣下の同意と指示により、貴殿に対し下記のとおり証明を付与します。
一 貴殿は昭和四十七年十二月二十二日、砕氷艦『ふじ』により東経一〇四度五十八分において南極圏を通過しました。
二 貴殿は、同国内に浮遊する氷艦等を含み南極大陸への上陸と居住及び同上空の飛行について名誉と椎限を保有します。
三 すべての先住者と諸生物に対する友愛と協調を貴殿の義務に加えます」
 明けて翌二十三日初氷山発見、初めて見た氷山。自然が無作為に作った氷の芸術の美しさと雄大さには感激あるのみであった。「ふじ」では毎年南極圏入りする前に、乗員と観測隊員で初氷山発見日時を当てるクイズを行っているが、このため過去のデータ等を研究して真面目にやる者や、中にはやぶれかぶれで「うその五三八で」五時三十八分だなどと云ったり楽しい行事の一つである。
 南極梅の氷山は、約二十万個あるといわれており、ピラミッド型からテーブル氷山まで多くの形で見られる。海面上の高さは数十メートルのものが多く、その数倍が海面下にあるという。氷山の故郷、南極氷床の面積ほ約一、三五〇万平方キロ、平均の厚さは約二、000メートル(最大約四、五〇〇メートル)で地球の氷の九〇%を南極氷床が占めている。降り積った雪は、その上の雪の重さのため圧縮されて氷河氷(積雪から氷となるのに数年〜五〇〇年)となり、下へ沈みながら四方の海へ向ってゆっくりと流れて、やがて海に浮び氷山となる。(南極大学の資料による)
 定着氷に入ってからであるが、氷山の氷でつくったスコッチのオンザロックは最高の味であった。氷の中に閉じこめられていた何万年前かの空気が出すパチパチという音を聞きながら、かたむけるグラスは南極ならではというところである。
 南下するにつれ気温は、零度近くまで下がり、数多くの氷山の中を航行しながら、白夜のクリスマス、越年準備(飛行甲板での餅つき等)を行いながら、リユッツホルム湾沖の定着氷緑に達し、順調な砕氷航行を続けながら撫数の巨大な氷山が鏡の如き開氷面に影をおとす幻想的な大利根水道の白夜の中で、昭和四十八年の新春を迎えた。大晦日のNHK紅白歌合戦は通信室においても殆ど聞きとれないが例年「ふじ」では番組あてに、銚子無線局経由で応援電報を発信する。
〃南極の白い氷をおしわけてオレンジ色のふじは行く、紅勝て〃の電文は披露されなかったがその検、第十八次(昭和五十一年)にやっと披露されたエピソードがある。そして、昭和基地の北北東約七十二キロの氷原にアイスアンカーを打ち元旦を祝した。翌日空輸第一便に初荷をとう載し、観測隊長、艦長は第十三次越冬隊員と感激の再会をした。
 以後一か月川越冬に必要な物資のヘリコプターによる空輸と基地建設支援に全力をつくしたのである。
 通信室も、この切になると海上幕僚監部との連絡、電々公社銚子無線局との年賀電報の送受信、国際電々あて写真電送、捕鯨船団、昭和基地との通信と目のまわる様な忙がしさであった。
ペンギンたちの歓迎 南極の氷もとけるほどの甘い電報もたびたびあり、忙しさに輪をかけたようである。
 氷縁着後の最初の訪問者はペンギンであるが、アデリーペンギンは人なつこく、小さい子供の様な足どりでよく動きまわり全く可愛らしいものである。アザラシは終日氷上に横になったまま動かず、この様子をみて〃ペンギンの訪れに子供をしのびアザラシをみてお前を思う〃と奥さんあてに電報を打ったが、帰国後アザラシの話をした際とっちめられた人がいたという。作業の邪魔をするペンギンに対して「これより先ペンギン立入禁止」の立札を冗談にたてるのもこの頃である。
 その他、南極の紳士皇帝ペンギン、盗賊カモメ、開氷面に姿をみせる鯨などからも歓迎をうけた。
 「ふじ」は氷厚一・五メートル以下では二〜三ノットで連続航行可能であるが、それ以上ではチャージング(前進、後進の衝突を繰りかえして砕氷する)を実施し、動かなくなるとヒーリグタンク(左右)、トリミングタンク(前後)を使い艦をゆすぶって氷を割ることにより、六メートルまで砕氷能力がある。このため艦首の砕氷へさきは四五ミリの高張力鋼を使用し三十度の角度になっている。

一月十一日(私の誕生日)西方の定着氷にクラックが入り、氷状がややゆるんで釆たことが、物資輸送中のS−61Aヘリの氷状調査により判明し、再び昭和基地に接近すべく砕氷航行を開始、雄大な氷山群の問を前進して行ったが、途中から氷量一〇分の一〇(開水面なし)の最密群氷となり、強固なハンモックアイスに阻まれ難行、ダイナマイトによる爆破作業とチャージングの連続で五日間苦闘の後、比較的容易なルートの進入に成功した。
 そして、その後昭和基地の北北西五十六キロまで達したものの、十二次行動以後リユッツホルム湾の氷状が悪化し大氷山が流入着底し、厚く固い多年氷に阻まれ、それ以上の接近は無理と判断され三年連続オングル島昭和基地への接岸を断念せざるを得なかった。
 航空輸送の不可能な大型雪上車(六・九トン)、燃料タンク等の長距離氷上輸送が航海長(現ふじ艦長・田辺元起一佐)、観測隊をメインとして一月二十一日夜半試みられた。各雪上車に自衛艦旗、自瀬中尉ゆかりの南十字星旗をたて、総員見送りのもとに出発したが、氷状の軟化と積雪のため翌二十二日約五マイル進出したのみで南極の自然条件の前に取り止められた。しかし翌年第十五次隊で昭和国道十五線の設定に見事成功、一昨年の十九次では十一次以来八年ぶりに接岸に成功し、判断の卓越さとつきに心から敬服する次第で、今次その成功を心から祈ったものである。
  南極の特異な気象現象
  <白夜>南極点では冬至を中心に前後半年間太陽は出ず、春分の頃になると太陽が地平線に沿って回るようになる。夏になると地平線よりやや高い所を回るようになる。従って、夜と昼の区別がなく、南極点から緯度が低くなるに従って夜と畳の区別がでてくる。
 昭和基地では、五月末から七月の初めまで約四十日間太陽が出ず、その真中の日が南極の冬至にあたり、南極の各基地にいる人達はミッドゥインター祭を暗黒の中で盛大に行うそうである。
七月中旬になると太陽は再び北の水平線上に一〜二時間顔を出し、秋分の日には夜と昼の長さが同じになり、「ふじ」の行く十二月初めには太陽が沈まなくなり、それが一月中旬まで四十日間も続く。その期間の前後に薄暮と薄明が続き、太陽は地平線を右から左に移動し夜のない白夜となる。
  <オーロラ>南極の夜空を彩るオーロラはすばらしいもので、黄・白・緑・赤など色あざやかに帯状・弧状・線状・カーテン状・火焔状など時間とともに激しく形を変化させ、大きな竜が天空をかけめぐるように激しくゆれ動く。
  
<グリーンフラッシュ>太陽が昇る時、沈む時一瞬緑色に輝く現象。
  <ロッケンボーン>二人並んで氷上に立っていると、白分の影が水平線上までのび氷山または氷上にうつりその影は自分だけに見える。
  <ブリザード>南極大陸の外側は太平洋、大西洋、印度洋に面しているが、暖帯の暖かい空気と南極の冷たい空気の間で低気圧が次々と発生し、昔から船乗りに恐れられた″咆える四〇度(緯度)、狂える五〇度、叫ぶ六〇度″といわれる暴風圏となる。この低気圧が南極大陸の沿岸近くに来る時、昭和基地では雪と一緒になり猛烈な吹雪となる。歩行も困難でまた細かな雪が多く二〜三メートルの視界しかなくなる。
 <南極の気温>地球上で一番寒いところといわれるが、昭和基地では冬の九月の平均はマイナス二〇度Cとなる。それでも海岸に沿った島なので暖かい方で、最低は大陸奥地(標高3,000b)でマイナス88.3度Cである。これらは、太陽の光の受け方が非常に少ないこと、地表面が雪と氷に覆われていること、標高などの原因によるものである。そんな寒い南極でも真夏の一月には無風で晴れた日は暖かく感じられた。
 当然のことであるが、南極では北風が暖かく南風が寒い。また南極は無菌に近いため風邪をひく者は皆無であったが二日酔の者は多々見受けられたようである。
 <蜃気楼>天気が良ければ、朝夕毎日のように見ること出来る。残念ながら見ることが出来るのは氷山のみである。
  南極昭和基地
 基地は南極大陸を至近の距離にのぞむオングル島にあり、居住棟のほか、通信、気象、食堂、発電の各棟があり、冬期にそなえトンネル状の鉄棟で連絡できるようになっている。別に観測棟、管制棟、車庫、水源地、ロケット発射場等がある。

 基地支援のため「ふじ」乗員が宿泊する所は、通称飯場棟といわれ五十名分ぐらいの四段ベッドが並び調理場のついたカマボコ型の建物である。基地内に越冬中殉職された故福島隊員の慰霊碑である福島ケルンがあり、少し離れた所には接岸記念の「ふじ」ケルンがある。この中には南極に来たあかしとして歴代ふじ乗員の名簿が保管されている。
 また、昭和基地から三〇〇キロ離れた内陸部(標高二、二三〇メートル)に、昨年から基地に昇格した「みずほ」基地がある。キラキラ光る雲母と褐灰色の土地、ところどころにある残雪それ以外一片の草木もなく大陸まで遠く広がる氷原というのが基地附近の描写である。
  南 極 通 信
 極地行動巾、母国との通信は前部マスト上の回転ログペリオデックアンテナを主用し、不安定な短波通信を技量と根気でカバー(反面、通信のだいご味でもある)して東京通信隊、銚子無線電報局(公衆電報)と実施していたが、十九次よりマリサツト・システム(海事通信街星による通信システム)を搭載し運用試験を実施している。
 このシステムは加入者〜地球局〜マリサツト〜ふじのルートで接続されるものであり、昨年NHK紅白の応援のシーンで放送されたとおり、安定した通信方式で、これが順調に適用されれば、短波から衛星過信の時代に変わるのも遠くないであろう。このほか「ふじ」は航法街星、気象街星「ノア」と「スリースター」のユーザーである。
 さらに、今年NHKが昭和基地地球局を建設しテレビ生中継を実施したとおり、南極はより近い存在となりつつある。
 
アマチュア無線(ハム)をやっている人は8J1RL(昭和基地)8J1RM(みずほ基地)
が開局されているので、連絡を試みるのもよいであろう。
  「ふじ」帰途につく
 空輸作業のない南極の休日には、氷上遊動会 (ソフトボールなどは赤く塗装)、観測用氷採取ボーリング穴を利用しての魚釣りなどで楽しみ、短い南極の夏も終わり秋も深まった二月下旬に、人員器材食糧の空輸、建設業務支援等をすべて終了し、十四次越冬隊の成立により任務を終えた「ふじ」は、反転北上、砕氷して道路のごとくなっている進入ルートサイドを新たに砕氷航行しながら帰途についた。
 白夜も終わり暗くなった氷海をサーチライトで照らしながら、定着氷緑を離脱し、パックアイス流氷域(海水がマイナス二度C以下になり凍ったもの)を経てインド洋の大きなうねりの中を暴風圏をこえて船足も軽く南極圏を離れた。この頃から雄大かつ美しいオーロラが見られるようになった。
 海洋観測を続行しつつ三月下旬、白いテーブルクロスのかかるテーブルマウンテンをのぞみながら南アフリカのケープタウンに入港した。(現在は、マダガスカル島東方にあるモーリシャスのポートルイスに寄港)
 約二か月余り、雪と氷の自一色の中にいただけに緑の大地の美しさが強烈な印象であった。黒人の女性もすごく美人に見えたものである。
 開発の美名のもと自然破壊をおしげもなくする者に、氷と雪と岩石のみで一片の草木もない南極のきびしさと緑の大地のかけがえのないことを体感させたいものである。
 「ふじ」は、この後シンガポールを経由し順調な航海をつづけ台湾沖を過ぎた郎、沖縄基地の対潜哨戒機P−2Jから最初の帰国歓迎飛行をうけ、四月二十日無事なつかしの東京港に船体を横付け、百四十七日間、三七、000キロの長い航海を終えた。
 
 
 今年もまた、二十次越冬隊を乗せ十九次越冬隊を迎えに氷海で健闘中の「ふじ」の安全な航海を祈るや切である。
 南極行動はパターン化し、観測隊員も「ふじ」乗員も危険感や悲壮感は余りないが、氷状は常に変化し、南極の気象、海象の恐ろしさは全く予測できず、ビセットの危険は常にある。「ふじ』は現在、艦長以下仝乗員が〃忍〃の一字をモットーとして昭和基地八十キロ付近で苦闘中と聞くが、艦齢十四年になる「ふじ」の代替艦の早期建造が望まれる。
 最後に現在の私の所属、横須賀補給所は「ふじ」の後方支援を補給面で全面的にバックアップしているが、常に所長以下全員が即応態勢で待機している。

             あ と が き 

昭和29年に陸・海・空自衛隊が発足して、今年で4分の一世紀になります。
 この25年を顧みますとスタートの時15万人予であった自衛官の定員が、現在では27万人近くなり,防衛関係費も1,400億円が、1兆9,000億円になるなど、人員、予算、装備、編成などあらゆる面で、自衛隊は充実、整備されてきました。
 総理府が実施しております自衛隊の世論調査をみても、昭和31年に「自衛隊はあった方が良い58パーセント、「ない方が良い」18パーセントであったのが、このほど発表された調査がでは「あった方がよい」86パーセント、ない方がよい」5パーセントと、国民の理解が進んだことを示しており、しかも支持政党別にみても「自衛隊はあった方がよい」とする人は、社会党支持者で82パーセント、公明党80、民社党96、共産党支持層ですら61パーセントに達して居ると報じられているところをみると、もう自衛隊の必要性については、国民の間にはほぼ定着したと言うことが出来ると思います。
 しかし自衛隊の25年間は、決して平々坦々であった訳ではありません。発足当時の世評の冷たさ、米軍依存の装備、旧軍遺物の老朽施設など、いろいろな悪条件のもとで厳しい〃冬の時代〃の時代を過ごしてきました
 こうしたなかで訓練に汗を流し、災害派遣で泥まみれになり、北は北海道から南は沖縄まで、厳寒酷暑それぞれの地において、ただひたすらに黙々と自分たちの任務を果たしてきたその努力が、多くの国民の共感を呼び理解を深めてきたものと思います。また、この陰に千二百名に及ぶ尊い殉職隊員がおられたことも忘れることはできません。
 どんなに俊秀な隊員を揃え、立派な装備を持っても、国民多数の理解と支持がなければ、それが真の防衛力にならないことは、洋の東西を問わず歴史が証明しているところであります。
 自術隊に対する国民の共感や理解が進んでいることに感謝しつつも、更に理解を深めるための厳しい努力を続ける必要があります。
 その意味で、自衛隊や隊員の真の姿や生の声をもっと広く国民各層に知って頂こうと思い、体験記を募集しましたところ、全国から四九五編(陸上378、海上48、航空53、その他16)の応募がありました。いずれも汗と涙と笑いに包まれた力作揃いでした。
 本書は、このうち二十二編をとりまとめたものであります。
 自衛隊が決して閉鎖社会でも特殊社会でもなく、隊員もまた苦しさに耐え、悲しい時は泣き、愉快な時は腹をかかえて笑う平凡な隣人であることを読みとって以ければ辛いであります。
 昭和五十四年三月               『防衛アンテナ』編集室






JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN