本文へスキップ

 

勇気ある撤退の記録 


   護洋会伊藤良紀兄が平成24年7月30日から8月9日までの間キリギス共和国パミール高原 へトレッキングの旅をされた時の記録及び写真を護洋会ページに掲載してありますが高地の美麗な山々の景色や美しい高山花畑にただ感激していましたが、お蔭で伊藤君の記録との関連で我らとは全く違う分野の方とメール上で知り合いになりました。その方(中道氏)からキリギスパミール高原のレーニン峰(伊藤君と同じ場所)へ7月15日から約2週間、登山をされた記録をお知らせいただきました、(詳細は中道様のホームページをご覧ください)レーニン峰へ挑戦は高齢者には大変難しい登山であると思います。中道さんのページにある登山記録はその計画から実行までの経過や作業記録が詳細に記述されております、登山同好の諸兄やわれら高齢者の生き様にも大いに参考になろうかと思いおしらせ致します。
          JINSAN
  

 パミール高原レーニン峰  写真:中道宏 氏 提供
中道 宏 様 ホームページへのリンク 

レーニン峰 敗退記録
1.発端と経緯

2.KACとの打ち合わせ

3.トレイニング

4.現地入り

5.異常な天気

6.高度順化

7.実行

8.撤退

9.BC、ABCの風景

参考1
トレッキングのための高度順化計画

参考2
Ala-Archa自然公園Uchitel Peak登頂  
左の目次は中道氏ページにあるレーニン峰登山の記録項目でそれぞれ詳細に記述と写真が掲載されており参考になります。

大石仁
 
中道 宏  なかみち ひろし

昭和14年長崎県生まれ。
大学、農林水産省、国土庁、秋田県、水資源開発公団等で約半世紀にわたり、農業農村整備にかかわる。現在、中央環境審議会臨時委員、工学修士、農学博士。
「水と土に恵まれて」((株)公共事業通信社、平成元年、共編著)、「農業水利計画のための数理 モデルシミュレーション手法」((社)土地改良技術情報センター。 
 以上 個人情報はhttp://seneca21st.eco.coocan.jp/seneca21st.html
より転載
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN